人気ブログランキング |

手放す方法を考える 期限切れの年賀はがき

手放す方法を考える 期限切れの年賀はがき_c0293787_1681377.jpg
金券ショップK-NETにて年賀はがきを買取してもらいました。

この年賀はがき,長男の整理収納作業()をしているときに出てきたモノ。
1枚36円で買取してもらいました。
夫はその値段を聞いて「安いっ!!」と言っていましたが,私は引き取ってもらっただけでもラッキー。しかも,本を売るよりも高い値段で買い取ってもらって満足しています。
書き損じはがきや切手も買取できるようです。

いつもであれば,余ってしまったり,書き損じの年賀はがきは小学校に寄付。子どもの通う小学校では,毎年当選番号が発表されたあとからしばらくの間,年賀はがきを集めています。まとめてどこかの団体に寄付しているようです。
また,郵便局で手数料1枚5円で切手やはがきに交換してもらうことも。(郵便局のHPに詳しい内容が記載されています →  )
でも,はがきや切手はめっきり使わなくなりましたね…。何かを送るにしても,送料が安いメール便を使うようになりました。郵便局よりも,メール便の受付ができるコンビニのほうか近いですし。

交換するメリットがないので,はがきを捨ててしまおうかとも思いました。でも,きれいな状態だったので捨てるには忍びなくて…。そんな時,いつも行っているショッピングモール内の金券ショップで年賀はがきの買取をしているチラシを発見。
こんな方法もあるんだと,ちょっと気持ちが軽くなり,自分の中で納得して手放すことができました。

モノを手放す方法として,「捨てる」のは手っ取り早い方法ですが,モノによってはその方法を選べないことがあります。
でも,「捨てる」以外の別の方法があることを知っただけで,自分でも驚くくらいあっさりと手放そうと思えることがあるのですね。
いろんな手放す方法があることを知っておくだけで,モノの見方や整理の仕方も変わるかもしれません。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

by ohisamacafe339 | 2013-07-12 17:27 |   モノの手放し方 | Comments(0)