マンガと文庫本の収納@長女の部屋

c0293787_20502022.jpeg


夏休みに長女の部屋の収納を見直しました。

中1の長女。
成長とともに持ち物がどんどん変わっています。

中学生になってからは

 ・教科書や教材
 ・ファッション雑誌と付録
 ・マンガと文庫本

がどんどん増えているのに
収納が対応しておらず、行き場のないモノがあちこちに散乱。
長女から何とかしてほしいと頼まれていました。


c0293787_20482792.jpeg


まずは、1番量が多いマンガと文庫本の収納場所を変えることに。

ラグに座りながらマンガを読みたいという長女の希望で、
ラグの近くに置ける大きさの収納用品を検討。

 ・奥行き20センチ
 ・圧迫感のない高さ(60~70センチ)
 ・マンガがすべて収まるサイズ
 ・色はホワイト


マンガ用の本棚はたくさんあるけど、
高さが低いモノはなかなか見つからず…

キャスター付きの押入収納ボックスを
キャスターと取っ手をつけずに本棚として使うことにしました!

▼コチラを購入しました▼
【押入れ収納ボックス マックス〔幅20cm〕】

いつもは宅急便が届いても気にも留めない長女ですが、
収納ボックスが届いたときは、
けっこう重たいはずなのにはりきって自室に運んでいました^^


c0293787_20484246.jpeg


長女とわたしの二人で
40分ほどで組み立てることができました。

3段にコミックと文庫本がピッタリ!
きれいに収まると気持ちがいいですね。

ちなみに長女が1番大好きなマンガは「ちはやふる」
勧められてわたしも読んでみたら、
あまりのおもしろさにはまってしまいました^^


c0293787_20502022.jpeg


長女の部屋のくつろぎコーナーがバージョンアップ!

「いい感じ~♪」
長女に喜んでもらえると嬉しいですね。
やった甲斐がありました^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


[PR]
by ohisamacafe339 | 2018-08-31 23:00 |   キッズスペース | Comments(0)