カテゴリ:  子どもとお片づけ( 17 )

c0293787_21475819.jpg


今年に入ってから
「LINEがやりたい!」
と言い始めた長女。

そのころは機種変更して空いていたiPhoneを
Wi-Fiがつながる自宅のみで使わせていました。

ただLINEとなると、
親の目の届かないところで知らない人とコミュニケーションを取りそうで心配…。
長女のiPhoneではなく
わたしのスマホでやることを条件にLINEを許可しました。

小学校を卒業し、春休みに入ったと同時にLINEデビュー。
長女の友だちも同じタイミングで始めたこともあり、
フィーバーぶりがすごかった…。

長女が22時に寝てからもメッセージがどんどん入り、
朝起きると未読の数字が4桁越えの日も。

わたしが家にいるときは長女にスマホを取られてしまうし、
未読が多すぎて、わたし宛てのメッセージを見落とすこともあるし、
「いつまでこれが続くのだろう~」
うんざりしていました。

ところが、中学校に入学してクラスのグループラインが始まってからは
「夜9時半以降はグループラインはやらない」
子どもたちで話し合ってルールを決めて、ちゃんと守るようになりました。

また、使っていくうちにほとぼりが冷めてきたようで、
始めのときと比べると、自分から積極的に送ることが減ってきました。

ようやく落ち着いてきたと安心していたら、次は
「自分のiPhoneでLINEをやりたい」
と言い出しました。
やっぱりそうきたか…。

心配ではあったけど、
やみくもにダメと言うのもどうかと思い、
子どもが直接知っている人とだけやりとりすることを条件にOKすることに。

LINEをインストールするときは
知らない人の友だち追加や個人情報の流出を防止するために

 ・年齢認証をしない(18才未満扱いになる) 
 ・LINEの設定で連絡先をOFF
 ・IDで友だち追加を許可をOFF
 ・カメラ位置情報サービスをOFF

を設定しました。


c0293787_21481071.jpg


そして、設定だけではなく運用面でも気をつけなくてはなりません。

親子で使うときのルールを話し合い。
こちらの要望を伝えてから、
ちゃんと守れるように長女にルールを3つ決めてもらいました。

 1 9時15分前にはリビングにおく
 2 外出先では使えないことの文句は言わない
 3 パパとママがいつでも見れる状態にしておく

パッと目に入るキッチンの壁に紙を貼りました。


c0293787_21482361.jpg


自分のiPhoneでLINEをやるようになった長女。

「好きなアイコンに変えれる!」
「ママがいないときでも使える!」
「やっとツムツムができる!」

それはそれは嬉しそう。笑。

1か月が経ちましたが、今のところ何も問題はありません。
ルールも守れていて夜9時15分になると指定席に置かれています。

わたしが中学生のころはスマホどころかポケベルさえもなかった時代。
子どもを取り巻く環境が違いすぎて、
どうしていいのか分からないことも多く、
スマホの関わり方に日々悩ませています。

これからもいろんな悩みやトラブルが出てくるだろうけど、
そのつど話し合いをしていくしかないのかなと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


[PR]

c0293787_10403075.jpg


中1の長女は、2学期の中間テスト期間の真っ最中で
毎日テスト勉強をしています。

学習に関しては学校でテスト勉強の進め方を教えてくれることもあり、
わたしはノータッチで子ども自身の管理に任せ、様子を見守っています。

1学期の期末テストでは
「計画通りに勉強を進められなかった~!」
となげいていましたが、
失敗した経験を通して、長女なりにいろいろ考えて工夫しているようです。


c0293787_10455737.jpg


2学期に入ってから、100均のホワイトボートを机にそばに置いて
その日の勉強スケジュールを書くようになりました。

以前はふせんに書いていたのですが、
ふせんだと小さくてなくしてしまうことがあり、
ホワイトボートを試してみることにしたのだとか。

書いて消せるところが便利だし、
大きくてパッと目に入るので、
「テスト勉強しなくちゃ!」
と思えるのだそう。

また、勉強を始めるときと終わるときを
アラーム設定するようになりました。

ちなみに中1になっても長女の就寝時間は22時。
「寝るのはやっ!!」
と長女の友達から言われているそうですが、
睡眠時間を削るとペースが崩れるからと
「寝る時間は絶対に削らないっ!」
テスト週間でも8時間睡眠は変わりません。

まぁ、学習時間を確保していても
学習内容を理解しているかどうかは別問題なんですけどね…。笑。
やり方を変えたことで勉強がスムーズに進むようになったようです。

わたしはギリギリになってから睡眠時間を削ってやるタイプだったので、
大切な時間はキープしつつ時間の使い方を工夫しているところは
「すごいなぁ」
親バカながら感心してしまいました^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


[PR]

c0293787_16415163.jpg


わが家の小6の長女。
毎日運動会と金管クラブのドリル演奏の練習が続き、
「つかれた~っ!!」
と言いながら帰宅しています。

ただ、どんなに疲れて帰ってきても、
帰宅後すぐに宿題&翌日の準備を済ませてから、
のんびりくつろぐというリズムが崩れることはなく…

わたしは面倒なことは先延ばしにするタイプだったので、
親バカながら、
長女のこういうところはえらいなぁと思います。
誰に似たのだろう?笑。

「宿題は1分1秒でも早く終わらせたい!!」
という長女。
宿題をサッとやれるようにある工夫をしていると教えてくれました。


c0293787_16414256.jpg


学校で教科書やノートをランドセルにしまうときに、
ノートやドリルの宿題のページを開いて、
挟んでいるのだそう。


c0293787_16414769.jpg


さらに、宿題で使わないもの、連絡袋、宿題で使うものと
ランドセルにしまう順番を決めているのだとか。

宿題をやる前に、
ランドセルの中からノートやドリルを探したり、
ノートをパラパラめくって探すことが面倒に感じて、
もっとラクにできる方法を長女なりに考えたのだそうです。

たしかにこうしておけば、
スムーズに宿題をやることができます。

宿題のノートの字の汚さに、
思わずつっこみを入れたくなりましたが…
長女のアイデアに「へぇ~」と感心してしまいました。

自分でいろいろ考えて行動に移しているのだなと、
長女の成長を嬉しく思っている母でした^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


c0293787_14010689.jpg


夏休み中の長女の部屋。
長女のリクエストに応えて、模様替えをしたときの様子です。

そのときの記事はコチラ
 
【子ども部屋にウォールステッカー】
 【子ども部屋のインテリア・くつろぎスペース】



c0293787_14094420.jpg


模様替えから2ヶ月が経った今の様子がこちら。

見た目は大きくは変わっていませんが…

今までの長女の部屋は、リセットしても、
しばらくすると、モノがあふれて、汚れてしまうを繰り返していたのに、
それなりにきれいな状態を維持できています。
こんなこと始めてかも~^^。

どうやら模様替えした直後に遊びにきたお友達から、
「きれい~」とほめてもらえたのが、かなり嬉しかったよう。
長女なりに、きれいな部屋を維持できるように考えたみたいです。

それまでは、使わないモノは、処分の仕方が分からず、
部屋の片隅に起きっぱなしになることが多かったのですが、
どうしたらいいのか?相談してくれるようになりました。

そして、わたしや家族が何も言わなくても、
自分から、掃除機をかけたり、机を拭いたりと、掃除をするように~!!

始めて長女の部屋から掃除機の音が聞こえたときは、
それはもうビックリで、

「部屋、すっごくきれいになったね!!」

大げさなくらいほめまくりました。

ほめると、すぐに乗ってくれる素直な長女。笑。
それから、週末になると掃除機をかけるようになりました。

おかげで、母は、掃除が少しラクに。
少しでも長く続くことを期待しています^^。


c0293787_14130346.jpg


インテリアにも興味を持ち始めた長女。
部屋のあちこちに、手持ちのモノでデコレーションするように。
原状回復できるように、マスキングテープなどを使っているのだとか。

「見て、見て~」
と報告してくれる長女はとても楽しそうです。

突っ込みどころ満載のデコレーションですが、
自分の部屋を好きなようにあれこれやってみる楽しさはよ~く分かっているつもり。
しばらくの間、あたたかく見守っていこうと、自分に言い聞かせています^^。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


シルバーウィーク、いいお天気が続きましたね。

わが家では、義弟のお家に3人目の赤ちゃんが誕生~!!
5才の姪っ子と2才の甥っ子と一緒に過ごす時間が増え、
にぎやかな毎日を過ごしていました^^。

特に、8才の次女と2才の甥っ子。
少し年が離れているけど、次女の発達がゆっくりなのもあるのか、
いつも2人で仲良く楽しそうに遊んでいます。


c0293787_16580643.jpg


そんな2人が遊んでいるところがコチラ。
和室の押し入れにある次女コーナー。


c0293787_16582504.jpg


オープン棚の一番下には、100円ショップの白いケースを4つ並べて、
オモチャを収納しています。



c0293787_07524283.jpg


おもちゃのラベリングは、
次女でも分かるようにと、写真+文字で。
プリンターで印刷した写真を、両面テープで貼っています。

今までは、ケースの正面1カ所だけにラベリングしていましたが、
次女と甥っ子の遊ぶ様子から、ちょっとだけ変更。



c0293787_07542348.jpg


ケースの底にも、同じラベリングを追加してみました。

次女と甥っ子と義弟が一緒に片付けるとき、
空の状態のケースに、オモチャを分類することなく、
上からオモチャをポイポイと投げ入れていた様子から、
しまうときは、ケースの底にラベルがあったほうがわかりやすいかな?と思ったのです。

甥っ子は2才だし、ケースに入れてくれるだけでも十分なのですけどね^^。
そのうちにラベルの意味に気づいて、分類できるようになるといいな~と期待しています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_14312084.jpg


一学期の終業式が終わり、いよいよ夏休み!!

まずは、夏休みの家族5人のスケジュール表作り。
夏休み中の予定が書かれたプリントを集めて、ひとつの表にまとめました。

長男だけでなく長女も部活動が始まり、
3人の子どもたちのやることがバラバラになってきましたが、
この表を見ることでスケジュールが一目瞭然に。
自分だけでなく、家族のスケジュールも把握しやすくなりました。

また、子どもたちの予定は内容ごとに色分けしたことで、
どの部活や習い事がどれだけあるのかも分かるようにしました。

中学校で2つの部活をかけもちしている長男は、
夏休みはたっぷりと時間があると思っていたけど、
2つ目の部活の活動時間が予想以上に多く、フリーな時間は少ないと気がついたよう。
慌てて夏休みの課題に取り組み始めました。

長男は一気にものごとを進める傾向が強く、
この数日間集中して取り組み、5教科のうち4教科の課題を終わらせてしまいました…。



c0293787_16160876.png


さらに、長女には夏休みの宿題チェック表を作りました。

まずは、学校のプリントに書いてある宿題の内容を、できる限り細分化。
ドリルなら1ページを、日誌なら1日分を1マスにして、終わったらチェックをつけます。

また、小学校の宿題は締め切りが3回に分かれるので、同じ締め切りのモノ同士をまとめ、
締め切り日も同時に管理できるようにしました。

この表さえ見れば、宿題の進み具合が親子で分かるようになるはず。



c0293787_16391365.jpg


4年生になり、宿題の量がぐ~んと増えた長女。
長女なりに考え、1ヶ月ほど前からできたものにはノートにマーキングするように。
これで、宿題や持ち物を忘れることがなくなったのだそう。
字の汚さはともかくとして。長女にはブログの掲載許可は取りました~。笑。

そんな長女のやり方を夏休みの宿題に応用してみると、
夏休みの宿題も取り組みやすくなるかな?
そう思い、長女と一緒にチェック表を作ってみました。
完成したチェック表を見て、やっぱり宿題が多い~!!と改めて感じたようです。

毎日少しずつコツコツとものごとを進めていくことが多い長女。
項目の数を日数で割ると、1日5つチェックしないと終わらない計算になりました。
始業式の少し前には全部終わらせたいと、1日7つチェックできるように進めてみると決めていました。

このやり方で、わたしもできるだけ口を出さずに、見守っていけたらと思っています^^。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
中1の長男、小4の長女、小2の次女。

すっかり大きくなったわが家の子ども達ですが、

 玄関で靴をそろえること

これがなかなか難しい~!!
はずかしながら、玄関はいつも脱ぎっぱなしの靴があちこちに飛んでいる状態…。
注意するものの、定着することはなく、
しぶしぶわたしが靴をそろえていました。

そんなとき、大人気ブロガーOURHOMEのEmiさんの記事がとても参考になったので、
わが家も取り入れてみることに。

 Emiさんのブログ記事はコチラ → 【子どもが靴を揃えました〜!レポート。】



c0293787_16170088.jpg


こんな感じで、玄関に靴の形のシートを貼ってみました~。

シートは、フットカバーを購入したときについていた白い厚紙です。
ずれないように、裏に粘着力の弱いタイプの両面テープを貼りました。

Emiさんは、靴の絵を描いた紙入れたクリアファイルを玄関に設置という
どこの家にもありそうなモノで手軽にできるやり方を紹介していましたが、
わが家の場合、次女がクリアファイルの上に乗って滑りそうだったので、
たまたま購入したフットカバーの厚紙で試してみることに。
ちなみに…フットカバーは2足しか買っていないので、シートも2足分しかありません。笑。

これなら汚れても全然気にならないし、
いつもなら紙ゴミ行きモノを、こうして再利用するとちょっと得した気分!!



c0293787_16481820.jpg


子どもたちの帰宅後。
こうして見ると、ずいぶんと靴が汚れていますね…汚い靴ですみません。

こっそり玄関を見に行くと、ご覧の通り。
何も言わなくても、ちゃんと靴を揃えていました~!!
思いっきりほめると、長男にはスルーされましたが、長女と次女は得意げな顔で喜んでいました。

試してみてから3週間。

長男は1度しか揃えてくれませんでしたが、
長女と次女は、完璧とはいかないもののずいぶんとそろえれるようになってきました。
次女にいたっては、脱ぎ散らかっている長男の靴までそろえてくれることも。
そして、毎週のようにわが家に遊びにくる5歳の姪っ子もちゃんとそろえてくれています。

やはり小さい子どものほうがすんなりと受け入れてくれるのかな~と思いきや、
よく遊びに来る長男のお友達も靴をそろえる子が増えました~。
何も言われなくても、シートがあることで靴を揃えなくてはと思ってくれたのかな?

小さな工夫で、子どもたちの行動に変化があると嬉しくなります!!

長男はともかくとして。笑。
靴を揃えることが習慣化していくといいな~と思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
春休みが終わり,新学期が始まってから1週間。
子どもたちも私も新しい生活に少しずつ慣れてきました。
今さらなんですが…春休みにやった長男の部屋のお片付けの続きをアップさせていただきますね。

 前回の記事はコチラ → 【子ども部屋のお片付け(長男・小五)】

c0293787_10341864.jpg

春休みの始めのころの様子。
狭いスペースに学童用品や長男のモノが押し込まれています。

c0293787_10351926.jpg

前回からさらにお片付けしたあとの様子。

c0293787_10385174.jpg

ユニット棚の上の2段をお片付け。必要なモノだけを残し,モノの収納を見直しました。

一番大きなところでは,棚の左上の部分。
これは残しておくと言い続けていた鉄道模型の空き箱,今回はあっさりと手放していました。

そして,空いたスペースに今まで置き場所がなかった鉄道関連グッズを置くことに。
無印良品のポリプロピレンキャリーボックス・ロック付・大に入れています。
ユニット棚も無印良品のモノなので,気持ちよくピッタリと収まりました。

c0293787_10474237.png

使いにくいと言っていた教科書収納も見直し。

今までは無印良品のスタンドファイルボックスに収納していました。
スタンドファイルボックスは収まりや見た目はいいのですが,教科書を取り出すときに一度教科書を上に持ち上げてから手前に持ってこなくてはいけません。
この教科書を持ち上げるときに,いつも棚の上段にあたってしまい取り出しにくいと感じていたようです。

そこでスチロール仕切りスタンドに変更することに。

c0293787_10542786.jpg

教科書を手前に持ってくるだけになったので,取り出しやすく,収めやすくなりました。
高学年になり教科書やファイルがどんどん増えているので,これで足りるかな~とも思いましたが,今のところ大丈夫そう。
しばらくこれで様子を見てみます。

そして,入学したのにまだ手つかずだった次女コーナー。
注文したモノがようやく到着しました。
これから次女の学童用品コーナーを作ります!!


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
小学生も春休みに入りました。
長期の休みに入ったすぐに,子どもと一緒に子ども部屋のお片付けをするようにしています。

c0293787_6473118.jpg

こちらは4月から6年生になる長男の部屋。
たった2畳のスペースに机と大きな棚を置いているので狭かったのに,仮住まい中の今はさらに夫の机も置いているので椅子に座るのも,写真を撮るのも一苦労。笑。

ちなみに去年の6月はこんな状態でした。 → 【子ども部屋の整理収納 Before → After  (長男・小五)】  

c0293787_6561385.jpg

机の上は比較的きれいですが,
一年分の教科書やノート,学校から持ち帰った学童用品が棚に押し込まれています。

最近では,ほぼ一人でお片付けができるようになってきた長男。
私が声かけしたあとは, 不要なモノを取り除き,必要なモノ・好きなモノを選ぶことから必要なモノをグループ分けするを一人でやっていました。

c0293787_713391.jpg

学校用品を片付き,机の周りと棚の中段がすっきり。

c0293787_716032.jpg

不要になった教科書とノートの山。
5年生にもなると教科書やノートの量もずいぶんと増えてきますね。これから学年が上がるにつれてどんどん増えていくのだろうなぁ。

c0293787_7182074.jpg

残っているのは6年生になっても使うモノだけ。
教科書とノートが入れにくいというので,ここの収納は見直しをする予定。

c0293787_7203573.jpg

机の前のコルクボード。
必要なものだけにしたらさっぱりしました。

小さなころから自分の好きなことがはっきりしている長男。
こだわりが強すぎて手を焼くことも少なくありませんが,
自分の価値観が明確なためかモノを選び取る作業が早い。
今回は20分ほどでこんな状態になりました。

一区切りついて満足したようで,残りは後日やることになりました。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_1036688.jpg

トップページは,次女の作ったおひなさま。
おひなさまの日に保育園から持ち帰ったモノです。
形はいびつですが,母親の私からすれば親バカですがとっても愛おしい作品。さっそくリビングに飾りました。

おひなさまの日はささやかに家族でお祝い,ちらし寿司とはまぐりのお吸い物を頂きました。
こうして節目の日に我が子の成長を祝えるのは嬉しいですね。

さて,わが家の次女,はさみの練習を始めたのは5歳を過ぎてから。
次女の診断名は「右片マヒ」ですが,実は左手にも軽いマヒがあります。そのため,細かい動作や力加減の調整をするのが苦手。

c0293787_1052027.png
画像をお借りしています。 

なので,ハサミはこんなタイプのものを用意しました。
長谷川刃物のCasta(カスタ)。色はホワイト・水色・緑・ピンクの4色あります。 
利き手がどちらでも大丈夫なデザイン,中にバネが入っていて握力の弱い人でも使いやすい仕様になっています。

作業療法士さんに情報をもらったものの,このハサミの正式名称が分からないためネットで調べることができず…。
あちこちの文房具売り場を探し回って,東急ハンズでようやく見つけました~。

両手が使える私たちでもどんな道具を選ぶのかはとても重要ですが,
障がいのある次女にとっては,道具ひとつの影響って本当に大きい!!

ごく一般的なハサミを渡したときには,すぐにできないって諦めてしまった次女。
このハサミを渡したら,自分でもハサミで紙が切れることを発見しました。
そのときの次女の嬉しそうな顔ったら!!
水を得た魚のように,無我夢中でハサミで紙を切っていました。
それからというもの,ハサミを使うことが大好きになり,家でも保育園でもハサミをやりたがるようになりました。

トップページのおひなさまは次女が自分で作ったモノ。
もちろん片手が使えないので,保育園の先生に介助してもらいながら作ったのですが,
こんなに細かい作業ができるようになったんだと感激してしまいました。

障がいがあるからできないではなく,
障がいがあってもできることはたくさんある!!

「自分でできた」という体験が自信になり,新たなことへのチャレンジに挑戦しようという意欲へと繋がっていきます。
障がいがあることで成功体験が獲得しにくいですが、ハードルを低く低くすることで小さな成功体験を獲得することはできるはず!!
次女にもたくさん成功体験を重ねていってほしい。
そのためにも環境作りをがんばっっていこうと思っています。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]