人気ブログランキング |

生前に遺影用の写真を準備する

先日,新聞の夕刊の一面に「生前に遺影撮影」という見出しの記事がありました。

記事によると,
遺影を生前,プロのカメラマンに撮影してもらう人たちが増えている。
その理由のひとつは,家族の写真探しに苦労した経験から「子どもに迷惑をかけたくない」と気を使う親心。
とある葬儀場で家族の葬儀を営んだ人の約8割が,苦労したことの一つに「遺影選び」を挙げたそうです。

私も母の葬儀のときに,「遺影選び」に苦労しました。

c0293787_14432755.jpg

物置の段ボールに積まれたままになっていた大量の写真。
この山の中から母の写真を探し出すことが,遺影選びのスタートでした。
やっと見つけた写真から,正面を向いていて,大きく写っていて,表情のいい写真を探したのですが,ありそうでない!!
急遽,自宅に戻り,私のアルバムやデジカメのデータを探しましたが,条件にあう写真は見つけることができず。 

選んだのは,正面を向いている笑顔の写真。
でも,ネガもデータもなく小さな写真だったので,引き延ばすと輪郭がぼけてしまい,いい表情がいかされず。
気が動転している上に決めなくてはいけないことばかりだったので,仕方なかったとは言え,
母の遺影を見るたびに,もう少しいい写真があれば…と思ってしまいます。

なので,生前に遺影用の写真を用意する人が増えているというのは,よ~く分かります。
今回の教訓から,父や叔父たちも写真を撮っておこうかなと話しています。
元気なうちに写真を残しておいてもらえると,子どもである私たちも安心。

そして,親戚の中でも最高齢である私のばあちゃんはというと…
とっくに遺影用の写真をプロのカメラマンに撮ってもらったと言っています。
実は,私の結婚式の最中に,撮影に来ていたカメラマンにちゃっかり撮ってもらったのだとか。
そういえば,結婚式のアルバムにばあちゃんの顔のどアップの写真が…ありました!!
アルバムをいただいた当時は,なんでこんな写真があるのだろう?って不思議だったけど,まさか遺影用の写真だったとは。

「わしの遺影には,あの写真を使っておくれ」

あの写真であれば,遺影にバッチリ。
そんな前から遺影のことを考えていたことに驚きつつ,家族のことを思って行動してくれていたことに感謝。

でも,それだけ記憶がしっかりしていれば,しばらくは出番はなさそうですね。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
訪問していいただき,ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

by ohisamacafe339 | 2013-08-20 15:51 |   自分と家族のこと | Comments(0)