梅仕事(梅シロップと、梅干し作りの失敗)

c0293787_14475328.jpg


今年もわたしの実家から梅が届きました。


c0293787_14480633.jpg


すぐに梅を洗って仕分け。
傷アリは梅シロップ、傷なしは梅干しに使います。

梅シロップは、
消毒した保存ビンのなかに
ヘタを取った梅と氷砂糖を交互に重ねていくだけ。

少しずつエキスが溶け出してきます。
砂糖が溶けやすくなるよう1日に1回ゆすって、
砂糖がすべて溶けたら出来上がり。
1か月くらいすると飲めるようになります。

ビンの中が少しずつ変化していて、
毎朝様子を見るのが楽しいです^^


c0293787_14475826.jpg


傷なしの梅は黄色くなるまで置いておきます。

だんだんと桃に似た甘い香りが強くなり、
キッチンに立つだけで幸せな気分に~。

梅干しは、熟した梅のヘタを取って、
消毒した容器のなかに梅と塩を重ねていき、
重しをしてからフタをしました。

ところが3日後、フタを開けてみると…
梅酢に浸かる前に梅が茶色く変色~。
ショックで固まってしまいました。

梅の量に対して保存容器が大きかったことや
熟している間に傷んでしまったことが
原因かもしれません。

変色した梅は泣く泣く手放しました。


c0293787_17335809.jpg


無事だった梅はポリ袋で漬けなおしました。

わずか300グラムになってしまいましたが…
無事に梅干しができることを祈ります~。



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ   
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


[PR]
by ohisamacafe339 | 2018-06-13 15:00 |   料理・お菓子作りと保存食 | Comments(0)