タグ:インテリア ( 85 ) タグの人気記事


先日、石油ファンヒータの余ったコードを
フックにひっかけていることを記事にしました。


収納スペースのないところでも、
フックがあればつり下げができるようになるので、
ファンヒーター以外にも、家のあちこちで活躍しています。

収納の隠れた名脇役ともいえるフック。
わが家のフックを使った収納についてまとめてみました。


c0293787_14032797.jpg


フックの中でもたくさん使っているのが、3Mの「コマンドフック」シリーズ。

 ・近くのホームセンターやドラッグストアで買える
 ・しっかりくっついて、キレイにはがせる
 ・種類が豊富


賃貸アパートに住んでいたときからずっと愛用していて、
思いついたときにすぐに試せるように常にストックを持っています^^

テレビの裏には透明タイプのフックをつけて、
羊毛ホコリ取りをつり下げています。


c0293787_14032383.jpg


ダイニングテーブルの隅には掃除用ブラシを。

すぐに使えるところにつり下げているので、
掃除したいときにサッと手に取ることができます。


c0293787_14033910.jpg


ファイルボックスの中には、花器と一緒にボトル用ブラシを。

小さなアイテムはつり下げておけば、
深さのあるファイルボックスのなかで紛れ込んでしまうこともありません。


c0293787_14033380.jpg


コンロ下の引き出しには、
鍋やフライパンと一緒に鍋敷きを収納しています。


c0293787_14034301.jpg


コマンドフックの次に使っているのが、
無印良品の「横ブレしにくいS字フック」シリーズ。

しっかりとした作りで、
名前通り本当に横ブレしなくて使いやすいです!!

クローゼットでは、ユニットシェルフにS字フックでベルトを収納。
服を着替えるときに一緒に取ることができ、
かけるだけで戻すのが簡単です。



c0293787_14034756.jpg


脱衣所にはバーに大きなS字フックを並べ、
左側は一度着たけど洗濯をするほどではないパンツやデニムの一時置き場として、
右側は掃除用品をつり下げています。

フックがあるとサッと引っかけることができてとても便利です。

以上、フックの活用法のまとめでした^^


 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]

c0293787_14031816.jpg


リビングにクリスマスツリーを飾りました。

以前は、少しでも長くツリーを飾りたいと、
ハロウィンが終わるとすぐに出していたのに、
今年は長男の受験のことで頭がいっぱいで、
すっかりツリーのことを忘れていました。

「ツリー、出さないの?」
長女の一言でハッと思い出しました。笑。


c0293787_14042262.jpg


クリスマスツリーを飾ると、
リビングが華やかになります^^


c0293787_14035137.jpg


ライトが点く夜のツリーはもっときれい。
ライトはコンセントタイマーで
同じ時間に点灯・消灯するようになっています。

180センチの大きなクリスマスツリーは、
スペースを取るし、片づけるのに時間がかかるので、
「もっと小さいツリーにすればよかったかも…」
ちょっと後悔するときもありますが、
長女と次女の喜んでいる姿を見ると嬉しいですね。

今年のクリスマスはどうしようか?
考えるひとときも楽しいです^^


 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]
c0293787_15384509.jpg


朝晩冷え込むようになり、
秋の深まりを感じるようになりました。

リビングも秋仕様に模様替え。
長方形のグレージュのラグに替え、下にはホットカーペットを。
コットンリネンのブランケットから、
ウールのブランケットとマイクロファイバーの毛布へ。

今も半そで半ズボンで過ごしている長男は、
長袖長ズボンの服を着るのは嫌がるのに毛布は大好きで…
毛布を出した途端、ニヤ~っと笑って毛布にくるまっていました^^


c0293787_15384025.jpg

先月までダイニングの片隅に置いていたミニウンベラータは、
次女がぶつかることもなく安全そうな
大きなウンベラータの横に移動しました。

大小並んでいる姿がとってもかわいくて…
見ていると気持ちが和みます^^



 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
c0293787_11033051.jpg


暑くもなく寒くもなく、
すっかり秋らしい気候になりましたね。
家の中も少しずつ夏から秋仕様へと変えています。


c0293787_11040180.jpg


夏の間、ちりり~ん、ちりり~んと
きれいな音色を楽しませてくれた風鈴。

風鈴をつけていた画鋲と一緒にしまいました。
画鋲は、ピン跡が残りにくい「ニンジャピン」を使っています。


c0293787_11035311.jpg


1階にある扇風機も順に片づけています。

パーツはできるだけ外して水洗い。
水洗いできない本体は、
マイクロファイバークロスで水拭きしました。

購入してから3年目になるリビングの扇風機は、
今年の6月に首振りの故障で修理しました。
修理代金は、修理センターの送料を含めて4,500円ほどでした。
買い換えよりも安かったので、このときは修理を選びました。


ところが、また首振りの動きがぎこちなくなり、
カスタマーセンターに問い合わせ。
修理保証の期間内のため、無償修理できると言われ、
再度、修理センターに送りました。

来年もちゃんと使えるように、きちんと直って帰ってきてほしいです~。


c0293787_14024121.jpg


夏物を片づけた今のリビング。


c0293787_14024608.jpg


挿し木から育てているウンベラータは、
今年6月に植え替えたときは高さ30センチだったのに、
高さ70センチになり、
ダイニングからリビングに移動しました。

すくすくと成長する姿を見るのは楽しいですね^^
これからの寒い季節を無事に乗りこえてほしいです。



 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_16133035.jpg


リビングダイニングの横にあるわが家の和室。

夫は長男なので、
将来お仏壇を引き継ぎ、仏間として使うことを想定して、
和室は玄関に近いところに作ってもらいました。
押し入れは仏壇が入る大きさを確保しています。

引き戸を全開にすると、
リビングダイニングと和室が一体になるような間取りになっていて、
今はフリースペースとして活用しています。


c0293787_16130802.jpg


雨の日は部屋干しスペースとして。

本当はリビングから見えるところに洗濯物を干したくないけど、
わが家は乾燥機や除湿器がなく…
脱衣所やサービスデッキより和室で干したほうが乾きが早いと気づいてからは、
見た目よりも乾きの早さを優先。
ここでの部屋干しが定着してしまいました。


c0293787_16131902.jpg


週末はキッズコーナーになります。

押し入れの片側は次女の学用品&オモチャコーナー。

次女はリビングで遊ぶことがほとんどだけど、
甥っ子や姪っ子たちは、
わが家にやってくるなり押し入れのふすまを開けて、
和室にオモチャを広げて遊び始めます。


c0293787_16132571.jpg


ときどき和室の引き戸を締め切って遊んでいることも。
締め切ると、いつもちびっこたちは大喜びです。笑。


c0293787_16131391.jpg


和室があってヨカッタ!!と一番感じる瞬間は、
お昼寝をするとき。

風通しがよく、
特に夏は他の部屋よりも涼しいので、
庭仕事のあとにここでゴロンと寝転がるのが至福のひととき。
ちょっと贅沢な癒しの空間になっています。

以上、わが家の和室の活用法のまとめでした^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

片付けをする前は、
部屋のあちこちにインテリア雑貨を飾っていたものの、
数が多すぎて掃除が行き届かず、
気がつくとホコリが…
なんてことがしょっちゅう。笑。

たくさん飾っているのに、
インテリアがしっくりこなくて、
小さなモヤモヤを抱えていました。

暮らしの見直しをした結果、
たくさんあった雑貨を手放し、
本当に好きなモノだけに厳選。

飾るものを減らすことで、
そこそこきれいな状態をキープでき、
インテリアと掃除のバランスが取れてきたと思えるようになりました。

今回は掃除の手間を少なく、インテリアを楽しむためのマイルールを3つ紹介します。


c0293787_21034335.jpg


1 壁や天井に飾る

壁に飾れば、床掃除のじゃまになりません。
床にあるものが少ないと掃除がラクになるだけでなく、
掃除したいときにサッと動くことができます。

また、壁に掛けたり、天井に吊るすことで、
空間に変化と立体感が生まれます。


c0293787_16463844.jpg


2.模様替えはファブリックで楽しむ

家具を移動させるのは大変だし、
雑貨が増えると掃除の手間も増えてしまいます。

でも、クッションカバーやブランケットなどのファブリックスなら
気軽に短時間で模様替えができるし、
面積が大きいのでイメージも変わり、新鮮さもアップします。


c0293787_16464305.jpg


3.飾る場所を絞る

飾り棚はキッチンカウンターの上の1ヶ所だけ。
飾る場所を絞ったら、
不思議と飾るアイテムも花器中心と絞られてきました。

飾るのはここだけと決めてしまうと、
手入れするのもここだけでいいと安心感があります。

そして、花器の水をかえるときに棚の上を「ついで掃除」することで
きれいな状態を維持しやすくなりました。


暮らしの見直しをしていくなかで、
収納やインテリアには順番があることを知りました。

①整理 ②収納 ③片付け ④掃除 ⑤インテリア

こちらが正しい順番なんだそうです。

以前のわが家のインテリアがしっくりこなかったのは、
片付けや掃除の前にインテリアに走っていたからだとすごく納得!

片づけができるようになり、掃除のやり方も定着してきた今は、
飾る雑貨はずいぶんと減ったのに、
インテリアの満足度は高くなり、心地いいと感じるようになりました^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_14500615.jpg


芝生張りの2日後から
痛みとかゆみを伴う赤い腫れが体中にでき、
ダウンしていました。

庭仕事のときは帽子・長袖・長ズボンだったし、
虫に刺された覚えもないのですが…
虫さされによるアレルギー反応と診断され、
できるだけおとなしく過ごしていました。

キャンプから帰ったあと、時間を見つけては庭に出ていて、
その後体調を崩していたこともあり、
ここしばらくの間、
掃除や片付けができず乱れがちだったわが家。

ようやく動けるようになり、久しぶりに部屋をリセット。
気分がスッキリして、気持ちが上向きになりました!!


c0293787_14501232.jpg


リセット後のリビング。

夏の間は大きな変化もなく、
インテリアはすっかり落ち着いています。

秋の気配を感じるようになってきたこのごろは、
模様替えをしたい気持ちがわき上がり、
本や画像を見ながら妄想を膨らませています。笑。

夏休みもあと1週間ですね。
ぶり返さないようにぼちぼちやっていこうと思います^^。



 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

わが家の収納の隠れた名脇役ともいえるのが「コの字ラック」。

いろいろな商品が売られていますが、わが家は手作り派です。
ホームセンターで1カット30円で木材をカットしてもらい、
ボンドで貼り合わせるだけ。
上にモノをのせるときは1センチ以上厚みのある板を使っています。

手頃な値段でスペースにピッタリ作ることができるので、
どの場所でも大活躍!!

そんなわが家のコの字ラックの活用方法を4つまとめてみました。


c0293787_13071446.jpg


コの字棚の一番の魅力は、収納力がアップすること。

長男の部屋ではラックをつけることで、
教科書とノートが入っているファイルボックスの下に
文房具を収納する引出を加えることができました。


c0293787_13073636.jpg


シューズクロークの棚には、
季節外の靴をケースに入れてしまっています。

高い位置にあるので、ケースごと積み重ねると、
一番下にある靴を取りだすときに、上に積んである靴が落ちてしまうことも…。

コの字ラックを設置してからは、下の靴が取り出しやすくなりました。


c0293787_13114129.jpg


脱衣所では洗濯機の排水ホースの上にラックをかぶせて、
引き出しを積み重ねました。
ホースの目隠しと同時に収納力もアップ!!

引き出しに洗濯用品と子どもの下着を収納して、便利になりました。


c0293787_20420097.jpg


リビングのソファの裏にもコの字棚を使っています。
ここは収納力アップではなく、別の目的で活用。


c0293787_13110154.jpg


リビングの引き戸とソファがぶつからないように、
ソファの裏に引き戸よりも少し奥行きのあるコの字棚を置いて、
ストッパー代わりに使っています。

これがないとソファが後ろにずれて、
引き戸が開かなくなってしまう…。笑。

あと、ソファと壁の間にモノを入らない役目を果たしていて、
見えないけれど、なかなかいい仕事をしてくれています。

以上、コの字ラックの活用法のまとめでした^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
c0293787_15325313.jpg


殺風景になりがちなわが家のダイニングを
彩ってくれているのが植物たち。

庭の花や植物を飾ることで、
暮らしに季節を取り入れることを大切にしています。

今の季節のお楽しみのひとつは、
紫陽花を飾ること。

義父がいろんな品種の紫陽花を植えているおかげで、
この時期は飾りたいお花でいっぱいに!!

ジメジメして憂うつな気分になりがちな梅雨の時期。
紫陽花があるだけで空間がパッと明るくなります。


c0293787_15321735.jpg


紫陽花アナベルはライムグリーンから白へ、
そして、またライムグリーンへと色が変わってきました。

咲き始めのアナベルは、飾ってもすぐにしおれてしまうことが多いけど、
白からライムグリーンになったころに飾ると長く花が楽しめるような気がします。


c0293787_15322672.jpg


白~紫のグラデーションがきれいな紫陽花は
品種名が分からず…。
この色合いが大好きで、毎年必ず飾っています。


c0293787_15323657.jpg


そして、先日植え替えしたウンンベラータ。
日が当たらないダイニングの片隅に置いて、
成長を見守っています。

新芽がでてきて、
すくすくと大きくなっていく姿がたまらなくかわいい~。

6月はわたしや家族が体調を崩したり、悲しいできごとが重なったりと、
気持ちもどんよりと沈みがちでしたが、
フレッシュな植物のエネルギーは格別ですね。
眺めているだけで気持ちがおやだかになるのを感じました。

早いもので2017年も後半に入りました。
気持ちを切り替えて、
自分にできることをやっていこうと思います!!


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_20420097.jpg


リビングのインテリアが少し替わりました。


c0293787_20415570.jpg


小さなクッションがひとつ増えています。

先日の暮らしのSTORE展で購入したクッション。
カバーはミナペルホネンのタンバリンのホワイトです。

45センチ角の約半分の大きさが、
ソファに座るときの腰あてや、
体にフィットするソファに座るときの首あてに
ちょうどいい大きさで…
くつろぐときにとても役立っています。


c0293787_20415149.jpg


そして、次女のトランポリンのカバーが破れたので買い換え。
蛍光ピンクから黒×白の星柄になりました。

トランポリンのカバーは全部で14色。
おそらくわたし以上に次女の好みを分かっている長女と相談して、
次女の靴下と同じ星柄を選びました。

色や柄の共通点を見つけると、
「これとこれ いっしょ!!」
嬉しそうに言うことが多い次女。

トランポリンのカバーを見るなり、
「くつしたといっしょ!!」
とはしゃいでいました。
喜んでもらえてヨカッタです^^。

リビングでひときわ存在感を示していた蛍光ピンクから
モノトーンにかわり、
トランポリンが空間になじむようになりました。

でも、派手な色を見続けていたからか?
なぜか物足りなさを感じてしまう…。
慣れってある意味怖いと思ってしまいました。笑。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]