人気ブログランキング |

2019年 08月 13日 ( 1 )

c0293787_16463114.jpg


去年の秋、開墾した10㎡のスペースに
低木と宿根草の苗を40株ほど植えました。

こんなにもたくさんの苗を一度に植えたのは始めて。
知識も経験も少なく悩みながらも
植栽プランを考えるのはすごく楽しかったです!

▼関連の記事はコチラ▼

年を越して迎えた初夏。
一年目の庭でもそれなりにボリュームが出てきたのが嬉しく、
時間を作っては庭に出ていました。


c0293787_16530020.jpg


盛夏の今は…
グリーンの面積が減り、地面が見えてスカスカに。


c0293787_17265574.jpg


違う角度から見ると、地面が目立ちます。笑。

ルメックスとエリンジュームとスティパのように
花後に短く切り戻したものもあるけど、
うまく育たなかったり、枯れてしまった植物もチラホラ…。

ここは植えかえの手間を減らすことを優先して、
植えっぱなしにできる低木と宿根草のみで構成、
夏に花が少なくなることは想定していました。

でも、ここまでスカスカになるとは思っていなくて…
ちょっとさみしい。


c0293787_17001910.jpg


梅雨の長雨で弱ってしまったユーフォルビア ウルフェニー。

腐ってしまった茎をカットして、
元気なところは残したのですが、
茶色く変色してしおれてしまいました…(>_<)


c0293787_17021041.jpg


ロシアンセージは、
今年6月に別の場所に植えた子は花が咲いたのに、
去年の秋に植えたこの子たちは花が咲かずヒョロヒョロ。

環境が合っていないのかも。
秋になったら別の場所に植え替えてみます。


c0293787_16575083.jpg


ジギタリスも枯れてしまいました。

「温暖地では半日陰でも夏越しが難しく一年草扱い」
育て方にはそう書かれていますが、

ご近所さんのお庭では去年も夏越しできていたので、
「ダメもとで試してみよう~」
花後も抜かずにそのままにしておいてみたら…

梅雨明け後の猛暑で7株が一気にやられてしまいました。


c0293787_17050076.jpg


ところが!
同じジキタリスでも夏を耐えている子も!

残っている4株のうち、
2株はしおれてきて夏越しがきびしそうだけど、

落葉樹の真下のこの2株は今もしゃんとしていて、
ひょっとしたら夏越しできるかも…
と淡い期待を抱いています。


c0293787_17091604.jpg


過去に何度も夏に枯らしたブルネラ ‘ジャックフロスト’。

虫食いだらけだけど新葉も出ていて、
この調子なら夏越しできそうです。

「春に咲くものは前年の秋に植え、
寒さにあたって越冬したほうが夏越ししやすい」
と知り、はじめて秋に植えました。

今回は同じブルネラとは思えないほど夏でもしっかりしていて、
植える時期も大事なんだと実感しています。


梅雨の長雨のあとすぐの猛暑日続きは
ひよっこガーデナーには厳しく、
一年目の植栽スペースは失敗ばかりだけど、
失敗も含めて経験値を増やせたのはよかったかも。

来年の夏は今年よりもグリーンの面積を増やして
レベルアップしていきたいです!

そのまえに今年の夏の水やりとお手入れをがんばります~^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ  
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。