人気ブログランキング |

2018年 10月 24日 ( 1 )


このごろ次女が情緒不安定で、
小学校に送っていくときにかんしゃくを起こしたり、
泣き叫ぶことが増えてきました。

行ってしまえば落ち着いて過ごしているようだし、
帰宅すると「今日は○○したよ」と笑顔で教えてくれるので
様子を見守っていれば大丈夫だと思っているのですが、
次女のあまりの暴れっぷりに朝からド~ンと気持ちが沈むことも…。

3兄妹のなかでも、障がいのある次女の子育ては分からないことだらけ。
ひとつのことを習得するにも根気と時間がかかるし、
どうしていいのか分からずに悩むことも多いです。

以前は、どんどん沈んで浮上するのに時間がかかったけど、
わたしが落ち込むと次女はより不安定になるし、
落ち込んでいるだけでは何も変わらないと気づいてからは
気持ちを切り替えるために小さな行動を起こせるようになりました。

やっていることはいつも同じ。
短時間ですぐにできることばかりです。


c0293787_13092198.jpg


1 窓を開ける

気持ちが沈んでいるときは、家のなかの空気もどんよりとしています。
窓を開けて、新鮮な空気に入れかえると、
背筋をピンッとのばしたくなり、気持ちがしゃっきりとします。


c0293787_13095397.jpg


2 プチ掃除をする

よく目にするところを引き出しひとつぶんだけ、
すきま時間ですぐにできるプチ掃除をします。

掃除のいいところはきれいが目で分かること。
たった5分の掃除で小さな達成感とスッキリが得られます。


c0293787_13094246.jpg


3 植物に触れる

庭の宿根草のお手入れ、草抜き、インテリアグリーンの葉のホコリ取り。
家族から見たら面倒と思われる時間でも、
わたしにとっては癒しの時間!
ほんの少しでも植物に触れると気持ちが安らぎます^^

沈んだときほど面倒で何もしたくなくなりますが、
無理なくできる簡単なことをひとつだけでも
「やる」ことで何かしら気持ちの変化がでてきて、
自分の笑顔へつながっていくと感じています^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。