母が愛用した本と思い出の味


みなさんの思い出の味はなんですか?

わたしは小さいころ母がおやつに作ってくれたキャロットケーキです。
何度食べてもあきない素朴な味で、
よく母にリクエストして焼いてもらった記憶が残っています。

数年前、11年間の闘病生活の末に亡くなった母。

遺品整理をしていたときに、
キャロットケーキのことを思いだし、
無性にあの味が食べたくなりました。

「この本の作り方が一番おいしい」

そう母が言っていたお気に入りのレシピ本は、
たしか表紙にケーキの写真とNHKと書いてあったような…?
かすかな記憶を頼りに母の本棚を探してみたけど、
見つけることはできませんでした。

その後、ネットや図書館で調べても本の情報は得られず、
いろいろなキャロットケーキを作ってみたものの求めている味ではなく…
もう無理かなとあきらめかけていました。

ところが、少し前のある日のこと。
なにげなくTVを見ていたら、
ふと「もりやまさちこ」というキーワードが頭の中に浮かんできました。

必死になって調べていたときは、
肝心の著者名が全く思い出せなかったのに、
不思議なことに突然フッと思い出したのです。

著書名から本を調べてみると…
すぐに見つけることができました!


c0293787_15451364.jpg


お菓子研究家・森山サチ子さんの「NHKきょうの料理 洋菓子」
昭和50年に出版された本です。

図書館には置いていなかったけど、
中古本を手に入れることができました。

本を開くと、キャロットケーキはもちろん、
ほかのお菓子のところも見覚えがありました。
この本に間違いない!


c0293787_15452271.jpg


早速キャロットケーキを作りました。

わが家は砂糖にてんさい糖を使っているので、
当時の母の味に少しでも近づけたいと義母に上白糖を借りて。笑。

焼いているときのケーキの匂いをかいだ瞬間、
「あぁ、この香りだ~!」
まるでタイムスリップしたかのように
小さいときの記憶が一気によみがえりました。

食べてみると、母が作ってくれたあの味にそっくり。
一口一口ゆっくりとかみしめるように味わいました…。

このキャロットケーキを作ってみて、
すいぶんと工程の多いケーキだと知りました。

昔の母は仕事や親戚付き合いで忙しかっただろうに
こんな手の込んだケーキを作ってくれていたのだなと、
懐かしさと共に感謝の気持ちでいっぱいに。

いろんな記憶や感情があふれてきて、
まだ頭の中の整理ができていないのですが、
これから生きていくうえでの心のエネルギーをもらったような…
そんな気がしてなりません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。


[PR]
by ohisamacafe339 | 2018-02-25 23:00 |   自分と家族のこと | Comments(2)
Commented by naoco at 2018-03-03 07:34 x
お母さんの思い出の味との再会、うれしいね!!きっと空のお母さんや神様が思い出させてくれたんだね☆こんなふうに、日々作るおやつが子供たちの記憶に残ってくれたらうれしいな^ ^
Commented by ohisamacafe339 at 2018-03-03 22:01
naoちゃんへ
こんばんは☆
本を探していたときは著書名を全く思い出せなかったのに…ふと頭の中に浮かんできて、不思議なことってあるものだなと思ったよ!
naoちゃんが作るおいしそうなお菓子を見ると、わたしも作りたくなります^^
ほんとだね~、子どもたちの記憶に残ってくれたら…嬉しいね!