人気ブログランキング |

紫陽花のドライフラワー作り


c0293787_14305029.jpg


先日、紫陽花のドライフラワー作りに挑戦しました。

今年は、毎年作っている紫陽花・アナベルに加えて、
もう1種類の紫陽花のドライフラワーも作ってみることに。


c0293787_14320337.jpg


まずは、紫陽花のなかでも
ドライフラワーに向いているといわれているアナベル。

初心者のわたしでも
成功率が高いというありがたい紫陽花です^^。

いつもであれば、風通しのいい室内でつり下げておくのですが、
もっとラクに短時間でできる方法はないかと調べてみると…
車の中で乾燥させる方法を発見!!

アナベルがホワイトからライムグリーンへ色が変わり、
花びらが少し固くなるのを待って、
よく晴れた気温の高い日に試してみました。

早く乾燥させるために、車を日の当たるところに移動させ、
色がきれいに残るように、アナベルは直射日光の当たらない後部座席へ。
形が崩れないように、花瓶に立てて置いてみました。



c0293787_14322694.jpg


1日で完成しました~。

チリチリになってしまって失敗したのもあったけど、
ほとんどがきれいな形のまま成功しました。


c0293787_14324136.jpg


そして、今回はこちらの紫陽花にも挑戦。
義父が十数年前から育てていて、名前は分からず…。

3週間ほど前は、写真のように瑞々しいピンク色や紫色でしたが、
だんだんと色あせて枯れる寸前でした。

ほどよく色あせた感じになっているけど、
水分が多そうだから難しいかな~と、
ダメもとで車の中に置いてみることに。


c0293787_14333438.jpg


ずいぶんと色が抜けてしまったところがあるものの、
なかなかいい感じのドライフラワーになりました。

下処理もしていないし、
ここまでうまくできると思っていなかっただけに、
これはかなり嬉しかった~^^。

生花の紫陽花もステキだけど、
色あせたドライフラワーの紫陽花も味があっていいですね。

しばらくはドライの紫陽花を楽しもうと思います。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


by ohisamacafe339 | 2016-07-12 16:19 |   日々の暮らし | Comments(0)