タグ:インテリア ( 77 ) タグの人気記事

c0293787_15325313.jpg


殺風景になりがちなわが家のダイニングを
彩ってくれているのが植物たち。

庭の花や植物を飾ることで、
暮らしに季節を取り入れることを大切にしています。

今の季節のお楽しみのひとつは、
紫陽花を飾ること。

義父がいろんな品種の紫陽花を植えているおかげで、
この時期は飾りたいお花でいっぱいに!!

ジメジメして憂うつな気分になりがちな梅雨の時期。
紫陽花があるだけで空間がパッと明るくなります。


c0293787_15321735.jpg


紫陽花アナベルはライムグリーンから白へ、
そして、またライムグリーンへと色が変わってきました。

咲き始めのアナベルは、飾ってもすぐにしおれてしまうことが多いけど、
白からライムグリーンになったころに飾ると長く花が楽しめるような気がします。


c0293787_15322672.jpg


白~紫のグラデーションがきれいな紫陽花は
品種名が分からず…。
この色合いが大好きで、毎年必ず飾っています。


c0293787_15323657.jpg


そして、先日植え替えしたウンンベラータ。
日が当たらないダイニングの片隅に置いて、
成長を見守っています。

新芽がでてきて、
すくすくと大きくなっていく姿がたまらなくかわいい~。

6月はわたしや家族が体調を崩したり、悲しいできごとが重なったりと、
気持ちもどんよりと沈みがちでしたが、
フレッシュな植物のエネルギーは格別ですね。
眺めているだけで気持ちがおやだかになるのを感じました。

早いもので2017年も後半に入りました。
気持ちを切り替えて、
自分にできることをやっていこうと思います!!


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_20420097.jpg


リビングのインテリアが少し替わりました。


c0293787_20415570.jpg


小さなクッションがひとつ増えています。

先日の暮らしのSTORE展で購入したクッション。
カバーはミナペルホネンのタンバリンのホワイトです。

45センチ角の約半分の大きさが、
ソファに座るときの腰あてや、
体にフィットするソファに座るときの首あてに
ちょうどいい大きさで…
くつろぐときにとても役立っています。


c0293787_20415149.jpg


そして、次女のトランポリンのカバーが破れたので買い換え。
蛍光ピンクから黒×白の星柄になりました。

トランポリンのカバーは全部で14色。
おそらくわたし以上に次女の好みを分かっている長女と相談して、
次女の靴下と同じ星柄を選びました。

色や柄の共通点を見つけると、
「これとこれ いっしょ!!」
嬉しそうに言うことが多い次女。

トランポリンのカバーを見るなり、
「くつしたといっしょ!!」
とはしゃいでいました。
喜んでもらえてヨカッタです^^。

リビングでひときわ存在感を示していた蛍光ピンクから
モノトーンにかわり、
トランポリンが空間になじむようになりました。

でも、派手な色を見続けていたからか?
なぜか物足りなさを感じてしまう…。
慣れってある意味怖いと思ってしまいました。笑。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_17564824.jpg


去年の夏、挿し木から鉢上げした
インテリアグリーンのウンベラータ。

2つのうち1つは無事に冬を越し、すくすくと成長しています。


c0293787_17565135.jpg


気温が上がってきた4月ごろから新芽がでてきました。

上に上にと伸びてきたので、
ひとまわり大きな鉢に植え替えることに。


c0293787_17564420.jpg


新しい鉢は、底面灌水システムの植木鉢・レチューザのラウンドです。

同じ大きさの植木鉢に比べると、お値段はそれなりにしますが、
2年ほど大きなウンベラータで実際に使い続けてみて、

 ・受け皿不要
 ・水位計で水やりのタイミングが分かる
 ・夏でも水やりは10日~2週間に1回でOK
(植物と鉢の大きさにもよる)
 ・植物がいきいきと育つ

わたしでもちゃんと育てることができたと大満足!!
今回のミニウンベラータもこの鉢で育てようと決めていました。

▼レチューザの鉢の詳細についてはコチラ▼


c0293787_17565794.jpg


植え替え後。

鉢の大きさに対して貧弱に見えますが、
挿し木から10ヶ月…無事に育ってくれたことが嬉しい~。

これからもすくすくと育ってくれるといいな。
今後の成長が楽しみです^^。

 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
c0293787_16422250.jpg


新緑の季節になりました。

暑くも寒くもなく、蚊も少ないので、外の仕事ははかどるし、
窓を開けると、心地いい風が入るので、
家の中の仕事も気分よく進めることができます。

玄関の前の落葉樹アオダモはどんどん新葉が出てきました。
みずみずしい葉はとてもきれいで、
日に日に庭が賑やかになっていく様子は見ているだけで楽しいです。


c0293787_16421803.jpg


現在のリビングの様子です。

暖かくなったのでホットカーペットをしまい、
センターラグを替えました。

ラグを替えただけですが、
面積の大きいだけにいつものリビングが新鮮に。
色がグレージュからグリーンになり明るく感じます。

そろそろ石油ファンヒーターもしまいたいけど、
まだ灯油が残っているので、しまえるのはもう少し先かな?
毎年4月ごろは、ファンヒーターの給油のときにどれくらい入れようか悩みます。
扇風機を出す前に、うまく使い切れるといいなぁ…。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_13360630.jpg


インテリアを色で気分を変えたいと、
思い切ってトイレの壁の一面にペンキを塗りました。
ペンキを塗る前は白の壁でした。

▼前回の記事はこちら▼

c0293787_13360505.jpg


ペンキを塗り終わった直後の様子。
作業が終わったのは日が暮れるころ。
逆光になってしまって色がわかりにくいですね…。



c0293787_13360625.jpg


翌日、モノを元の位置に戻しました。

トイレの凹んでいる壁の一面が白からグレーベージュに!!

選んだのはグレーベージュのなかでも6段階中3番目に濃い色で、
10センチ角と小さな色見本ではかなり色が濃く見えましたが、
壁一面と広い面積になると色が飛んで、
同じ色なのにずいぶんと明るく感じます。


c0293787_13355558.jpg


反対側から見るとこんな感じ。
壁の色が変わっただけでとっても新鮮に感じます!!

グレーベージュを塗ったことでシックで落ち着いた空間に。
違和感なく空間になじみ、
パイン材の鏡を引き立たせてくれていると思っています。

よ~く見ると、境目がガタガタだったり、
養生していなかったところにペンキがついてしまったりと、
プロのようにきれいなできばえではないのですが…
ペンキのおかげで塗りムラなく仕上がったし、
たったこれだけの時間でガラリと変わって大満足しています^^。



  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
c0293787_13360630.jpg


キッチンの白いタイルの壁を除いて、
壁や天井の内装は、自然素材の白の塗装剤で統一しているわが家。

やわらかく落ち着いた質感が空間を引き立たせてくれていますが…
このごろはインテリアを色で気分を変えたいと思うようになり、
トイレの壁の一面にペンキを塗ることにしました!!


c0293787_11250064.jpg


ペンキはカラーワークスの「Hip EGG Shell」。
子どものいすのリメイクのときと同じシリーズのペンキです。

このペンキの特徴は、安心・安全でペンキ独特のいやな臭いがないこと。
よくのびるので塗りムラが目立ちにくく、飛び散りも少ないので、
初心者でも簡単に塗ることができます。

また、汚れがつきにくく、水で薄めた中性洗剤で水拭きが可能。
今までの壁は水拭き掃除ができなかったので、
水拭きができるのは大きな魅力のひとつでした。

色は、たくさんある中から悩みに悩んで、
グレーが混じったベージュで6段階中3番目に濃い色を選びました。

▼ペンキはこちらで購入しました▼
【ペンキ屋モリエン Hipエッグシェル 0.9L】

▼関連の記事はこちら▼


c0293787_13360784.jpg



まずは、動かせるモノはすべて別の部屋に移動し、
壁のほこりを取り除いてから養生作業へ。

壁と天井の境や水栓金具などの塗料がついてほしくないところに
マスキングテープを貼っていきます。
そして、マスカー(マスキング付きビニールシート)を貼って、
ビニールシートを広げました。

狭い空間だけど、水栓金具や照明器具があったので、
養生に1時間ほどかかりました。


c0293787_13360773.jpg



いよいよペンキ塗り。
ローラーで塗れない隅や水栓金具の裏などの細かいところから、
ハケを使って塗っていきました。

見慣れた白の壁の上に別の色を塗る瞬間はドキドキする瞬間でもありました。
ここまできたらもう後戻りはできません。
あとは塗り進めるだけ!!


c0293787_13360775.jpg



広い面にはローラーを使いました。
ローラーだと高いところも塗りやすく、作業がはかどりました。

1回塗りが終わったら1時間ほど乾燥させて、2回目のペイント。
ペイントが終わったら塗料が完全に乾く前に、
マスキングテープをはがしました。

ところが、思った以上に乾きが早かったようで、
マスキングテープを強引にひっぱってしまったところは
塗装が少しはがれてしまいました~。

慌ててもう一度マスキングテープを貼って、残っていたペンキで塗り直し。
目立つこともなく、なんとか修正ができてホッとしました。

準備から完成まで作業時間はおよそ3時間半。
養生さえしっかりやれば、あとは簡単で楽しい時間でした!!

完成の様子は次の記事でアップしますね^^。


  

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
c0293787_11125904.jpg


つい最近、リビングのあるモノがリニューアルしました。


c0293787_11131939.jpg


ブルーレイディスクレコーダーを置く棚です。


c0293787_11133266.jpg


10日ほど前、
次女がリビングではしゃいでいたはずみで棚にぶつかり、
真っ二つに割れてしまいまして…。

幸いなことに次女にケガはなく、
ブルーレイディスクレコーダーも無事でしたが、
棚が無残な姿に。

子どもと暮らしていると、
悪気はないと分かっていても、いろんなモノが壊されていきますね。
第一子の長男が生まれてから14年。
今までどれだけのモノが壊されてきたことやら~。(遠い目)


次女は、さすがにまずいと思ったのか、
こっそりと隣のばあちゃんの家に逃げ込んでいました。

あとでしぶしぶ謝りましたが、
そういう知恵は教えなくても勝手に覚えていくなぁと思ってしまいました。笑。


c0293787_11134526.jpg


新しい棚を作るまでの間は、
棚の残骸を外して、
扇風機の箱の上を仮のブルーレイディスクレコーダー置き場に。

その場しのぎにしては大きさも高さもなかなかよかったけど、
どう見てもやっぱり変で。

リビングを見るたびに、扇風機の箱が視界に入って違和感を感じるし、
遊びに来た姪っ子からは
「なんでせんぷうき~???」
と突っ込まれてしまうし。笑。


c0293787_11131939.jpg


そして、休日にようやく棚を作り直しました~。

以前と同じ色と形だけど、
どうせ作り直すならと、
より厚みがあり、面取り加工がしてある板を選び、少しだけ改良。

L字型にした木材を白くペイントして、
木ねじで壁に取り付けました。

壁の白に比べて、棚の白がちょっとまぶしいような気がするけど、
いつもの見慣れたリビングに戻り、ホッとしました^^。


c0293787_11140936.jpg


ところが、棚を作り直した夜、
今度はお風呂のドアにヒビが~!!

わたしと長女が一番風呂に入ろうとしたときに、
こんな状態になっていることに気がつき、
思わず悲鳴を上げてしまいました~。

誰も割れた現場を見ていないし、
次女が一人でここに来るとは思えないし。
どうしてヒビが入ってしまったのか分からず…。

ただ、このごろやたらとドアが重たくて、
きちんと閉まらなかったことも関係しているのかな~?

とりあえずメーカーさんに電話して修理を依頼しました。
部品がないので、取り寄せに時間がかかるそうです。

まだしばらくの間、ヒビが入ったままだし、
原因が分からずモヤモヤした日が続くのね…。
直してもらえる日が待ち遠しいです。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_15521545.jpg


現在のリビング。

ここ最近は、グリーンの位置を変えた程度で、
このインテリアで落ち着いています。


c0293787_15543382.jpg


去年の夏にバッサリと選定したウンベラータ。

寒い季節でも葉を落としたり、黄色く変色することもなく、
ゆっくりペースで大きくなっています。

現在は高さ150センチほど。
暖かくなったらぐんぐん大きくなりそうです。
レチューザの鉢のおかげで元気にいきいきと育ち、
お世話をするのが暮らしの楽しみのひとつになっています。

▼関連の記事はコチラ▼
【観葉植物をレチューザの鉢に植え替え】
【ウンベラータの剪定】



c0293787_16003425.jpg


さて、ラグマットの下にはホットカーペットを敷いています。

杉の無垢フローリングは冬でも冷たくはないけれど、
長い時間リビングでくつろぐにはラグだけではちょっと寒い。
12月から3月ごろまではホットカーペットが活躍しています。

ただ、ホットカーペット+ラグだと、
ラグについているすべり止めがきかなくなってしまう。

そこで、ホットカーペットの下にすべり止めシートを敷いてみたものの、
どうやら失敗だったようで、
すぐにずれてしまいプチストレスに。

別のすべり止めを試してみることにしました。


c0293787_16045955.jpg


無印良品の床暖房・ホットカーペット対応ラグすべり止めテープタイプを
ホットカーペットの裏面に貼り付けました。

我が家のホットカーペットは1.5畳用で長辺が約180センチ。
テープの長さは4メートルあるので、
長辺の2カ所に貼って、残った分は真ん中に貼りました。

この大きさの場合、本当は2つ使ったほうがいいようですが、
ちょっと高いので、1つだけ貼って様子を見ることに。笑。

今のところ、掃除機をかけても、子どもたちが激しく動いていても、
ほとんどずれることがありません。

シートタイプに比べると張り付いている面積が少ないのに、
すべり止めひとつでこんなに違うのかと驚き。
小さなイライラからも解放されました^^。


c0293787_16172657.jpg







  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_19471794.jpg


キッチンに枝ものを飾りました。
おそらく桃の花かな?
次々に花を咲かせてきました。


c0293787_19501789.jpg


数日前、スーパーで購入したときは、
まだつぼみだったのに。

外はまだまだ寒いけれど、
家の中はやっぱり暖かいのですね。
あっという間に開花しました。

一足早く春が訪れた気分です^^。


c0293787_19551729.jpg

さて、今年の春は、
インテリアにもう少し変化をつけていきたいと、
家の何カ所にペンキを塗ろうと考えています。

それぞれ違う色を塗るつもりだけど、
ひとつの家なのでまとまりは持たせたい。
そして、実際に塗りたいところに合う色かどうかをこの目で確かめたい。

そこで、カラーワークスのオリジナルペイントHipの
カラーチャート(色見本)をレンタルすることにしました。

返却時の送料は自己負担ですが、
2週間無料でカラーチャートを借りることができます。

カラーチャートは全部で1488色!!
色のグラデーションがとってもきれいで、
見ているだけでもワクワクします。

Hipの色の最大の特徴は4つのトーンに分かれていること。
各トーンの印象が全く違うので、イメージする空間の色が探しやすく、
またカラーコーディネートもしやすいシステムとなっているそうです。

色の知識のないわたしでも、
頭の中でイメージしていた色が探しやすかったし、
同じトーン内の気になる色を並べてみると、
まとまりがあるのがよく分かりました。

今は、実際に塗りたいところにカラーチャートを置いて、
光や照明によってどう見え方が変わるのかをチェックしているところ。

たくさん色がありすぎて、
絞り込むのは悩ましいけれども、
あれこれ妄想する時間は楽しい~。

数種類まで絞り込んだら、
もう少し大きいサイズの無料サンプルを取り寄して、
色の最終チェックをして、
ペンキを注文しようと思います。

実際に作業するまでには、まだ時間がかかりそうだけど、
それまでの工程も存分に楽しもうと思います!!


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_16172403.jpg


わが家のダイニング。

他の場所と比べるとモノが少ないので、
物足りなさや殺風景に感じることもあるけど、
南と東の大きな窓から見える庭の木々や、差し込む光の入り方の変化で、
季節の移ろいをより感じるところでもあります。

今の季節は、朝食のときに朝日が差し込み、
子ども達が登校するころにはダイニングが日の光でいっぱいに。


c0293787_16215322.jpg


壁に映る光と影がとてもきれい。
寒い季節の光は柔らかい感じがして、どこかホッとします。

冬の寒さは苦手だけど、
一年のうちで冬が一番ダイニングで過ごす幸せを感じるかもしれません。


c0293787_16322912.jpg


無垢材のダイニングテーブルは、
テーブルの表面のシミが目立つようになり、
触るとカサカサして乾燥が気になってきたので、
メンテナンスをしました。

やすりで表面を削ってから、オイルを塗って、乾燥させる。
20分ほどの作業時間で
テーブルの表面が見違えるほどきれいによみがえりました。
きれいになったテーブルを見ると気持ちがいいです。


c0293787_16370137.jpg


ダイニングチェアの後ろで育てているウンベラータ。

去年の夏の終わりに挿し木から鉢上げ。
無事に根付いてくれました。

どちらかというと寒さに弱い植物で、
葉が落ちてしまったり、黄色くなってしまったりすることもあるそうですが、
寒い季節にもかかわらず、ゆっくりと葉が大きくなっていて、
新しい芽を見つけたときは嬉しくなってしまいました。
かわいくてたまらない~。

暖かくなってからどのように成長するのか楽しみです^^。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]