タグ:家造り ( 54 ) タグの人気記事


念願の新築一戸建てのマイホームが完成して3年。

日当たりと風通しが良く、
家事動線がスムーズになり、
暮らしの快適度はかなりアップしました。

でも、よくよく考えたつもりなのに、
実際に住んでみると、
「こんなはずではなかったのに…」
と想定外のこともチラホラ。

今回は家づくりの間取り・設備面の失敗ポイントを紹介します。


c0293787_14005734.jpg


1.トイレのドアの鍵がかからない

わが家の室内ドアはすべて吊り戸。
上枠でドアをつり下げているので、床の段差がありません。

空間がすっきりと見えるうえに、
身体の障がいのある次女が段差でつまずく心配もないのですが…
重たいドアを支えているのが上だけだからか?ずれやすいのが難点。


c0293787_14001856.jpg


一番気になるのがトイレのドア。

わが家は西からの風が強く、
トイレの窓を開けっ放しにしていると、
風の力でドアがずれて、鍵がかからなくなることも…。

そのつどドアの上部にある金具をドライバーで調整するのが、
ちょっとめんどくさいです。


c0293787_13594516.jpg


2.日当たりが悪くなった洗濯干し場

脱衣所の隣に洗濯物を干すためのサービスデッキを作ってもらいました。

洗濯動線が短く、家事の負担がぐ~んと軽くなり、
大満足していたのですが…


c0293787_13593925.jpg


目の前にあるクスノキの成長が予想以上に早く、
日当たりが悪くなってきました。

庭師さんに剪定をお願いしてみたものの、
大きくなりすぎて、重機を使わないと無理だと断られてしまい…。
このまま見守るしかないかも。

ただ、風通しはいいので、春から秋の間は乾きます。
冬はもっと日当たりのいいリビング側のウッドデッキで干しています。



c0293787_13595614.jpg


3.和室の照明スイッチの場所

スイッチやコンセントの位置は、
上棟のあとに電気屋さんと打ち合わせをしながら決めていきました。

図面上ではなく、実際の現場を見ながらだったので、
イメージはつかみやすかったはずなのに、
「なんでこんなところにつけてしまったんだろう」
とあとになって後悔したところも。


c0293787_16025597.jpg


一番使いにくさを感じているのが、和室の照明スイッチ。

リビングのドアから3歩ほどの距離しかないのに、
生活動線から外れているから、
スイッチまで行くのが面倒に感じてしまう。
リビングの照明と一緒にしておけばよかったと後悔しています。

毎日何度も使うからこそ、
もっと想像力を働かせて検討すべきでした…。

とはいえ、全体でみてみると、
今の暮らしは快適でより豊かになりました。
お家を建ててよかったと満足しているし、
工務店さんと設計士さんには感謝しています。

想定外のこともあるけど、
それもまた暮らしのおもしろさかなと思っています^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_16163660.jpg


今のお家の引き渡しから3年がたちました。

住み始めたころは、きれいな状態をちょっとでも長くキープしたいと力んでいましたが、
3年たった今では、ちょっとやそっとの汚れでは動じないように。笑。
ほどよいバランスで暮らしていけるようになったと思っています。

3年前と現在のお家を写真で比較してみました。


c0293787_16173613.jpg


引き渡しの日のダイニングと和室。
床も壁も家具もピカピカで、
家中が木のいい香りがしていました。


c0293787_16172994.jpg


現在。床や建具の色がずいぶんと変わっています。
杉の無垢フローリングは木の色が濃くなり、
色むらが目立たなくなってきました。

畳は緑から黄土色に変化。
畳の色ってこんなにも変わるのですね…。
比較して始めて気がつきました。


c0293787_21195908.jpg


引越してから1週間後と現在のキッチン。

念願の新しいキッチンに立ったときは嬉しくて仕方がなく、
もっと使い勝手のいいキッチンにしようとはりきっていました。


c0293787_9523759.jpg


こちらも引越してから1週間後のリビングダイニング。

テレビとソファしかない殺風景なリビングだけど、
キッチンに立ちながら子どもたちの様子を見れることに
ささやかな幸せを感じていました。

今では自室で勉強している長男と長女。
このころはダイニングで宿題をしていたなぁと懐かしく感じます。


c0293787_16172339.jpg


3年ですいぶんとインテリアが変わったなぁとじみじみ…。


c0293787_16171501.jpg


無垢の杉のフローリングは傷でいっぱいに。
杉は当たりが柔らかいので、
子どもがモノを落としただけで傷がついたり、凹んでしまいます。

始めのころは傷がつくたびに大騒ぎして修復作業をしていましたが、
今ではすっかり慣れてしまって、気にならなくなりました。笑。

傷はつきやすいけど足触りがとても気持ちよく、
蒸し暑い季節でもサラリとしていて、寒い季節でもひんやりとしない。
無垢のフローリングにしてよかったです。

5年、10年、20年と使い込んでいくうちに
味わい深くなっていくといいなと思います^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


c0293787_14012706.jpg


現在のウッドデッキ前の庭の様子です。

去年の春に植えた芝生・TM9。
無事に冬を越し、青々と茂ってきました。
裸足で歩くのが気持ちいいです。

TM9のお手入れは、
普段は雑草取りと、晴天が続いているときの水やり。
GWに目土入れと、肥料散布をしました。

一般の高麗芝よりも草丈が短いので、
今年はまだ芝刈りをしなくてすんでいます。


c0293787_14011997.jpg


さて、写真の赤いコーンに囲われたエリア。
ここは、6月に整地作業をしているところと一緒に
芝生を植える予定でした。

ところが、2週間前、
ホームセンターに資材を買いに行ったはずの夫が、
なぜか高麗芝の束を持って帰ってきまして、
急遽、この場所に芝生を植えることに。

整地作業がなかなか進まないなか、
目に見えて分かる達成感を味わいたいと、
ホームセンターで山積みしてあった高麗芝を思わず買ってしまったのだとか。

わたしに何の相談もなく、
今植えてある品種と別の芝生を買ってきた夫に、
怒りがふつふつと込み上げてきましたが…。

整地作業がしんどいのはよ~く分かるし、
買ってしまったものは仕方がない。
ぶつぶつ言いながらも、毎日水やりをしています。

早くも根付いてくれたようで、
目地の部分に芝生が広がってきました。
TM9よりも高麗芝は成長が早いと実感しています。


c0293787_14011134.jpg


そして、手こずっていた整地作業には、
新しい電動工具を導入することに。

コンクリートドリルです。

近くでレンタルできるところがなかったので、
中古品をネットオークションで購入しました。

今まで何ヶ月もかけて、
手作業で地面の表面を砕いていたのに、
コンクリートドリルを使うと、
力をかけなくても、あっという間に砕いてくれ、
おもしろいいくらい作業がスイスイ進むようになりました。

こんなことなら、もっと早く機械に頼ればよかったと思うほど。
いい仕事をしてくれています。


c0293787_14011510.jpg


GW中はこのような状態。


c0293787_14012339.jpg


ドリルのおかげで、
かなり地面を耕すことができました!!

あとは、小石を取り除き、
粘土質の土をほぐし、
土壌改良剤を混ぜ込む作業が待っていますが…

整地作業の大きな山を越えて、
気持ちはかなりラクになりました。

6月中旬ごろまでに芝生を植えれるように
作業を進めていきます^^。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_16161102.jpg


早いもので、今のお家に住み始めてから2年が経ちました。

新居でわたしが一番こだわったのが洗濯導線。

以前のお家は洗濯導線が無駄に長く…
とても時間がかかっていたし、負担も大きかったので、
洗濯機のある脱衣所のすぐ隣に洗濯を干すためのサービスデッキ、
サービスデッキの近くに家族5人の衣類を収納するファミリークローゼットを作ってもらいました。

▼関連の記事はコチラ▼
【【WEB内覧会】 脱衣所とサービスデッキ】
【【WEB内覧会】 家族のクローゼット 】

おかげで洗濯動線が短くなり、負担が激減!!
すごくラクになりました。

ところが、予想もしていなかったことが…


c0293787_16162785.jpg


サービスデッキの目の前に立派な木があるためなのか?
凹んだ場所にあるからか?
よく虫が飛び込んでくるのです。

洗濯物は夜干し派のわが家。
サービスデッキの照明を付けて、洗濯を干そうとすると、虫が~。

特にセミ!!
サービスデッキにめがけて飛び込んできたり、
ウッドデッキの上でひっくり返って動かないので、
死んでいるかと思って近づくと急に暴れ出したり。
(セミ爆弾と言うらしいです)
いつも不意打ちなので、心臓に悪い…。

虫除けを置いたり、照明を付けないで洗濯を干すなどの対策でかなり減ったものの、
それでもときどきセミはやってくるので、
今のような夏本番の時期の洗濯物干しは、妙に警戒してしまいます。笑。

いろいろ想定していても、
実際に暮らしてみないと分からないこともたくさんありますね。


c0293787_16145653.jpg


それでも、全体を見れば、今のお家の暮らしはとても快適です。
工務店さんが、わたしたちの要望を上手に汲み取り、
使いやすい動線と収納システムを提案してくださったおかげだと思っています。

以前と同じ土地に住んでいるのに、
自然の移ろいなど日常の何気ないことに幸せを感じることが増え、
住まいが変わると、暮らしが変わるだけでなく、
こんなにも豊かになるのだと実感しています。

なかでも気に入っているのが、リビングの吉村障子。

和のイメージが強い障子をリビングに取り入れることは、
わたしたちにとっては挑戦でもありました。

でも、実際に使ってみると、
ほこりがつきにくい、断熱性があると機能性にすぐれているだけでななく、
洋室でも自然になじみ、圧迫感がないとデザイン性にもすぐれている。

そして、障子越しの柔らかな光と影や佇まいが美しく、
眺めていると心が落ち着きつく…。

派手さはありませんが、
しみじみと良さを感じています。


c0293787_16170212.jpg


今後の課題は、やっぱり庭!!

リビングやダイニングから窓の外を眺めると、
すぐに目に飛び込んでくるのは、残念なことにブルーシートの青。
上に置いてある整地用の砂利は雑草が生えてきているし。笑。

素敵な庭…とはいかなくても、
せめてブルーシートは撤去したい。

そして、来年のGWまでにはブルーシートのところを芝生にして
ブルーシートの奥に低木や宿根草を植栽していくのが目標です^^。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。



[PR]
c0293787_15454683.jpg


新しいお家に住み始めて1年が経ちました。

工務店の現場監督Kさんによる1年目の点検。
床や天井やサッシや建具などに問題がないかをチェックしてもらいました。

Kさんが来る前に、あらかじめ不具合がないかを確認したところ、
これといって気になるようなところはなかったのですが、
Kさんは、動きが悪くなっていた引き戸をその場で直してくれました。
試しに引き戸を引いてみると、動きがなめらかになっている~!!
毎日何度も使っている引き戸、慣れで気が付かなかったようです…。



c0293787_16163158.jpg


壁や天井のクロスは浮いているところが何カ所かあるので、
Kさんと場所を確認しました。

木造の家は木が落ち着くまでの2~3年の間、木が伸縮するので、
どれだけ丁寧に施工していたとしても、クロスの浮きや継ぎ目が見えるといったことがあるのだそう。
(引き渡しの前から説明を受けていました)

わが家の場合は、3~4カ所気になるところがありましたが、
どこもそれほど目立つ場所ではないこともあり、
木が落ち着く2年後ぐらいにまとめて補修してもらうことになりました。

今後は2年目、3年目と、1年ごとに点検があるそう。
家は完成して終わりではないのだなと、改めて感じました^^。



c0293787_17022972.jpg


今回の点検で、久しぶりに会ったKさん。
実は、引き渡し後も、外構のことで相談にのってもらっています。

Kさんは、外構がどこまで進んでいるのかも楽しみにしていたそうですが、
玄関前はというと、ほとんど手つかずのまま…。
水たまり対策として応急処置として置いてみた敷石が、とりあえず感が満載ですね。

「外構、全然進んでいないじゃないですか~!!」
って、突っ込まれてしまいました。

いや、何もやっていないわけでなく…。
庭の雑誌や画像を見ながら、夫婦で今後に庭造りの相談しているし、
木の剪定や、落ち葉拾いもしているし、
勢力旺盛な草たちに負けないよう草むしりもしているし。

言い訳をしてみましたが、
ウッドフェンス造りは、暑いが故に中断したままだし、
芝生を植えると言っていたウッドデッキ前は砂利のままだし、
確かに、全然前に進んでいない。笑。

でも、Kさんに発破をかけられたおかげで、夫に火がついたみたいです。
ずっと放置されていたウッドデッキ造りが、ようやく再開しました~。

ウッドデッキが完成したら、次は、玄関前に着手するつもり。
寒くなるころまでに、玄関前のベースを完成させ、
春になったら、木の格子の前に樹木や下草を植栽したいと考えています。

ブログに書くことで、自分にも発破をかけてみました~。
実現できるように、プランを練っていこうと思います^^。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_15405810.jpg


新居の引き渡し&引越から1年が経ちました。

家造りの話が浮上してから家の完成までは、
完成が待ち遠しくて時間がとても長く感じていたのに、
住み始めてみるとあっという間でした。
1年、早かったです~。



c0293787_16185398.jpg


わが家のなかで唯一むき出しになっている玄関の柱に、
記念に子どもたちの身長を記録しました。



c0293787_16254867.jpg


柱にボールペンでしるしを。
大きくなったときに誰のしるしか分かるようにと、
3色ボールペンの黒→長男、赤→長女、青→次女と色分け。
そして、今年からは年とイニシャルも付け加えてみました。

下のしるしは、去年の引越のときの長男の身長。
上のしるしは、ちょうど1年が経った日の長男の身長。
この1年で10センチ以上も伸びました。
長女も次女も、この1年でずいぶんと大きくなっています。

まだ、柱のしるしは少ししかないけど、
しるしがわが家の味になっていくようで、ちょっと嬉しくなりました。
しるしの数だけ、わが家の味も深まっていくといいなと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_23223516.jpg




引越してから3ヶ月。
新しいお家はとても快適に過ごせています。

梅雨開け後すぐの引越だったこともあり,
引越と同時にエアコンを付けてもらいましたが,
今年の夏はほとんど使うことなく…。

窓を開けておくと,心地良い風が通り抜けていくのです。
家のどの場所にいても風通しの良さを感じています。
わが家の場合,風の通る土地だし,緑が多いというのもあるけど,
窓の位置がとてもよく考えられているからだと思っています。

今まで住んでいたお家は土壁だったので,
夏だけで見ると今までのお家のほうが涼しいと予想していたのですが,
風さえあればどちらも変わらなかったのは意外でした。

でも,風通しがいいことはすべて良いことばかりとは限らないのですよね~。
田んぼや畑が多いのどかな環境ゆえに,風と一緒に土埃も侵入。泣。
窓を長時間開けるときは,こまめな床掃除が必須です。


c0293787_00082609.png




そして,生活動線のムダが減り,家事の効率がアップ!!

特に,洗濯動線はかなり短くなりました~。
洗濯室のすぐ横に洗濯物を干すためのサービスデッキを作ってもらいましたが,これが本当に便利。

今までは洗濯干し場をなぜにこんなに遠いところに作ったのだとつっこみたくなるほど遠く…。
雨の日には重たい洗濯物を抱えながら,傘をさして洗濯干し場まで歩いていたので,
洗濯の負担が大きく感じていたのですよね~。

傘を使わなくても,洗濯干し場に行けるだけでもすご~く嬉しい。笑。
精神的にも身体的も時間的にも負担が大幅に軽減しました!!



c0293787_00413821.jpg




家の中もインテリアだったり収納だったりと,
まだまだ改善していきたいところはたくさんありますが,
それ以上に何とかしたいと思っているのが庭!!

素敵なお家を造ってもらっても,
やはり家と庭がバランスが取れていないともったない!!
自分たちでできることから庭の作業を進めています。

とはいえ,やればやるほど課題が大きすぎることを実感。
このペースだとめどが立つのは何十年後?
老後の楽しみになるかもしれません。笑。


 
ランキングに参加しています。いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。 


[PR]
c0293787_13544288.jpg

注文していたプレートを現場監督さんにつけてもらいました。

取り付けたのはリビングから続くウッドデッキの横の壁。
家族の手形を取ったところの下の部分です。

c0293787_1357748.jpg

取り付け後はこんな感じになりました。
写真が見にくくてすみません!

c0293787_1434514.jpg

左は,私たち夫婦の名前が印字されたアクリル板のプレート。

夫がとある住宅雑誌で新居完成記念のプレートの写真を見つけ,
「わが家もぜひこういうものをつけよう!!」
と現場監督さんにお願いして作ってもらいました。

こういう節目に形に残すことが好きな夫に対して,
私はあまり興味がなく…。笑。
プレートの素材やデザインはすべて夫がひとりで決めました。
外壁から浮かないようにとあえて白字にしたそうです。
写真にすると上手く写りませんが,実際はもっとはっきりと文字が見えます。

右は,工務店のネーム。
玄関の近くにつけてしまうと表札と間違われそうなので,
プレートと一緒のこの場所につけてもらいました。

完成見学会に行くたびにこのネームを見てきたので,
わが家もようやくこのネームがついたのだと感慨深いものがありました。


現場監督さんには,来てもらったついでに新居のチェックをしてもらいました。
引き渡しから2ヶ月。
生活していると,どうしても不具合がでてきます。
特に,完成直後から数ヶ月は不具合が発生しやすいようです。 

職人さんたちが一生懸命作業してきたのを見てきているので,
わざわざここまで直しにきてもらうのも申し訳ないなと思いつつ,
やはり私たちがずっと住んでいく家なので,そのまま見過ごすことができない…。
これからも良好な関係を保つためにも,遠慮なく言わせてもらっています。

それも明るくて朗らかな現場監督の人柄のおかげです。
言いたいことをちゃんと言える監督さんでよかったと思っています。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
すっかり更新がご無沙汰しております。

新生活が始まってから1週間が経ちました。

引越は,天気に恵まれてとても涼しかったことと,
大きな家具の搬入をプロに依頼したこと,
子どもたちが本当によく動いてくれたおかげもあり,
とってもスムーズに終えることができました。

引越屋さんが来たのは,午後からだったのですが,
夜にはほとんどの荷ほどきが終わったので,
使い終えた段ボールを持って帰ってもらうことができました。

同じ敷地内での引越なので,
段ボールに入れずに,そのまま移動させたモノも多かったのですけどね。
でも,引越作業の前に,モノの整理をしておいたのが大きかったと思っています。

c0293787_9523759.jpg

こちらは,引越翌日のキッチンから眺めた子どもたちの様子。
宿題をしている長男&長女と,テレビを独占できて喜んでいる次女。笑。

今まではキッチンに立ちながら,子どもたちの様子を見ることができなかったので,
こうした光景にささやかな幸せを感じています。

新生活,とても順調なスタートが切ることができましたが,
唯一段ボールに埋もれている場所が。
パソコンを置いてある夫の書斎です。

ここは夫のモノがたくさんあるのに,収納スペースはなし。
計画当初は造り付けの収納棚を作ってもらう予定でしたが,夫がDIYで棚を作りたいと言うので棚をなしにしたのです。
なのに,引越前は何もせず,引越後,慌ててプランを考え始めた夫。
この1週間ずっと書斎で作業していたので,私はパソコンを使えず。

ようやく使えるようになったので。笑。
新しいお家のことを少しずつ綴っていきたいと思っています。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_2391532.jpg

いつもご訪問してくださるみなさま,ありがとうございます。

とうとうお家が完成しました!!

本日,引き渡しでした。

昨日の夕方まで,たくさんの職人さんが出入りしていたので,
これでお家が完成したという感じがしなかったのですが,
引き渡しで鍵を受け取り,説明を聞いて,ようやく
「これで完成したのだなぁ」
とじわじわと実感がわいてきました。

ここにたどり着くまでには,たくさんのことを乗り越えてきました。
特に完成までの2週間,
いろんなことがありすぎて,まだ自分の気持ちが整理できていません。

でも,無事にこの日を迎えることができて,本当によかった~!!
嬉しいのもあるけど,ホッとしています。

工務店のスタッフさんを始め,たくさんの人たちのおかげで,
とっても素敵なお家ができあがりました。
私たちの期待以上の出来映え。
あまりにきれいすぎて,自分のお家じゃないみたい。笑。
これから,じっくりと新しいお家の良さが味わっていきたいです。

その前に,まずは明日の引越。
梅雨が開け,猛暑日が続いています。
体調管理に気を配りながら,いいスタートを切れるようがんばっていきますね!!


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]