c0293787_1414550.jpg

長男のランドセルが壊れました。

長男が帰宅して間もなく,ランドセルを定位置に置こうとした途端,
パキッと,肩ベルトのプラスチックの接続部分が割れてしまったのです。

次の日も学校があるので,早く何とかしたい!!

ランドセルの保証書を取り出し,購入したお店に問い合わせしたところ,
今回のケースは無償修理の対象で,
修理期間中は,代替のランドセルを無料で貸してもらえるのだそう。

長男のランドセルは,大手スーパーで購入したものですが,購入した店舗でなくても,最寄りの店舗で受付ができるのだとか。
早速お店に行き,手続きをしてきました。

c0293787_14281264.jpg

代替のランドセル,とってもきれいで新品のようです。

ランドセルが壊れたときは,怒っていた長男。
代替のランドセルを見て,「ずっとこれでもいいかも~」と嬉しそうにニンマリしていました。笑。

修理には1ヶ月ほどかかるそうです。

c0293787_14372088.jpg

ランドセルの保証書は,矢印のポケットの中に入れていました。
ここなら,子どもが普段触ることもないし,すぐに取り出すことができると思ったから。

結局,このランドセルは形からオリジナル商品と分かるので,保証書は必要なかったのですが…
サッと保証書を取り出し,販売店の連絡先や保証内容を確認できたことで,慌てず,落ち着いて対応できました。
感情に振り回されることなく,やるべきことに目を向けることができたのは,私に取ってはすごい進歩!

取り出したいモノが,すぐに取り出せる仕組みを作ること。

やっておいてヨカッタ~!!
そう思えた出来事でした。


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_1229345.png

毎年この時期に必ず購入している無印良品アイテムがあります。
ファミリーカレンダー 2014年1月~12月
家族5人までの予定が一覧できるカレンダーで,我が家の定番品として愛用しています。

7人家族の我が家では,5人分しかないスペースを
①夫 ②私&次女 ③長男 ④長女 ⑤義父&義母
に分けています。

私は次女絡みの用事が多いので,次女と一緒に。
ほとんど用事のない義父は,義母と一緒に。笑。
同じ小学生の長男&長女は,それぞれの予定を自分で書き込みたいというので別々に…
と我が家のスタイルで活用しています。

c0293787_12451142.jpg

カレンダーは,ダイニングの壁が定位置。
ここは,家の中で一番出入りが多く,家族の目に付きやすい場所であり,
食事のときに家族みんなが見ることのできる場所でもあります。

シンプルで無駄のないデザインなので,
カレンダーが部屋で目立ちすぎないのが嬉しい。

子どもたちの欄には,学年だよりに書いてある行事と下校時間,部活,習い事の予定を。
大人の欄には,それぞれの外出の予定に加えて,ゴミ出しの日,ご飯のいる・いらないなど。
今だと家の建て替え工事の工程表も書き込んでいます。

予定を「見える化」することで,家族がみんなの予定を共有できます。

予定を忘れてしまったを減らすことができるし,
家族が不在の場合でも,電話の対応がスムーズになったり,予定の調整がしやすくなります。

また,「今日はこんなことがあったね」と家族の会話のネタになります。
家族の会話を増やしたい,そんな方にもオススメです☆


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
引越が終わって1週間。
ようやくモノの定位置が決まり,新しい生活にちょっと慣れてきました。

引越と同時に,仮住まいをしている長屋門の部屋を始め,母屋でも収納を見直しました。
現在の部屋の様子と合わせて,
新しく購入した収納用品,そして今まで使っていた収納用品の使い回しをご紹介させていただきます。

c0293787_14181357.png

まず最初は,仮住まいをしている長屋門の部屋。
引越前に,片付けをしてテレビ以外はモノのない状態にしました。

c0293787_1416971.png

このテレビはブースターが付いているため現在も部屋に置いてありますが、その置き場所はこの後で。

c0293787_14222410.jpg

引越後。私たち夫婦のクローゼットと家族の寝室として使っています。

c0293787_1422274.jpg

シングルベッド2台とダブルベッドが1台。何とか3台が横並びできました。
カーペット、カーテン、カーテンレールは以前のお家で使っていたモノ。
カーペットは偶然にも横幅がピッタリ。カーテンの丈は長いので,現在手縫いでお直し中です。

実はこの部屋の形は四角ではなく,微妙に床が斜めになっています。
一番窓側の夫のベッドと壁の間には,最大で幅10センチほどの三角の空間が…。
引越した当初は,ベッドの上に目覚まし時計を置いていましたが,寝ている間に落ちてしまうことを繰り返したため,棚を付けることにしました。

c0293787_14371027.jpg

無印良品の壁に付けられる家具・棚・幅44cm・タモ材/ナチュラル
小さなスペースですが,これがあるだけでずいぶんと快適になったそうです。

c0293787_14214924.jpg

ベッドと反対側は収納コーナー。チェストとワードローブ,そして新たに購入した無印良品のパイン材ユニットシェルフを置きました。

チェストとワードローブは並べて置きたかったのですが,窓と壁の関係でこの位置に。
どちらも金具で耐震対策をしてあります。

c0293787_14471490.jpg

パイン材ユニットシェルフ、今までは旧型を使っていて、現行品はこれが始めて。
旧型よりも幅が少し大きいので、無印良品の収納用品とモジュールがピッタリに。
かごがきれいに収まるので、見た目もスッキリ。
また、旧型よりも隙間が少ないので、誇りが溜まりにくそうです。

ユニットシェルフの後ろは掃き出し窓なので,突っ張り棒にかけた布で目隠し。
布をずらせば,窓を開けて換気することができます。
また,布の奥にはテレビとブースターを隠してあります。笑。

c0293787_1504667.png

かごは無印良品の重なるラタン長方形バスケット・中

以前は、無印良品のブリ材バスケット2個パジャマ入れとして使っていましたが,横並びに3つかごを並べたかったので,子ども部屋とキッチンで使っていたラタン材のバスケットを使うことに。
かごの大きさは小さくなりましたが,夫の冬用パジャマはギリギリ入りました。

雑誌と本は,新たに購入したくらしのラララのステイトファイルケースワイド・ホワイトに収納。
ちょうどタイミング良くポイント10倍セールのときに購入。今ならアウトレット商品も在庫アリ☆ 
白色があるだけで,部屋がずいぶんと明るくなりますね。
今まで雑誌の収納に使っていた無印良品のポリプロピレンファイルボックススタンダードタイプは別の場所で使っています。

まだ,壁にはシールが貼ったままだし,カーテンの丈直しやラベリングもしたい。
もっと快適度をアップさせるために,手をかけていくつもりです。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
現在開催中のドームやきものワールドへ行ってきました。

毎年この時期にナゴヤドームで開催される全国最大級のやきもの市。
有名産地の陶磁器を始め,カトラリー、漆器、木のうつわ、ガラスなど食卓にまつわる商品のブースが400店以上も。
土日を含めて6日間開催されているので,毎年足を運んでいます♪

c0293787_115406.jpg

展示やイベントも盛りだくさん。
テーブルコーディネートの展示は見ているだけでワクワク,目の保養になります。
こんな素敵な空間での食事…憧れです。

c0293787_11102631.jpg

今年のメイン企画「ナチュラルスイート!ナチュラルフード!ナチュラル○○!」のコーナー。
テーブルコーディネーターの佐藤真奈美さんによる信楽焼のコラボ展示。
一つ一つはシンプルでシックな器なのに,こんなにも華やかでかわいらしくなるのですね~♪

このコーナーに展示されていたのは,私のお目当ての信楽焼・文五郎窯の奥田章さんの器。
数年前,和にも洋にも使える和食器を求めていたときに,このイベントで出会ったのが奥田章さんの作品でした。
黒と白を基調としたシックでモダンな器に一目惚れ。
以来,毎年少しずつ買い足しています。

c0293787_11232812.jpg

今年はモーニングプレート23センチを一枚追加。
これで家族の人数分が揃いました。
盛りつけのセンスがない私の料理でも,ここに盛りつければグレードアップして見えるというありがたい器です。笑。

c0293787_11391951.jpg

そして,十草の小鉢を5つ購入。
副菜だけでなく,デザートを盛りつけるのにも使えそう。
きれいに5つスタッキングできるところもポイント高し。

写真では分かりにくいのですが,左右の器,微妙に色が違います。
今回は色の違うモノが3つずつしか在庫がなかったけど,あまり気にならなかったので,あえて色の違うものを購入。
お詫びにと,ちょっとサービスしてもらいました♪
これも作家さん本人と直接お話ができるイベントの醍醐味ですね。

やきものワールドは明日まで開催中です。
よかったら,足を運んでみてくださいね。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
ようやく物置の片づけが完了しました!!

c0293787_954688.jpg

古い家具や農業用の道具が置かれていたこちらのスペース。

c0293787_9551798.jpg

からっぽになりました。

c0293787_9555891.jpg

半分ゴミ置き場と化していたこちらのスペース。

c0293787_9572751.jpg

こちらもからっぽになりました。

すべての作業を終えたのは,解体当日の朝。笑。
あまりのモノの多さに,タイムリミットまでに作業を終えることができるか?
ヒヤヒヤしましたが,最後の2週間の追い込みでがんばりました!!

手放したモノもたくさんありますが,たくさん引き取ってもらったおかげで作業がはかどりました。
古い織物・布団は,骨董好きのご近所さんに。
大量にあったむしろやわらは,専業農家の知り合いに。
古い農器具・缶でできた大きな米びつは,金属の回収業者に。

こちらが引き取り手がないだろうと思っていたモノ,たとえば,50年以上前にひいひいばあちゃんが使っていた古い布団でも,欲しいという方がいることに驚きでした。
どんなモノが需要があるのか分からないものです。
いろんなところにアンテナを張っておくことが大事だと感じました。


また,半年間の作業の中で,最後の追い込みの時期がこの季節だったのはラッキーでした。
気候にかなり後押しされたことを実感しています。

 ・ほど良い涼しさが,思考をクリアに。
 ・気候による体の負担が少なく,作業が長続きする。
 ・虫(特に蚊)が減ったので,作業に集中しやすい。
 ・疲れても,良質な睡眠が取りやすい。


夏だと,暑さで体力を消耗するので作業するにも時間がかかりました。
冬だと,寒くて体を動かす気持ちになれないし,特に義両親には冷えが体の負担になっていたでしょう。
大掃除の前のこの時期は,片付けに最適な季節!!ではないでしょうか?


物置の片付けを始めてから半年。
作業は順調だったわけではなく,体力的にも時間的にも大変でした。
片付けても,片付けても,出口の見えないトンネルにいるかのようで,どことなく家族の雰囲気もピリピリ。
何度か衝突もあり,精神的にキツかった!!

でも,タイムリミットに間に合うことができたし,やり遂げたって達成感も。
作業が終わった途端に,家族の雰囲気もとても和やかになりました。

家の建て替えの話が浮上する前は,
「わしが死んでから,この物置を片付けてくれ」
と話していて,片付ける気が全くなかった義父。

でも,義父が元気なうちにこの大仕事をやってもらえてヨカッタ。
私や夫でも大変だったので,義両親にとってこの仕事はもっと大変だったはず!!
今は感謝の気持ちでいっぱいです。
この日は,義父のご機嫌を取るために,大好物の卵料理をどっさりと作りました。笑。

そして,次は新しい部屋を快適にするための作業をしています。
ちょうど今は無印良品週間,グッズを買い足しました。
完成したら,またアップします!!

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_1094999.jpg

清々しい秋晴れのこの日,
普段からお世話になっているお寺さまにお清めをしていただき,
家の建てかえ工事が着工されました。

話が浮上してから約1年半。
すいぶんと長く感じましたが,いよいよか…とちょっと身が引き締まる思いです。

家の建て替えは家族みんなで話し合って決めた結論です。
でも,実は本当に離れを壊してまで,本当に家の建て替えをしてもいいのか?
と,ずっと自問自答していました。

築年数は120年ですが,私たちが住むことになったときにリフォームしたので内装はきれい。
また,ライフスタイルの変化に応じて,自分たちでDIYしながら手をかけてきました。
家族の歴史を見守り続けてくれた場所でもあり,家族の思いが詰まっている場所でもあります。
その場所を失ってしまうことに,すごく抵抗を感じながらここまでやってきました。

でも,もう後戻りはできません。
前に進むだけですね。

最後に,お世話になったこの場所をきれいに掃除することで,自分の気持ちを整理しました。
ここで過ごすことができて本当に幸せでした。
今までありがとうございました!!

c0293787_10303793.jpg

さて,工事の初日は,解体準備のための水道と電気の工事が行われました。
同時に,今まで使っていたスイッチプレートとコンセントプレートを電気屋さんに取り外していただきました。

c0293787_10552575.jpg


こちらのプレートは,とあるインテリアショップで購入し,リフォーム時に付けてもらったモノ。
陶器でできていて,レトロなデザインが気に入っていました。
ただ,陶器なので,ぶつけて割ってしまったモノもチラホラ…汗。 

最初は,新居でもこちらのプレートを付けてもらおうと思っていましたが,
インテリアショップが倒産し,追加購入ができないことから,再利用はなしに。
欲しいという人に譲ることにしました。

c0293787_10382053.jpg

コンセントプレートを外すと,ホコリと木くずがビッシリ!!
中には虫の死骸が入っていたところも!!
ホコリが溜まりやすい形状のため、もう少し放置しておいたら,トラッキング現象に繋がっていたかもしれない状態だったそう。

古いコンセントは内部にホコリが溜まって発熱したり,発火する危険があります。
コンセントにも寿命があり,点検の目安は10年なんだそうです。
寿命があると知ってビックリ。しかも,10年って意外と短いと思いませんか!?

特に,ホコリの多いところ,油蒸気の多いところ,抜き差しの頻度の高いところは要注意です。
スイッチやコンセントの交換は資格を持った人しかできないので,電気店や販売店に相談するといいそうです。
工賃は5000円,コンセント一個につき部品代500円が目安だそう。

インテリア性重視で選んだプレート,よかれと思って使っていましたが…
知らないって怖いですね。
今まで事故もなく,このお家で過ごせたことに感謝です。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
秋が深まり、朝晩めっきり寒くなってきましたね。

今週始めは、家族で引越作業をしました。
引越と言っても、同じ敷地内にある空き部屋に家具とモノを移動させるだけ。
新居に使わない家具は引き取ってもらったし、モノの見直しをしてモノの量も減ったからと、ヘルプを頼むこともなく、
1日あれば作業は終わると思っていたのが甘かった…。

慣れない家具の分解・移動・設置に大苦戦!!
体格もしっかりしてきて大いに活躍してくれた長男に対し、
以前引越ししたときに比べて、力仕事が続かず、明らかに体力が低下している私たち夫婦。
1日どころか、結局3日間・合計8時間かかり、無事に作業を終えることができました。

c0293787_0583174.jpg

こちらのリビングは

c0293787_058582.jpg

こんな感じに。

c0293787_0592219.jpg

別の角度から見たリビング。

c0293787_0595259.jpg

からっぽの空間に。

c0293787_101854.jpg

家具でいっぱいだったリビング。

c0293787_104724.jpg

モノがないとこんなにも広いんだなぁ~。
声が響いて、少し前までここで暮らしていたのに別の空間みたい。

いつも使わない筋肉を使い、フラフラになってしまった私たち夫婦。
引越ってすごいエネルギーを使う大変な作業です。

モノを減らしたはずなのに、まだこんなにもある・・・と、終盤はモノの多さにうんざり。
疲れてしまって、モノを無性に捨てたい衝動に駆られました。
引越の多い人に、少ないモノで暮らす達人が多いこと。
すごく分かるような気がします。

新居への引越は、今回よりも移動するモノも倍増!!
プロの手か、ヘルプをお願いしようと思っています。


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
昨日はママスタートクラブのママのお片付け講座の日でした。

11月のテーマは

「大掃除の前に ~モノの上手な手放し方~」

簡単なワークを交えながら,
モノが増えてしまう原因・モノが手放せない原因から上手なモノのつきあい方まで,
みなさんと一緒に考えていきました。

みなさんにも思い当たるところがあったようです。
たくさんの経験談で大いに盛り上がりました!!
今回もとても楽しくて,有意義な時間を過ごさせていただきました。
参加者のみなさん,ありがとうございました!!

偶然にも?! 13日から家の建て替え工事が始まる私にとって,今回のテーマはまさに旬のテーマでした。

この講座のテーマを決めたのは何ヶ月も前のことで,まだ工事の開始日は決まっていませんでした。
まさか,実作業と講座の準備を同時に進めることになるとは。
ある意味とってもラッキーな巡り合わせ。
実作業を進めながら,講座の内容をより落とし込むことができました。

c0293787_1947361.jpg


さて,昔から片づけに興味を持っていた私。
整理収納アドバイザーの勉強をしたことで,家の中にある自分のモノは一通り見直したつもりでした。

なので,物置を片づけることになったときに義両親に,

「ここには私たちの荷物は一つもない」 

と豪語。

物置に詰め込まれた義両親の荷物の山を前に,
「よくこんなにもモノをため込んだな~」
と呆れながら見ていました。

ところが,物置の片づけの最終段階に入り,義両親の記憶にないモノが奥から出てきました。
他のモノと比べて明らかに新しそうな電化製品や小家具。
義両親に呼ばて,確かめてみたものの見覚えがなかったので,
「私のモノではない」
と答えました。

ところが,しばらくして,ふと思い出しました。

あれは,私のモノだ!!

今のお家に引越してきたとき,
使わないことは分かっていたのに,壊れていなかったので手放すことができず,
「とりあえず物置に仕舞っておこう」
と物置に仕舞ったまま,ずっとそのままにしていたモノでした。

忘れていたどころか,見てもすぐに思い出せないとは…。
長い間,目にすることもなかったので,私の記憶からも消えてしまっていたようです。汗。

義両親には,今更自分のモノでしたなんて恥ずかしくって言えません。
もう使うこともないモノたちなので,こっそりと処分させていただきました。

思いっきり上から目線発言していたことを反省…。
かわいげのない嫁ですみません。

人のことを言う前に,まずは自分のモノから,ですね。

傲慢にならないように気をつけなくちゃ。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
三連休の中日は,仮住まいをする部屋の片付けをしました。

仮住まいをするのは,同じ敷地内にある長屋門の8畳間。
15年ほど前までは夫の弟の部屋として,現在は義父の喫煙部屋として使われていました。
弟が引越してから,ずっと弟が残していった家具やモノがそのまま放置されていました。

弟のモノなので,必要なモノは今のお家に持っていってもらうようにお願い。
先月末にようやく必要なモノだけ持ち帰ってくれて,あとはすべて捨てても構わないと許可をもらいました。

ところが,弟は捨ててもいいと言ってくれても,捨てないのが義両親です。笑。

「これは使えるかもしれない」

「これも捨てるにはもったいない」

使う目的も決まっていないのに,壊れていない家具はすべて義両親の部屋へ。

今,義両親の部屋は家具で埋め尽くされて,通るのがやっとの状態。
きっと家が完成して,この部屋が再び空くまではこの状態が続くと思います…。
夫は「この機会に処分しようと」さんざん文句を言っていましたが,聞く耳持たずでした。 

c0293787_1574085.jpg

作業途中の様子。ベッドは義父の部屋へ運ばれました。

c0293787_15201672.jpg

それでも,壊れた家具やカーペットや電化製品など,不要品の山がどっさり!!
不燃ゴミの袋に入りきらないモノはすべて車に積んで,市の環境センターへ持ち込みしました。
処理料金は10㎏につき200円。
今回は150㎏にもなり,3000円のお金がかかりました。
数年前まで,処理料金は10㎏150円でした。ゴミを出すにも,だんだんとお金がかかるようになり,これからも値上がりしていきそうですね。 

モノ以外にも,壁や天井には刺さったままの無数の画鋲が!!
中には画鋲の頭が取れて針だけの状態のものもあり,ひとつひとつ抜いていきました。
上ばかり見ていたので,首が筋肉痛になりそうでした…。

さらに,長年掃除されてきていない上に,義父の喫煙部屋になっていたので,埃もヤニの臭いもすごいことになっていました。

ほこりアレルギーの夫は,
「こんな部屋にはいられない」
と早々に退散。疲れが出たのか?その後,熱まで出してしまいました。トホホ。 

子どもたちは,
「くさい!! くさい!!」
と言って,部屋に入ることさえも嫌がって,手伝ってくれず…。

仕方がないので,私一人でがんばりました~!!

c0293787_15364971.jpg

作業後の様子。

c0293787_15365122.jpg

ブースター付きのテレビ以外はすべて部屋から出しました。

掃除機が壊れるのじゃないかと思うくらいの埃の量で,掃除機をかける時間よりも,ゴミがたまった掃除機を掃除している時間が長かったかも?
天井から壁や窓・床もすべて,何度も繰り返し拭き掃除。
雑巾は何枚真っ黒にしただろう~?

作業後は,臭いも気にならなくなり,空気がおいしいと感じるように。笑。
大変だった分,やり終えたときは爽快感でいっぱいでした。
部屋がきれいになると,気分が良くなりますね!!

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
三連休は家の片付け,がんばりましたぁ~☆
家族の頑張りと親戚の協力のおかげで,三日間で作業がかなり進展。
ようやくゴールが見えてきたような気がします。

三連休の初日は,離れの片付けを中心に。
新しいお家で使わない家具を引き取ってもらいました。

c0293787_14303338.jpg

結婚するときに嫁入り家具として用意したテレビボード。
ブラウン管テレビが主流のときのテレビボードなので,今のテレビボードよりも奥行きがあります。

新しいお家ではテレビを壁付にする予定なので,テレビボードを手放すことに。
テレビボードを欲しがっていた親戚に譲りました。

c0293787_14352442.jpg

After。片付け途中の状態ですみません。テレビボードがなくなって,ちょっと寂しいテレビ周り。
夫は,床置きでも意外といいんじゃないと好反応でした。

c0293787_14381093.jpg

大切に使っていたこちらも手放すことに。
結婚するときに嫁入り家具して用意したカップボード。
以前のお家ではカップボードとして使い,今のお家に引越してからは収納庫としてずっと使ってきたモノ。

新しいお家では食器棚を造り付けにしてもらうことになったので,こちらも欲しがっていた親戚に譲ることにしました。

c0293787_1448522.jpg

リビングで一番大きい家具がなくなり,がら~んとした空間に。
引越してから一度も動かしたことがなかったので,床や壁も他のところよりもきれい。
無垢のパイン材の床も経年変化でこんなにも色が変わったんだなぁ~としみじみ。

そして,写真はありませんが,以前のお家で使っていたダイニングテーブル&チェアも親戚に譲りました。
今のお家で使うには小さすぎると,長い間,物置に仕舞いっぱなしになっていたモノ。
まだまだきれいな状態だし,仕舞いっぱなしではもったいないから何とかしなくちゃと,ずっと気になっていましたが,ようやく新しい持ち主に引き取ってもらうことになりホッとしています。

どの家具もご縁があって我が家で活用していたモノ。
最後に丁寧に拭き上げて,きれいな状態にして手放しました。
夫婦で話し合って出した結論とはいえ,ずっと使ってきた家具を手放すのは寂しいですね。

引取先の親戚は木の質感が大好きで,この家具の良さを理解してくれています。
すごく喜んで引き取ってくれました。
我が家での役目は終えたけど,新しいところで大事に使ってもらえるといいな☆

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]