味噌の仕込みと、保存容器の置き場所


c0293787_16515358.jpg


味噌の仕込みをしました。

去年、あまりにも簡単に仕込みができ、
できあがった味噌がおいしいことから、
今年も、去年と同じカンタン手作り味噌セットを予約注文しました。

▼こちらのお店で購入しました▼
【手作り味噌 材料の専門店 鈴木こうじ店】

大豆が蒸してつぶして粗塩を混ぜ合わせてあるので、
届いたら麹と混ぜ合わせるだけで、
手軽に味噌を仕込むことができます。

今年は去年から気になっていた玄米みそにしてみました。


c0293787_16531005.jpg


あらかじめ休みのときに届くように予約し、
届いてすぐに仕込みを開始しました。

麹をほぐして、つぶし大豆とよく混ぜ合わせます。


c0293787_16534215.jpg


味噌玉を作って、容器のなかに空気が入らないように入れていきます。


c0293787_16541677.jpg


表面をきれいに整えて、
空気が触れないようにラップをします。

5キロ分で作業時間は1時間ほど。
大豆を水に浸すところから始めていたときと比べると本当に簡単!!
つぶし大豆の手軽さを覚えてしまったら、もう戻れません。笑。


c0293787_16562517.jpg


味噌は野田琺瑯のラウンドストッカーに入れて、
キッチンカウンターの最下段へ。

ここは、重くてあまり動かすことのない保存食の置き場所になっています。
好きな容器に入れているので、出しっぱなしでも気になりません。

玄米味噌、どんな味に仕上がるのか楽しみです。
おいしい味噌になりますように^^。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
by ohisamacafe339 | 2017-03-07 22:00 |   料理・お菓子作りと保存食 | Comments(0)