人気ブログランキング |

カテゴリ:  モノの選び方( 11 )

c0293787_1343054.jpg

10月に入り,衣替えの時期ですね。
子どもたちの衣類整理をしました。

まずはすべてのモノを出し,衣類の見直し。
この夏グ~ンと背が伸びた長女と次女はサイズアウトした服がいっぱい!!
特に次女は縦だけでなく横にもすくすくと大きくなったので,春に着ていた服のほとんどがサイズアウトに。
サイズアウトした長女の秋服は,次女へのお下がりとして保管。次女の秋服は,お友達に回します。


さて,子どもの服。
子どもたちが大きくなった今,お下がりを頂くこともなくなり服を購入しています。
子ども服といえどもある程度数は必要,かといってすぐにサイズアウトしてしまうのでできるだけお金はかけたくない。

そこで,子どもの服は適正量を決めるという方法を取っています。
適正量とは,家庭のライフスタイルにあった必要なモノの量のこと。
子どもが学校&保育園に行くのが週5日であることから,
夏・冬・通年それぞれ5セットをベースにして,持つモノの量を決めてみました。

 ・子ども服 上下 5セット
 ・薄手のアウター 1着
 ・厚手のアウター 1着
 ・下着 靴下 5セット
 ・パジャマ 2セット


しばらく試してみた結果,この数で十分だということが分かりました。
ただ,まだ汚して着替えることの多い次女だけは例外。
洗い替え用に+2セット,そして保育園のお着替え用に+1セット,合計8セット用意しています。 


この5セットの中に,必ず黒っぽくて少しきちんとした服を1セット入れておきます。
過去に,何度か子どもを連れて通夜に参列する機会が。突然のことだったので黒い服を買いに走る時間もなく,困ってしまったのです…。
以来,子ども服でも黒い服を用意するように。
2ヶ月前の母の葬儀のときも,突然のことで余裕が全くなかっただけに,用意する手間がないというだけで本当に助かりました~!!

このやり方にしてからは,子ども服の管理がとてもラクに。
モノの数が明確なので,どれだけ買い足せばいいのかがはっきり分かり,買い物の計画がしやすくなりました。
また,5セットしかないので,少しでもコーディネートの幅が広がるようにと慎重に買い物するように。
モノの回転がとても良くなり,死蔵品がなくなりました。

もっと大きくなったら5セットとはいかなくなる時が来るかもしれませんが…
その時には,自分で自分のモノを管理できるようになっているかな?

 

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。