人気ブログランキング |

カテゴリ:  料理・お菓子作りと保存食( 30 )

c0293787_20021658.jpg


6月に作ったジンジャーシロップ。
特に長男から大好評で、
あっという間にシロップは飲みきってしまいました^^


c0293787_15334777.jpg


残ったしょうがは生姜焼きやカレーなどの料理に使っていましたが、
なかなかの量だったので、
たっぷりとパウンドケーキに混ぜ込んでみました。


c0293787_15364569.jpg


材料を混ぜて焼くだけと、
ボウルひとつでできるカンタンなパウンドケーキ。

パウンドケーキの甘さのなかに、
しょうがの香りがアクセントになっていて、
今まで作ったことがない組み合わせが新鮮でした。

ジンジャーシロップを喜んで飲んでいた長男。
もともと焼き菓子が好きでないこともあるのか?
あまり食べてくれず…。

一方、ジンジャーシロップを「ちょっと辛い」と言っていた長女は、
パウンドケーキが大好きなこともあり、
パクパクと食べてくれました^^

残ったしょうがは刻んで冷凍してあるので、
また何か作ってみようと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ  
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。



c0293787_20020847.jpg


今年も梅シロップを作りました。

いつも実家から青梅をもらっていたのですが
今年は青梅が収穫できなかったようで…
お友達から庭でとれた梅を分けてもらいました。
無農薬・無消毒の梅、ありがたいです^^

暑い季節には欠かせない梅ジュース。
うまくできあがりますように。


c0293787_20021658.jpg


そして、ジンジャーシロップも作りました。

このごろ庭しごとのあとにジンジャーエールを飲むのがマイブーム。

以前、どこかのカフェの自家製ジンジャーエールが
すごくおいしくて感動したのを思い出し、
新生姜が出たタイミングで作ってみたいと思っていました。

生姜と砂糖と水をコトコトと煮て、
最後にレモン汁をはちみつを加えるだけ。
とってもカンタンにできました。

シロップを炭酸水で割ってジンジャーエールに。
甘さのなかにピリッと辛さもあり、後味スッキリ!

こちらは冷蔵保存で1週間ほどおいしく飲めるそうですが…
家族にも好評で、1週間もたたずになくなりそうな勢いです^^

ひとえにジンジャーシロップと言っても、
いろいろな作り方がありました。
今度は別のレシピを試してみようと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


c0293787_14013307.jpg


昨日はバレンタインデーでしたね。

わが家は毎年同じガトーショコラを焼いています。

チョコレートを湯煎でとかしたり、
角が立つくらいしっかりとしたメレンゲを作ったりと、
作るのに手間も時間もかかりますが、
濃厚な味とほろほろの食感がたまらない~。

チョコレートケーキが大好きな夫も、
いつも母の作る料理には辛口評価の長男も、
これなら喜んで食べてくれます^^

↓ガトーショコラはこのレシピと決めています↓


中1の長女は友チョコを作りました。

今年は
「友だちとかぶらないお菓子を作りたい!」
とYouTubeで見た”揚げないココアチュロス”にチャレンジすることに。

材料はわたしと一緒に買いに行きましたが、
あとは長女がYouTubeを見ながらひとりで作っていました。

おそらく長女なりにレシピ通り作ろうとがんばっていた思います。
でも…できあがったココアチュロスは、
味はお世辞にもおいしいとは言えないし、
見た目は干からびたミミズみたい(←とても長女には言えない。笑。)

長女もこれでは友だちにあげれないと思ったようで、
ちょっと凹んでいました。

しかし、すぐに気持ちを切り替えれるところが長女のいいところ!
別のレシピで作り直すことに。


c0293787_14013862.jpg


ホワイトチョコのチョコバーです。

材料はたったの3つ。
フルーツグラノーラとマシュマロを溶かしたチョコレートで固めただけ。

失敗することなくカンタンに作れて、
ザクザク食感でとってもおいしい!

↓作ったのはこちらです↓

「かわいい~♪」
できあがったチョコバーに満足げな表情。
バレンタインデー当日は友だち16人にはりきって配ったそうです。

てっきり配った分と同じ数の友チョコをもらってくるかと思いきや、
長女がもらってきたのはまさかの3つ!

今週から学年末のテスト期間だから
テストが終わってから渡す友だちのほうが多数派だったのです(T_T)

「えっ、そうだったの!」
愕然とするわたし。
母に似たのか?娘ものんきなんでしょうね~。

長女のテストの結果、
覚悟しておいたほうがよさそうです。笑。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


c0293787_15583756.jpg


みそを仕込みました!

去年の今ごろは身内の不幸が重なり、
みそを仕込むだけの気持ちの余裕はなかったのですが、
「やっぱり自家製のみそが食べたい!」
2年ぶりにみそを仕込むことにしました。

とはいえ、大豆を一から準備するのは大変!
今回も前回と同じく手軽においしいお味噌ができる
鈴木こうじ店さんの「カンタン手作り味噌セット(玄米)」を注文しました。

大豆を蒸して塩を合わせてつぶした「つぶし大豆」と麹のセットなので、
5キロだと1時間ほどで作ることができます。

つぶし大豆のラクさを覚えてしまったら、
以前の乾燥大豆から始めるやり方には戻れません。笑。
ムリなく続けられるやり方で十分だと思っています。


c0293787_15583508.jpg


カビ防止のため容器にアルコールスプレーをかけて、
ペーパータオルでふき取ります。


c0293787_15583323.jpg


麹のかたまりをほぐします。
玄米麹のいい香りに癒される♪


c0293787_15583094.jpg


つぶし大豆と麹をムラなく混ぜ合わせます。
粘土をこねているような感覚^^

c0293787_15582753.jpg


みそ玉をつくり容器に投げ入れるのですが…
大豆がかたすぎたのか?
投げるとバラバラに崩れてしまったので、
すきまが入らないように
ギュッギュッと手でおさえながら詰めていきました。


c0293787_15582139.jpg


表面を平らにして、
容器のまわりをふきんでふき取り、
塩をまぶします。


c0293787_15582481.jpg


ピチッとすきまなくラップをかけます。


c0293787_15581973.jpg


落としぶたをして重しをのせます。
落としぶたも漬け物用の重しも持っていないので、
キャンプ用の平皿と庭にあった石で代用しました^^

適当にえらんだ石が容器にちょうどピッタリ入った瞬間、
思わずガッツポーズしてしまいました。笑。


c0293787_15581640.jpg


前回はキッチンカウンターの最下段で保管していましたが、
今回はより涼しい玄関に置いてみました。

今年の秋には食べれる予定。
おいしいみそができますように。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。



c0293787_15484206.jpg


今日のめんぱ弁当。

 ・焼き鮭
 ・こんにゃくの煮物
 ・さつまいもの甘露煮
 ・くるみと小魚の佃煮
 ・にんじんとセロリのきんぴら

いつもの見慣れたおかずも
白木のめんぱ弁当に詰めるだけでおいしそうに見えます^^

今月中旬から短期アルバイトに行っています!

9割以上がリピーターさんで始めての人はわずか数人という環境で、
全くの初心者のわたしは、
仕事はついていけるだろうか?
人間関係はうまくやっていけるだろうか?
始めはドキドキでした。

でも、お昼休憩のときにお弁当箱を開くと、
「あ~っ、木のお弁当箱だ!」
同年代の主婦さんたちから次々に声をかけられました。

夕飯の残りものを詰めただけのお弁当なのに
お弁当箱がきっかけでいろんな人と話せるようになり、
めんぱのお弁当箱様々です^^

仕事はひとつひとつに時間がかかってしまうのですが、
「ゆっくりでもいいから基本を覚えてね」
急かされることなく、あたたかく見守っていただいているのが本当にありがたい~。
何度も繰り返すことで、少しずつ要領がわかってきました。

今回のアルバイトは冬休み前までと短い期間だけど、
わたしにできることを精一杯やっていこうと思います^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。



c0293787_14092287.jpg


高1長男のお弁当作りが始まって3か月。
夏休みも部活&補習があるので毎日お弁当を作っています。

4月、お弁当を作り始めたころは、
朝早く起きることも料理も苦手なのに、
高1男子のお弁当はそれなりボリュームが必要で、
慣れない家事に息切れしそうでした。

わたしでも無理なく続けられる方法を模索して

 ・夕食のおかずを多めに作って小分けにして冷凍
 ・週末に常備菜を作る
 ・冷蔵&冷凍の市販品をストック


朝は基本おかずを温め直して詰めるだけのやり方に落ち着き、
10分あれば、余裕を持って準備できるようになりました。

ちなみに長男に好評だったおかずは、

 ・市販のミートボール
 ・鮭の塩焼き(たくさん焼いて冷凍)
 ・小松菜とじゃこの炒め煮(夕食の取り分けを冷凍)
 

凝ったおかずよりも市販品と簡単なおかずのほうが上という。笑。

母としてはちょっと複雑な思いもありますが、
冷凍でも市販品でもアリだと分かり気がラクになりました。

そして、毎日続けていくうちにお弁当作りへの抵抗がなくなり、
気持ちに余裕のあるときだけ、ついでにわたしのお弁当も作るように。
(トップの写真にある白木のめんぱ弁当です)

ときどきでもわたしが自分の弁当を作るなんて…
3か月お弁当を作り続けた一番の収穫は「慣れ」かもしれません。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


c0293787_14475328.jpg


今年もわたしの実家から梅が届きました。


c0293787_14480633.jpg


すぐに梅を洗って仕分け。
傷アリは梅シロップ、傷なしは梅干しに使います。

梅シロップは、
消毒した保存ビンのなかに
ヘタを取った梅と氷砂糖を交互に重ねていくだけ。

少しずつエキスが溶け出してきます。
砂糖が溶けやすくなるよう1日に1回ゆすって、
砂糖がすべて溶けたら出来上がり。
1か月くらいすると飲めるようになります。

ビンの中が少しずつ変化していて、
毎朝様子を見るのが楽しいです^^


c0293787_14475826.jpg


傷なしの梅は黄色くなるまで置いておきます。

だんだんと桃に似た甘い香りが強くなり、
キッチンに立つだけで幸せな気分に~。

梅干しは、熟した梅のヘタを取って、
消毒した容器のなかに梅と塩を重ねていき、
重しをしてからフタをしました。

ところが3日後、フタを開けてみると…
梅酢に浸かる前に梅が茶色く変色~。
ショックで固まってしまいました。

梅の量に対して保存容器が大きかったことや
熟している間に傷んでしまったことが
原因かもしれません。

変色した梅は泣く泣く手放しました。


c0293787_17335809.jpg


無事だった梅はポリ袋で漬けなおしました。

わずか300グラムになってしまいましたが…
無事に梅干しができることを祈ります~。



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。



c0293787_22080665.jpg


半年前に仕込んだ味噌が完成しました☆

▼味噌の仕込みの記事はコチラ▼


c0293787_16541677.jpg


今年は玄米味噌を5キロ分仕込みました。
そのときは白っぽい色でしたが…


c0293787_22075278.jpg


半年経つとこのように茶色くなりました。

もう少し熟成させたほうがいいかなと思いつつ、
試食してみたら大丈夫そうだったので、
これ以上待つことはできないと開けてしまいました。


c0293787_22081201.jpg


早速、具だくさんの豚汁を作りました。
涼しくなってくると、無性に豚汁が食べたくなります。

始めて仕込んだ玄米味噌は米味噌と比べると、
香りは酸味が強く、
味は甘さ控えめでコクがあるような気がするのですが、

子ども達からは
「違いがよく分からない」
と言われてしまいました。笑。

でも、市販のお味噌よりも
手作り味噌のほうがおいしい!!
それはよく分かってくれたようです。
夫も子ども達もモリモリ食べてくれました^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。



c0293787_17113555.jpg


東海地方も今日梅雨入りしたそうです。

ジメジメしているのは苦手ですが、
紫陽花を見るのはこの時期ならではのお楽しみ。
雨に彩る紫陽花の花を見ていると、心がなごみます^^。


c0293787_17111999.jpg


先日、わたしの実家から青梅をもらいました。

ここ数年、実家の梅の実がならなかったので、
お店で購入するつもりだったのですが、
今年はたくさんなったのだそう。

いびつな形だし、傷が多いけど、
無農薬・無消毒で収穫したての青梅。
本当にありがたい~。

そして、わたしの実家の梅というだけで、
ちょっと気合いが入ります^^。


c0293787_17112372.jpg


青梅は洗ったあとに、傷のありなしで仕分けしました。
傷ありは梅シロップに、傷なしは梅干しに使います。

まずは、梅シロップを1.2キロ分作りました。
容器はセラーメイトの取っ手付き密閉びん4リットル用です。

空いている密閉びんがひとつしかないので、
1キロ×2袋は冷凍保存。
梅シロップができあがったら、また作るつもりです。

傷のない青梅は、
黄色くなるまでしばらく置いておいてから、
梅干しを仕込みます。

梅仕事はそれなりに手間もかかるけど、
梅のさわやかな香りに包まれながら手を動かしているひとときは、
この季節ならではの喜びを味わえる時間でもあるなぁと思います。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。



c0293787_16515358.jpg


味噌の仕込みをしました。

去年、あまりにも簡単に仕込みができ、
できあがった味噌がおいしいことから、
今年も、去年と同じカンタン手作り味噌セットを予約注文しました。

▼こちらのお店で購入しました▼
【手作り味噌 材料の専門店 鈴木こうじ店】

大豆が蒸してつぶして粗塩を混ぜ合わせてあるので、
届いたら麹と混ぜ合わせるだけで、
手軽に味噌を仕込むことができます。

今年は去年から気になっていた玄米みそにしてみました。


c0293787_16531005.jpg


あらかじめ休みのときに届くように予約し、
届いてすぐに仕込みを開始しました。

麹をほぐして、つぶし大豆とよく混ぜ合わせます。


c0293787_16534215.jpg


味噌玉を作って、容器のなかに空気が入らないように入れていきます。


c0293787_16541677.jpg


表面をきれいに整えて、
空気が触れないようにラップをします。

5キロ分で作業時間は1時間ほど。
大豆を水に浸すところから始めていたときと比べると本当に簡単!!
つぶし大豆の手軽さを覚えてしまったら、もう戻れません。笑。


c0293787_16562517.jpg


味噌は野田琺瑯のラウンドストッカーに入れて、
キッチンカウンターの最下段へ。

ここは、重くてあまり動かすことのない保存食の置き場所になっています。
好きな容器に入れているので、出しっぱなしでも気になりません。

玄米味噌、どんな味に仕上がるのか楽しみです。
おいしい味噌になりますように^^。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。