人気ブログランキング |

タグ:時間管理 ( 50 ) タグの人気記事


家族のスケジュールを見える化する_c0293787_13410703.jpg


毎年この時期になると購入しているわが家の定番品のひとつに、
無印良品のファミリーカレンダーがあります。

このカレンダーは、家族5人までの予定が一覧できるので、
5人家族のわが家にはピッタリ。
シンプルなデザインで空間から浮くこともなく、とても見やすいので、
もう何年も愛用し続けています^^。


家族のスケジュールを見える化する_c0293787_15304083.jpg


カレンダーは、
夫や子どもたちもよく出入りし、目につきやすいところでもある
キッチンのオープンカウンターの上に置いています。

大人は、仕事の予定や、ご飯のいる・いらない、ゴミ出しの日など。
子どもは、学年通信に書いてある行事以外に、部活の予定や、下校時間、習い事など。
それぞれの予定を書き込んでいます。

今年は、長男が中学生に、長女は部活が始まり、
子どもの成長とともに、家族のスケジュールもバラバラになってきましたが、
このカレンダーだと、自分の予定はもちろん、家族の予定も共有できます。

わたしに聞かなくても、カレンダーを見るだけで、
子どもたちは、わたしの仕事の予定が、
夫は、土日の子どもたちの予定が分かるようになりました。



家族のスケジュールを見える化する_c0293787_15530450.jpg


気がついたときに、すぐにカレンダーに書き込めるように、
近くにはボールペンを用意。

無印良品の白磁歯ブラシスタンドをボールペン立てとして使っています^^。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。



夏休みのスタート!! 子どもの予定や宿題を「見える化」する_c0293787_14312084.jpg


一学期の終業式が終わり、いよいよ夏休み!!

まずは、夏休みの家族5人のスケジュール表作り。
夏休み中の予定が書かれたプリントを集めて、ひとつの表にまとめました。

長男だけでなく長女も部活動が始まり、
3人の子どもたちのやることがバラバラになってきましたが、
この表を見ることでスケジュールが一目瞭然に。
自分だけでなく、家族のスケジュールも把握しやすくなりました。

また、子どもたちの予定は内容ごとに色分けしたことで、
どの部活や習い事がどれだけあるのかも分かるようにしました。

中学校で2つの部活をかけもちしている長男は、
夏休みはたっぷりと時間があると思っていたけど、
2つ目の部活の活動時間が予想以上に多く、フリーな時間は少ないと気がついたよう。
慌てて夏休みの課題に取り組み始めました。

長男は一気にものごとを進める傾向が強く、
この数日間集中して取り組み、5教科のうち4教科の課題を終わらせてしまいました…。



夏休みのスタート!! 子どもの予定や宿題を「見える化」する_c0293787_16160876.png


さらに、長女には夏休みの宿題チェック表を作りました。

まずは、学校のプリントに書いてある宿題の内容を、できる限り細分化。
ドリルなら1ページを、日誌なら1日分を1マスにして、終わったらチェックをつけます。

また、小学校の宿題は締め切りが3回に分かれるので、同じ締め切りのモノ同士をまとめ、
締め切り日も同時に管理できるようにしました。

この表さえ見れば、宿題の進み具合が親子で分かるようになるはず。



夏休みのスタート!! 子どもの予定や宿題を「見える化」する_c0293787_16391365.jpg


4年生になり、宿題の量がぐ~んと増えた長女。
長女なりに考え、1ヶ月ほど前からできたものにはノートにマーキングするように。
これで、宿題や持ち物を忘れることがなくなったのだそう。
字の汚さはともかくとして。長女にはブログの掲載許可は取りました~。笑。

そんな長女のやり方を夏休みの宿題に応用してみると、
夏休みの宿題も取り組みやすくなるかな?
そう思い、長女と一緒にチェック表を作ってみました。
完成したチェック表を見て、やっぱり宿題が多い~!!と改めて感じたようです。

毎日少しずつコツコツとものごとを進めていくことが多い長女。
項目の数を日数で割ると、1日5つチェックしないと終わらない計算になりました。
始業式の少し前には全部終わらせたいと、1日7つチェックできるように進めてみると決めていました。

このやり方で、わたしもできるだけ口を出さずに、見守っていけたらと思っています^^。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


キッチンでリフレッシュタイム_c0293787_16323541.jpg



わが家のキッチンに欠かせないモノ。
それはスツールです。

一人暮らしをしていたときから,結婚,出産,引越…。
ライフステージや住むところは変わっても,
キッチンにスツールがあることは変わっていません。


キッチンでリフレッシュタイム_c0293787_16413817.jpg


スツールは,20年ほど前にF.O.B COOPで購入。
座面を回すと高さを変えることができます。

料理を煮込む間,スツールに座ってひとやすみ。
キッチンタイマーがなるまでのわずかな時間を,
コーヒーを飲んだり,雑誌を読んだりと,家事のリフレッシュタイムにしています。



キッチンでリフレッシュタイム_c0293787_17262868.jpg




スツールに座ると,子どもたちがいるリビングダイニングからは見えないのをいいことに,
こっそりとお菓子を食べるときも。笑。
ほどよく隠れた空間になっているので落ち着きます。

仕事から帰宅してすぐに夕飯の準備をしたり,子どもたちの宿題を見たりと,
夕方はめまぐるしく時間が過ぎていきますが,
ほんの少しの時間でも,くつろぐ時間をとることで気持ちもリセット。
次の家事への活力へと繋がっています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。



新しいお家に引越してから約4ヶ月半。
始めての年末年始を迎えます。

新しいお家だから今年は大掃除しなくてもいいかな?
と淡い期待を抱いていましたが,やはり甘かった~。笑。
生活している以上は当然ですね。
ましてや子どもが3人いるわが家,けっこう汚れています。

新年を気持ち良く迎えるために,
11月後半から,ちょこちょこと大掃除を始めました。



大掃除のハードルを下げるために_c0293787_15332810.jpg


片付けは抵抗なくできるようになったけど,掃除は苦手なわたし。
しかも,大掃除となるとすご~くハードルが高い!!

そんな大掃除を,少しでもやりやすくするために「細分化」と「見える化」。

まず,掃除が必要なところや内容をピックアップ。
そして,ピックアップしたことをさらに細かくばらしていきます。

たとえば,3カ所あるリビングの窓のそうじを,
「リビングの窓そうじ」とひとつにくくらず,
「リビングの南」と「リビングの東」と「リビングの北」と3つに分ける。

ひとつの内容にかかる時間をできる限り短くすることで,
ハードルを下げ,手をつけやすくします。

最後に,細かくばらしたことを一枚の表にまとめて「見える化」。
自分にも,家族にも,どこの何をすればいいのかを分かるようにしました。

12月30日までにすべての項目に完了チェックがつくことを目標に,
仕事が休みの日や週末に,少しずつ大掃除を進めています。




大掃除のハードルを下げるために_c0293787_17112965.jpg


今日は洗面所の鏡を掃除しました。

手の届く下のほうは,水がはねたり,汚れるたびに拭いていましたが,
上のほうはというと…引越してから一度も掃除せず。笑。

水拭きしたあとに,スクイジーで水切り。
5分もかからずに,うっすらと曇っていた鏡がピカピカに。
鏡がきれいだと清々しい気分になりますね!!

掃除が終わったあとは,表に完了のチェックを。
小さな達成感を味わうことができ,
次の掃除へのモチベーションに繋がります。



大掃除のハードルを下げるために_c0293787_17251797.png


わが家が使っているスクイジーはコチラ → 

ゴム部分がプロ仕様になっているので,ス~ッとなでるだけできれいに水が切れます。

長男は,スクイジーを使うのが相当楽しいみたい。
私がお願いしたわけでもないのに,
毎日お風呂上がりにスクイジーで水滴を落としてくれるようになりました。

掃除へのハードルを下げるために,
使いやすい道具を選ぶことって重要だと実感。

これをいいことに,
長男には,窓そうじの立派な戦力として活躍してもらおうと目論んでいます。笑。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


新しい仕事を始めたのをきっかけに,朝と夜の家事時間を見直しました。

 
 前回の記事はコチラ → 【家事の時間を「見える化」する】

朝と夜の家事時間を見直す_c0293787_1175110.jpg

何にどれくらいの時間がかかるか?実際に計ってみました。
そして,「朝食の準備 20分」というように,「やったこと かかった時間」をふせんに書き出し,順番に並べたのが上の写真。
ピンクが朝の時間,黄緑が夜の時間です。
目で見て分かるようにしたことで,今まで漠然としていた朝と夜の時間の使い方が明確になりました。

表を見てみると,朝の時間に家事が集中,夜の時間はゆとりがあることが分かりました。
そこで,朝の家事を夜に分散してみることに。
あーでもないこーでもないと,ふせんをいろいろ貼り替え。
これならいけそうかな?というスケジュールが出来上がりました!!
貼ってもはがすことができるふせんだと,簡単に組み替えることができて便利。 

朝と夜の家事時間を見直す_c0293787_1141289.png
新たにこの時間に追加する家事は水色のふせんで色分け。色分けすることで,移動が一目瞭然に。 

朝は,今までよりも40分早い8時20分までに家事を切り上げなくてはいけません。
そこで,トータルで約40分かかっていた洗濯&洗濯干し×2の時間を夜に移動。
そして,私のお弁当作りの時間(前日の夕食のおかずを詰めるだけなので5分)を追加するのと少しゆとりをもたせるために,起床時間を15分早い6時15分に。
朝は苦手なので,できるだけ大幅な変更はせず,無理のない時間配分にしました。

夜は,今まで通り21時には子どもたちを寝室に連れていきたい。
でも,洗濯&洗濯干し×2の時間を作らなくてはなりません。
義両親と同居のわが家,義母と洗濯が重ならないように配慮しなければいけないし…。
そこで,夜の時間は洗濯の時間を少しでも効率良く回せるように大幅に変更,こんなタイムスケジュールにしました。

  17時     夕食の下準備
  17時30分  お風呂のセット
  17時45分  連絡帳と宿題の確認
  18時     お風呂
  18時30分   洗濯機セット1回目
  18時40分  夕食の仕上げ
  19時     夕食
  19時25分   洗濯干し1回目&洗濯機セット2回目
  19時40分  食器洗い
  20時    キッチンの掃除
  20時10分  洗濯干し2回目 
  終わったあとは自由時間♪


朝と夜のスケジュールを決めてしまえば,あとは行動あるのみ。
仕事が始まる1週間ほど前からスケジュール通りに動いてみて,ちゃんと時間内にこなせるのか確認。
何とかいけそうだったので,仕事を始めてからも続けることに。

下準備しておいたとはいえ,実際に仕事を始めてからは体力的にしんどかったです。
でも,決めたとおりに手と身体を動かせば,何とか回っていくということが分かっていたので,とにかくスケジュールを崩さないようにしました。
そうすると,身体も新しい生活リズムに慣れてきて,何も考えなくても身体が動くように。
そして,朝はタイムリミットがあるし,夜は自由時間が待っていることで,ちょっとでも早く終わらせてしまおうとテキパキと動けるようになってきました。

働く前よりは自由に使える時間は減ったけど,家のことも仕事のこともやりくりができている。
このことが,時間管理の苦手意識が強い私に自信を与えてくれました。


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

実はわたし,時間管理がとっても苦手です。

新しい仕事を始めるとき,仕事内容や人間関係よりも,
「勤務時間までに勤務先に到着できるか?」
これが一番ハードルが高く感じました。

自分の準備だけすればよかった独身のころと違って,家のこと,子どものこともやらなくてはなりません。
子どもが起きるころに出勤してしまう夫の助けは借りられないし、同居の両親は当てにできない。
しかも,子どもたちは出かける前に限って何かをやらかしてくれる。
時間前に到着したいのに足止めを食らって遅れてしまうことがしばしば,だったのです…。

今までは9時に次女を保育園に送っていました。
今度は9時前までに勤務先に到着していないといけません。

勤務先に到着するには,いつまでに次女を保育園に送っていかないといけないのか?
8時20分じゃないと間に合わない。
今までよりも40分も早くなります。
保育園であれば多少遅れても大丈夫だけど,仕事となると遅れるわけにはいかないですよね…。

朝の貴重な時間。どう40分をやりくりしよう~!!
そこで,今まで朝の時間をどのように過ごしていたのか?時間を計ってみることに。

家事の時間を「見える化」する_c0293787_14283764.jpg
スマホのストップウォッチにはラップ機能があり,あとで一覧で見ることができるので便利。朝時間のあいだ,スマホを常に携帯し,ひとつのことに区切りがついたらラップボタンを。保育園の送り迎えが終わるまで常にストップウォッチが動いているようにしました。 

 
 朝食の準備 20分
 朝食 25分
 食器洗い 10分
 ダイニングテーブルの片付け 5分
 洗顔・メイク・ヘア 15分
 洗濯のスイッチを入れて,洗濯物を入れる 3分×2
 洗濯干し 15分×2
 保育園の帳面を書く 5分
 保育園に送る 10分


時間を計っただけでいろんな気づきが…。

「洗濯干しに30分もかかっていた」
「食器洗いが意外と短かった」
「朝食の準備から片付けまで1時間かかる」

特に,私が嫌いな家事である食器洗い,たった10分でできると分かったことは大きな収穫。今までよりも負担に感じなくなりました。
また,どれだけ時間がかかるのか分かることで何とかやりくりできそうな気がすると,急に気持ちに余裕がでてきました。

家事にどれだけの時間がかかるか分かることで,時間の見通しが立てやすくなり,頭の中がスッキリ。
家事の時間の「見える化」効果は絶大です☆

この結果から,朝家事と夜家事の立て直しをしてみることにしました。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 


 
私は朝が苦手です。

寝つきもいいし,睡眠時間も8時間取っているのに,寝起きがとっても悪い。
睡眠の質が悪いのかもしれないです。

原因は,3人の子どもと同じ布団で寝ているから?
布団にくるまるのが大好きな長男には布団を取られ,寝相の悪い長女には足を駆られ,眠りの浅い次女には夜中に「ママ~」と呼ばれ…。
何度も起こされているので,熟睡できていないのでしょうね。

寒くなってきたこの季節は,朝起きるのがつらい!!
もっと暖かく,日の出が早い時期であれば,太陽の光を浴びることで目覚めるけど,
日の出よりも早く起きるこの時期は,目が覚めていても,布団からなかなか出ることができません。
ダラダラと過ごしてしまって,あとで「しまったぁ~!!」なんてことも。

この時期でも,朝の時間を上手に活用できるようになりたい!!
そこで,朝スムーズに起きられる方法を考えてみました。

朝,スムーズに目覚めるために_c0293787_9535686.jpg

まず,前日の夜に,翌日の服をセットしておきます。

私が朝起きて一番にやることが,服の着替え。
寝起きのボ~ッとした頭では,「なんでもいいや」と手前にある服を選びがち。
前日にコーディネートを考えておくことで,頭が働かなくても,体を動かすだけでOKの状態にしておきます。

朝,スムーズに目覚めるために_c0293787_9545273.jpg

スマホのアラーム機能を,目覚まし時計代わりに使っています。
石油ファンヒーターの上に置いておき,ベッドから出ないとアラームを止められないようにしています。

今の季節,布団から出られないのは寒いから。
仮住まいの今の寝室は,とにかく寒い!!
ファンヒーターのスイッチを入れて動き出すまでに約1分。
せっかちな私は1分も寒い状態で待てません。

それを解消するために,アラームと同じ時間に石油ファンヒーターがつくようにタイマーをセット。
布団から出ても,ファンヒーターの前に行けばあたたかいので,動こうと思えるようになりました。

着替えのためにファンヒーターを使うのは贅沢だと,夫から指摘されていますが,この寒い部屋で暖房ないで着替えるのはつらいのよ…。
もったいないから早く着替えを済ませてしまおうと,眠いながらも手を止めないようにしています。笑。

朝,スムーズに目覚めるために_c0293787_95852.jpg

最初に履きたい靴下やレッグウォーマーは,ファンヒーターの上にあるかごに入れておきます。
少しでもファンヒーターから離れず,移動なしで着替えれるように。笑。

着替えをすることで,体をリセット。
おやすみモードから朝の活動モードへのスイッチが入ります。
朝の目覚めがスムーズになることで,朝の時間が上手く回るようになってきました。

朝の時間って本当に貴重です。
少しリズムが狂ってしまうだけで,時間がないと慌ててしまって,朝からドッと疲れてしまうことも。
逆に,朝の時間が上手く活用できると,その1日はとても充実した気分になりますね☆

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

あな吉さん手帳術で時間管理_c0293787_12125292.jpg

時間管理には,あな吉さん手帳術を使っています。

3人の子どもの母であり,料理研究家として教室を開き,何冊もの本を出版しているあな吉さん。
そんな彼女が育児や家事もやりながら,やりたいことをやれるようになるために考案したのが「主婦のための手帳術」。
「主婦」をターゲットにした手帳術を始めて見たことと、とても使いやすそうな印象から、2年前から使うように。

あな吉さん手帳術で時間管理_c0293787_13441449.png
この本はカラーで実例も多く分かりやすかったです。  
この手帳術を始めるためには,初期投資が高い という主婦にとってはハードルが高い問題が。
すべてをお店で購入して揃えようとすると,何千円とかかってしまいそうだったので,
こちらの本やレビューにある初期投資を抑えるポイントを参考にさせてもらいました。

あな吉さん手帳術で時間管理_c0293787_14411852.png

必須アイテムのA5サイズの6穴バインダー。
あな吉さん手帳術ユーザーは,布張りのバインダーを使っている人が多いようですが,
私は布張りよりもお値段が安く,シンプルなデザインのこちらをチョイス。
2年使っていますが,傷が付きにくく,きれいな状態を保っています。

あな吉さん手帳術で時間管理_c0293787_12425366.jpg

この手帳術の特徴は3つ。

 1 やるべきこと・やりたいことをすべてフセンに書いて、手帳に貼る
 2 スケジュールからベストタイミングを見つけて、それを実行する
 3 そのために必要な資料はすべて、手帳にファイルして持ち歩くようにする


たったこれだけのことですが,やってみると効果は絶大☆

今まではスケジュール帳に書き込むまでもないと思っていた雑多な用事も,
フセンに書き込み「見える化」することで頭の中がスッキリ。

貼って剥がせるフセンを自由に並び替えることで計画が立てやすくなり,
「いつも時間に追われている」感覚から解放。
「この時間にはこれができる」と前向きに計画できるようになりました。

また,この手帳の大きさはA5サイズなので,A4の紙をパンチで穴を開けて持ち歩けるのもポイント高し。
私の場合,小学校や保育園の年間行事表など,子ども関係の手紙はすべて手帳へ。
家でも外出先でもすぐに確認することができるようになり,取りこぼしがグッと減りました。

通常の手帳よりも大きいし重たいので,スマホのスケジュール機能に浮気していた時期もありますが,
自分の手で書いて,紙を見て確認するこのやり方のほうが私には使いやすいと再確認。

来年もこの手帳を使い続けていこうと思っています☆

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

食品をすぐに使えるようにするために_c0293787_16353865.jpg

交友関係の広い義母がいるため,頂き物の多い我が家。
今回は,箱に入ったふりかけ・かつおぶし,缶詰のセットを頂きました。

以前の私は,箱のまま保存して使うときだけ抜き取っていました。
でも。箱に入ったまま中身が見えない状態だと,そのうちに中身の存在すら忘れてしまうんです。
気がついたときには賞味期限が切れていた…なんてことがよくありました。

食品をすぐに使えるようにするために_c0293787_16453531.jpg

今は,すべて箱から取り出して,指定席を用意します。
ふりかけはセリアのケ-スに立てて収納。食事のたびに,ケースごとダイニングテーブルへ。
食べたい人が自由に取って食べれるようにしました。

食品をすぐに使えるようにするために_c0293787_16522719.jpg

長男と次女の大好きなヨーグルト。
買ったときは,4つが繋がった状態。

食品をすぐに使えるようにするために_c0293787_16534535.jpg

バラバラにして,冷蔵庫へ。
長男だけでなく,次女まで勝手に冷蔵庫から取り出して食べるようになりました。笑。

家に入ってきた食材は,すぐに使える状態にして仕舞います。
箱や袋から出したり,バラバラにするのは一手間ですが,

 ・箱や袋がない分,省スペースで収納できる
 ・必要なときにすぐに取り出すことができる
 ・家族が認識しやすくなる
 ・食品の消費が早くなる


メリットもたくさん。
ほんの一手間が,時間と心のゆとりを生みだし,未来の自分への投資に繋がります。


  

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

お正月,手帳に2013年にやりたいことのリストを書きました。
そのひとつが,整理収納アドバイザーとして仕事すること。
ちょっとずつですが,人のご縁で活動のきっかけをいただいています。

先日は,愛知県の育児支援団体ママスタートクラブの講師登録会に参加。(ママスタートクラブのHPはこちら→
ママスタートクラブでは「ママ講師のチャレンジ応援プロジェクト」といって,
今までの講座運営事業のノウハウをいかして,ママが子育てしながら「自分が人生の主役」と自信をつけてもらうように,これからママ講師として活動したい人に対して支援をしています。
今まで子育て中心の生活を送り,どのように社会復帰したらいいのか困っていた私にとってはすごくありがたいプロジェクト!
デビュー講師として登録させていただき、9月にママスタートクラブの講座を開講することになりました。

講座を開催する前にプレ講座をやりたいと思っていたところ,お友達から講座の依頼が!!
急遽,子どもたちが夏休みに入る前にやることに決定しました。

この時期は,小学校や保育園の行事も多い上に,小学生は下校時間が早くなります。
そんな中,毎日のやるべきことに加えて,新たに講座の準備。
できるだろうか?と不安になってしまうのを押さえつつ,手帳に向かいました。

やることを「見える化」する_c0293787_14485913.jpg


やりたいこと・やるべきことをすべて付箋に書き出し「見える化」
頭の中で描いていたことを書き出すだけで,すいぶんと頭の中が整理されます。
やることはどれくらい時間がかかるのかも明記。
そうすると,この時間にこれだけのことができそうと予想ができるようになります。
すべて書き出すことは手間ですが,このひと手間で頭の中がクリアになり,やるべきことに集中できるようになります。

ご存じの方も多いのではないでしょうか?
あな吉さん手帳術です。
やることの見通しがつきにくいときほど,この手帳術に助けてもらっています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
訪問していいただき,ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。