人気ブログランキング |

母の遺品整理

週末は,子どもたちを夫に預けて実家へ。
父と弟と私の三人で,母の遺品整理をしました。

c0293787_1353112.jpg

見苦しい画像ですみません…。
私が担当したのは実家の二階の階段脇にある4畳半ほどの物置。
長い間放置してあったため,埃もゴミもすごい…。この中には,母の仕事の書類や衣類,写真が押し込まれていました。
エアコンや扇風機はもちろん,電気がないところで、長袖・長ズボンに手袋・マスクという格好。暑いなか、モノをひとつずつ物置の外へ移動,整理していきました。
保存方法が悪かったため,変色したり,破損していたり,ネズミの餌食になったモノも。一部を除いて,ほとんどのモノを処分することになりました。

c0293787_149746.jpg

5時間後。床は掃除機をかける前。汚い写真ですみません。
モノが減り,空間はスッキリとしましたが,作業はとても心苦しいものがありました。

今回の整理は、父の希望。
私と弟が一緒にまとまった時間がとれるときは今しかない。
今遺品の整理をしないと,今後整理するタイミングは来ないと予想できました。

また、同居の義父が,先祖の遺品整理をしながら,
「もっと早くやっておけばよかった」
と愚痴をこぼしているのを何度も聞いています。

だからこそ,母の遺品整理をすることに決めました。

でも,悲しみが癒えていない状態での作業がこんなにも苦しいものだなんて。
こんなに急いで整理しなくていいのでは? 心の中でいろんな葛藤がありました。
自分のモノを手放すよりも辛く,身を切られるような思いでした。

c0293787_151811.png

作業の最後に見つけた母子手帳。
箪笥の奥の奥に,私と弟の母子手帳がしまわれてしました。
母子手帳には,それぞれの赤ちゃんのころから学童期に入る前までの成長記録がびっしりと書き込まれていました。

出産そして子育てをしながら,自分がどんな子どもだったのか?母に何度聞きたいと思ったことでしょう。
病気で言葉を失ってしまった母から,答えを聞くことができなかったけど,こんな形で答えが返ってくるなんて…。
母子手帳を通して,私も,弟も,母に愛されて育ったことが伝わってきた気がして,涙が止まりませんでした。

母子手帳を発見して,少しココロが救われたような気がします。
辛い作業でしたが,意味のある作業だったのかもしれません。

母の遺品の中から唯一持ち帰ってきた母子手帳。
大切にしていきたいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
重苦しい記事ですが,ここまでお読みいただきありがとうございました。 
by ohisamacafe339 | 2013-07-30 16:07 |   自分と家族のこと | Comments(0)