小二の長女は,カードゲーム「アイカツ!」が大好き。
お小遣いをためては,せっせとカードを集めています。

カードが増えてきて収納に困った長女は,専用のカードケースを欲しがりましたが,時すでに遅しで,どの店も売り切れ。
仕方がないので,代わりに100円ショップのカードケースを渡しました。

自分のカードケースを手に入れた長女は嬉しそうに
「もっとかわいくするね!」
とカードケースをカスタマイズ。

そんな長女のカードケースはこちら。

c0293787_1462252.jpg

表紙には「アイカツ!」のシールと,セロテープを貼った上に油性ペンで色を塗っていました…。

c0293787_14174849.jpg

カードはすべて分類されていて,使用頻度の高いカードほど手前に入っていました。

c0293787_1419221.jpg

私の引き出しから勝手に付箋を持ち出し,付箋をインデックスとして使っていました。
付箋を貼ってから字を書いたようで,字は汚いしガタガタです…。

このカードケースは,私は一切ノータッチ。
長女が使いやすいように自分で考えて収納し,常にきれいな状態がキープされています。
机の上はグチャグチャの長女だけど,好きなことのチカラって大きい…。
大好きなモノだから,少しでもきれいに使おうとしているんでしょうね。

周りのお友達が専用のカードケースを持っているのに,長女は見た目が…のカードケース。
親としては,ちょっと不憫に思えてしまいましたが,長女は気にするどころか,誇らしげに持っています。
使っている本人が満足しているのであれば,それで良しかな?
長女,これからもたくましく育っておくれ~!


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
親バカ記録にお付き合いただきありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
前回の記事の続きです。

c0293787_13455027.jpg

次女が家の中で一番長い時間を過ごす母屋の居間。
移動できるモノは移動,モノを別室にまとめ,できるだけ広い空間を確保するようにしました。
障子を閉めてしまえば,視界に入るモノはかなり少なくなります。

まだ義母のモノがいくつかありますが,もう移動させる場所がなかったので,この状態で終了し現在に至っています。
ちなみに母屋も築109年です。叔父によると,畳以外は昔も今も変わらないそうです。


当時の次女は,扉を開けたり,引き出しの引き出すと,モノが入っているということまでは理解していなかったので,モノを見えないようにさえすれば触ることはありませんでした。

でも,机の上や床の上にモノが置きっぱなしの状態だと,すぐに次女のターゲットに。

また,投げる・たたく欲求を満たすために,柔らかい素材のボールや太鼓を次女の見えるところに置くようにしました。

試行錯誤を繰り返していくうちに,同じ療育施設に通っていたお母さんから,次女のたたく回数が減ったのでは?と指摘されました。
その時始めて,次女が落ち着いてきたことに気がつきました。

c0293787_14243485.jpg
つかまり立ちのころの次女。右手でモノを持つことができないので,口にくわえてモノを移動させていました。犬みたいですね…。 

この頃,次女は別の療育施設へ転園しました。

この療育施設は,次女のような身体&知的障がい児の子だけではなく,発達障害と認定された子,グレーゾーンの子,いろんな子が通っている園でした。

施設内は,そんな子ども達にに配慮した作りになっていて,隠す収納というよりは見せない収納,床にモノを置かず,広い空間を確保する環境作りが徹底されていました。

遊ぶ時間はオモチャや遊具を広げて,思う存分に遊びます。
集団療育の時間の5分前になると,片付けを合図する音楽が流れます。
音楽はいつも同じ曲で,決められた時間から5分間だけ流れ,終わったら止まります。
オモチャはすべてカーテンの奥の指定席に置き,遊具は部屋の外の指定席に移動,大きな布をかぶせ,室内にある手洗い場は手作りの段ボールの壁で隠す…。
集団療育の時間は集団療育に集中できるようになっていました。

いつも決まったリズムで,決まった時間に空間をリセットする

次女はこの園がとても心地良いと感じたようで,回数を繰り返していくたびに,どんどん落ち着いていき,3ヶ月経つころには,投げる・たたく行為がなくなりました。

片付けをすることも,最初は嫌がって抵抗をしていました。
でも,片付けの仕方が決められてはいたことで、ちょっとずつ覚え,片付けに参加できるようになってきました。
園での片付けの習慣が定着してくると,家に持ち帰るようになり,家でも同じように片付けができるようになってきました。

重複障がいのある次女でも,環境を整えることで,いろんなことができるという嬉しい発見。
置かれている環境が,すごく大きな影響を与えているんだと実感しました。

c0293787_16483318.jpg

現在の次女。歩くどころか走れるようになり,毎日駆け回っています。
ちょっとずつ知恵がつき,やることが大胆になってきました。

言えば,ちゃんとお片付けもしてくれます。
でも,定位置が分かっている自分のモノ限定。
定位置が分からない人のモノは,勝手に触り,違う場所に移動しています…。

目指すは,次女でも片付けれる仕組み作り。
かなりハードルの高い課題になりますが,一歩ずつ前進していきたいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
長文にお付き合いいただきありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
次女が3月まで通っていた療育施設に行ってきました。
久しぶりにお会いする先生達。笑顔で出迎えてくれて,次女の報告に花を咲かせました。

c0293787_13384248.jpg

4月,年長で保育園に入園した次女。
保育園でやっていけるのだろうか?大丈夫だろうか?
不安でいっぱいの私の予想とは裏腹に,次女はすぐに自分から率先して保育園に行くようになり,楽しそうにお友達と関わるようになりました。
入園して約2ヶ月,驚くほどの成長を感じています。



次女は,生まれた直後の病気の後遺症で「脳性麻痺」いう診断名がついています。
右半身の麻痺という身体障がい,知能は2~3才ほどという知的障がいに加えて,耳にも聴覚過敏という症状があります。

次女の成長は,とにかくゆっくり。
そして,予測できないことの連続。

1歳を過ぎてから,左手足だけでずり這い。
2歳を過ぎてから,よつばいのハイハイ。
3歳を過ぎてから,ようやくつかまり立ちをするようになりました。

c0293787_13541139.jpg
2歳の次女。これぐらいの散らかりようは序の口でした。 

ハイハイからつかまり立ちの時期は,本当に大変でした!

言葉を一言も発していなかった次女は,投げること,たたくことで欲求を満たすようになりました。
目に映るモノはすべて投げ,目に映る人はすべてたたきます。

ある日は,作ったばかりのおかずを食器ごと投げられ,
ある日は,たたんだばかりの洗濯物をすべて投げられ,
ある日は,兄姉が作った作品を投げられ,
ダイニングチェアが飛んだこともありました。
家の中は,散らかり放題。めちゃくちゃでした。

外出先では,陳列している商品に手を伸ばし,投げられたことは数知れず…。
次女を連れて外出ができなくなりました。

当時通っていた療育施設では,お友達の顔面を平手打ちが日常茶飯事。
お母さんの視線が痛く,常に目を光らせていないといけない状態でした。

私は家事をこなすこともままならなくなり,疲れ果て,
長男と長女は,次女にすごい剣幕で怒るようになってきました。
次女は投げる一方,治まる様子もありません。

このままではやばい…

いろんな人に相談し,助けを求めました。
そんなときに出会ったのが,市の療育相談を担当しているWさん。
Wさんは次女の様子を見て,こうアドバイスしてくれました。

「刺激が多すぎて,混乱しているかもしれませんね」

Wさんの言う刺激とは,次女の目と耳から入るモノのこと。

モノがたくさん視界に入っていませんか?

たくさんの色が溢れていないですか?

人工的な音(TV・音楽)が常に流れていないですか?


障がいを持っている子どもの中には,たくさんの刺激を頭の中で上手に整理することができず,混乱していまうケースがあるのだそう。
次女のようなケースは,まずは刺激を減らすように住環境を改善していくことが大事。

生活の中心である家庭。
触られたくないモノは,視界に入らないように工夫する。
収納棚に入れたり,布をかぶせるたけでもOK。
とにかく視界に入るモノの数を減らすこと。

外出先は,まずはスーパーなど1カ所だけにする。
ショッピングモールや人混みは混乱しやすいので,できるだけ避ける。
買い物する順番・コースをあらかじめ決めて,それを崩さないようにする。
回数を繰り返すと,子どもはコースを覚え,次に行くところはどこか予測できるようになる。
この予測できるようになると,子どもは安心し,落ち着いてくる。

状況を変えたくて必死だった私は,アドバイス通りに行動してみました。

そのとき,ちょうど「断捨離」の本を読んだばかり。
夫の両親と同居しているので,できるところは限られていましたが,モノを手放し,モノを減らす作業を続けていきました。
そして残ったモノは,家具や収納用品などに入れて視界に入らないようにしていきました。

すると,ちょっとずつ次女の投げる・たたく行為が治まってきたのです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
長文にお付き合いいただきありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
c0293787_10292049.jpg

リビングの夏支度をしました。(以前のリビングの様子はこちら→

暖房器具を掃除して片付け,写真のラグの下に敷いてあったカーペットを外しました。

本当ならカーペットは敷きたくない…。ラグの下にカーペットって変なので。
でも,必要性があって敷くことにしました。

右半身に麻痺がある次女。
右足は筋肉が緊張しているからか,血流が悪く,いつも冷たい。
赤ちゃんのころから,寒くなると右足だけしもやけが続きます。
そんな次女の冷えが少しでも軽減できればと,カーペットを敷くことにしたのです。

だけど…長女はほこりアレルギー。
カーペットだとほこりが溜まりやすいので,こまめに掃除機掛けをしなければなりません。
今使っている掃除機はサイクロン式で,どれだけゴミが取れたか見えるのですが,毎回すごくほこりが取れます…。

カーペットを外すと掃除もラク~。
掃除機の時間も短縮するので,ちょっと肩の荷が下りた気分です。
もう少し暑くなったら,ラグもしまうので,もっとラクになります。



気温が高くなってきて,気を付けるのはダニ。
長女はダニアレルギーもあるので,ダニ対策も必須です。

長女は他にもアレルギー反応するモノがいっぱい!
一番反応するのは,犬の毛。犬種によって反応は違いますが,犬のいるお家に入っただけで目が真っ赤。しばらく居ると,喘息の発作が起きます。
小さいころは小麦・卵・乳製品・ゴマに反応,除去生活をしていました。今では牛乳以外は食べれるようになりましたが,量を加減しています。
薬剤にも反応するので,薬や日用品にも配慮が必要です。


ダニ対策に活躍しているのはこちら。

c0293787_1115297.png

日革研究所の「ダニ取りマット」。ダニの捕獲マットです。

c0293787_11182886.jpg

我が家では,ソファーを始め,ラグの下,ベッドの足下,押し入れの布団の下に使っています。

敷くだけでいいので,手軽に使えること。
長女のような体質の持ち主でも,安心して使えることが購入の決めてでした。
どれだけダニが捕れているのか分かりませんが,ダニ取りマットを使うようになってからは,長女が痒がることが減りました。

使用期限は3ヶ月。使ったマットは可燃ゴミに出し,新しいマットに交換しています。
私は交換のタイミングを逃さないように,通販生活の定期お届け便を利用しています。



そして,この時期の防虫対策と言えば,蚊!
我が家は敷地内に竹林,隣に用水があるためか,蚊がすごく多いんです!
蚊対策にはこちらを使っています。

c0293787_11355476.jpg

「かえる印のナチュラルかとり線香30巻入り」天然除虫菊を有効成分とした天然素材100%のかとり線香。

除虫菊を使った蚊取り線香は,いろんな種類を試しました。
天然成分100%を謳っている他の蚊取り線香でも,喉が痛くなるものが多く,残ったのはこの商品だけ。

この蚊取り線香を付けながら庭仕事をすると,蚊に刺されることが少なくなるので効果はあると思います。

唯一の不満点は,煙で部屋が汚れること。
使い続けると,カーテンの上部やカーテンレールがうっすらと茶色くなってきます。
カーテンレールは水拭きで簡単にキレイになるし,カーテンは洗濯できれいに汚れが落ちますが,こまめに掃除する必要が出てくるのが難点です。

でも,我が家にとってはどちらも必需品。
今年もこれで夏を乗り切りたいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
衣類整理と同時に小物類も整理収納しました。

夫婦のバッグはワードローブの下段に収納しています。

c0293787_9432829.jpg

見にくい写真ですみません。
お恥ずかしいのですが,以前は空いているスペースにバッグを積み上げていただけ。

下の方にあるバッグはほとんど夫のモノ。使っていないどころか,今回整理するまで存在すら忘れていたそう。
表面が傷んでいるし,カビ臭いので,すべて手放すことになりました。

残ったバッグは,夫が2個,私が4個。

c0293787_9503184.jpg

改善後の写真です。
今回は無印良品のスチロール仕切りスタンドを使用しました。

c0293787_9542494.png

バッグの数が少ないので,そのまま縦に並べればいいかとも思いましたが,風通しが悪くなると,また同じ失敗を繰り返しそうなので,ひとつひとつに居場所を作ってみました。
このスペースからはみ出さないように,量をキープしていきたいです。

c0293787_9595264.jpg

使用頻度の高いバッグの指定席は,玄関とリビングの間の通路にあるアンティークのフック。

お出かけのときに使う帽子とストールをセットにしてあります。
暑くなり,日差しがきつくなってきたので,外出時に帽子とストールは欠かせません。
急用ですぐに出かけなくてはいけないときにも,すぐに準備できるので便利です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
c0293787_14355316.jpg

衣替えと同時に防虫剤も取り替えました。
我が家が使っている防虫剤はこちら。

c0293787_14252110.jpg

宇部マテリアル(株)の「天然ハーブ防虫剤 引き出し・衣装ケース用」

我が家の防虫剤を選ぶ基準は,

安全性が高いこと

私と次女以外の家族はアレルギー体質であることが一番の理由。
特に,長女は赤ちゃんのころからアレルギーがひどく,医師から,日用品を安全性の高いモノに変えるように指導を受けました。
ドラックストアで販売している一般的な防虫剤だと,気分が悪くなるようです。

防虫剤を使わない時期もありましたが,服に穴があくようになってしまって,防虫剤は必要だと認識。
いろんな製品を試して,この商品に落ち着きました。

天然ハーブ100%で,ユーカリとペパーミントの香り。開封したばかりの時は,匂いがキツイような気がしますが,だんだん匂いは弱くなります。
これを使うようになってから,衣類に穴があくことはなくなりました。

c0293787_14435218.jpg

洋服ダンス用も使っています。
効果は半年だし,お値段も少し高めなんですが,内容と価格のバランスは取れていると思っています。
半年後の交換のタイミングを忘れないように,手帳の11月のところにメモしておきました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
今回の衣類整理で,今まではたたんで引き出しに収納していたズボンを,ハンガーに吊るす収納に変更(詳しくはこちら→

我が家には,ズボンハンガーがありません。
トップスと同じ木製ハンガーを使っています。
ズボンを広げてハンガーに吊るすには高さが足りないので,叔母に教えてもらった方法でハンガーに吊るしています。
この方法だと,普通のハンガーでもズボンがずり落ちることはありません。紹介させていただきますね。

c0293787_17585561.jpg

ズボンを広げた状態。

c0293787_1759659.jpg

片方の足にハンガーを通し,二つにたたみます。

c0293787_1823849.jpg

たたんだ上に,もう一方の足を重ねます。

c0293787_1814640.jpg

もう一方の足もハンガーに通します。

c0293787_1843165.jpg

持ち上げて完成!

左右の足がたがい違いになればOK。
一手間かかりそうに見えますが,慣れてしまえば立ったまま数秒でできます。

このやり方の欠点は,ズボンを取るときに,片手で引っ張って取れないこと。
でも,他のハンガーを動かした反動でスルリと抜け落ちることはありません。

たたむのがイヤだから,たたむ収納から吊るす収納に変えたのに,ズボンは結局たたんでいます…。
でも,たたむ枚数が減ったことで負担が減ったおかげか,このやり方で今のところ不満はありません。

ズボンハンガーを買うという選択肢もあります。
きっと専用のハンガーのほうが使い勝手はいいだろうけど,今よりもアイテム数を増やしたくない気持ちのほうが強い。

今持っているモノで快適に暮らしていけるのであれば,どんなやり方でもすべてOK!
しばらくはこのやり方で様子を見てみます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
衣替えが無事に終わったクローゼット。

ワードローブのハンガーに吊るす収納,見た目スッキリ,快適に使うための私なりの工夫をご紹介。

c0293787_061017.jpg

ハンガーはすべて同じ木製ハンガーに統一しました。
肩のラインが一緒の位置になることで,見た目のスッキリ感がアップ。

c0293787_081552.png

木製ハンガーはIKEAの「BUMERANG 洋服ハンガー, ナチュラル」 8ピース・449円 
スカートハンガー(79円)も同じシリーズのモノを使っています。
 


ハンガーは無塗装なのかな?テロテロ素材のブラウスや薄手のカーディガンを吊るしてもずり落ちることはありません。
ハンガーに限らず,同じアイテムがズラリと並んでいる姿を見るのが好きです。


c0293787_0251969.jpg

ワードローブの左側には,ワンピースの他に季節外のコートと喪服も収納。
しばらく使わないものは,埃がかぶらないように不織布のカバーをかけてあります。

c0293787_0292251.jpg

カバーにもラベリング。
一目見て,すぐに夫婦どちらのか分かるように色も区別しています。
ラベリングの位置は,立った状態で目に入るように目線の位置にしてあります。

ラベリングをする前は,色が同じ喪服はわざわざカバーのファスナーを下ろして,どちらの喪服か確認していました。
これなら,わざわざファスナーを下ろす必要なし。
ほんの一手間が,すいぶんと気持ちを軽くさせてくれます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
衣類整理の続きです。(Beforeはこちら→

私の衣類の仕分けが終わってから,夫に服の仕分けをお願いしました。

夫の服をすべて出し,
「この中から着る服だけを取り出して」
とお願いすると,着たい服だけを取り出してくれました。

モノに囲まれていたほうが落ち着く

自分のモノは全部捨てない

昔は頑なにそう言っていた夫ですが,
私がどんどん家の中を片付けていく様子を見ているからか?
ちょっとずつ協力してくれるようになってきました。

今回の仕分けの結果,夫の衣類88点のうち,必要なモノ71点,不要なモノ17点。
私に感化されてきた?今までで一番たくさん手放したような気がします。
絶対に捨てないと言っていた20年以上前の服も,あっさりと手放していました。

私だけでなく,夫にとってもより使いやすいように

そんな目的を持って,残った衣類の収納作業を進めました。
3割ほど衣類が減ったため,作業は今までよりも楽!そして早い!
今まで3カ所に分散して収納していた衣類はワードローブとチェストにすべて納まりました。


c0293787_1341559.jpg

今までは,同じ季節の服でもたたみやすいモノはたたんでチェストの引き出しに,
たたみにくいモノはハンガーに掛けてワードローブに収納していましたが,このやり方も変更。

c0293787_14254935.jpg

まず,オフシーズンのモノはたたんでチェストの引き出しに収納。防虫剤も一緒に入っています。
冬物で嵩があるのもすべて収納したのに,一段空きました。
仕切りは半透明のプラスチック段ボールを使っています。
(冬物のコートと喪服のみ,ハンガーにかけてあります)

c0293787_14315583.jpg

夫のスキーウエアとダウンジャケットは衣類圧縮袋で嵩を減らし,空いていた和盆の引き出しに収納。
測ったかのように,ピッタリと納まりました。

c0293787_13483686.jpg

オンシーズンのモノは,ハンガーにかけてワードローブへ。
下着や小物以外は,素材に関わらずすべてたたまない収納にしました。

私が面倒だと感じる家事の第二位は,洗濯物をしまうこと。

第一位は,ダントツで食器洗い。7人分洗うの大変なんです。

洗濯するのは面倒どころか大好き。天気と時間の都合がつけば,じゃんじゃん洗濯します。
でも,なぜか洗濯物をしまうことはすごく面倒だと感じてしまう。
それは,衣類をたたむことが負担に感じているから。
なのに,改善しようとも思わず,何となくたたむ収納を続けていました。

今回,衣類の作業を進めながら,
ふと…たたまない収納に変えてみよう。
そう思いました。

子どもたちの服はスペースの関係でたたむしか方法がないので,夫婦の分だけ試してみることに。

1週間が経ちましたが,すっごく楽!
負担に感じていた作業も,以前よりも楽しくできるようになりました。
なんでもっと早く気がつかなかったのだろうと思うくらい,このやり方は私には合っています。

夫は,始めはやり方が変わったことに戸惑っていましたが協力してくれています。
今までは,「使ったけど,汚れていないからしまう予定の服」が,部屋のあちこちに置かれていました。
これをたたんでしまうのはいつも私。いつもため息をついていました。
でも,最近はちゃんとハンガーにかけてしまってくれるように。
夫にとっても,たたむことよりもハンガーにかけることで,ハードルが下がったかしら?
これも私にとっては大きな収穫。
少しの改善で,こんなに楽になることを実感したのでした。


c0293787_1703269.jpg一昨日に続き,今日は長男の11歳の誕生日。
もう11歳!時が経つのは早い!
支えてくださるみなさまのおかげで,この日を迎えることができました。

長女曰く「口うるさいお兄ちゃん」の長男。
去年から始めた金管バンド部でユーフォニウムを担当。今年はパートリーダーにもなり,はりきっています!
創作が大好きで,スチレンボードを使って建物の模型作りにはまっています。(でも,いつも途中で終わり,完成させたことはなし)
要領のいい長女においしいところを取られ,次女にはDSを勝手に触られながらも,たくましく育っています。
健やかな成長を,ありがとうございます。

写真は庭にある木イチゴの実。
長男の大好物です。
今年は誕生日には間に合わなかったけど,もうすぐ食べ頃を迎えます。




にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]
衣替えと合わせて,夫婦の衣類整理をしました。

c0293787_11392340.jpg

二人分の衣類は,寝室()の中の3カ所に分けて収納されています。
1カ所目は、ワードローブとチェスト。
今使っている服とかばんとアクセサリー,ストールなどの小物が入っています。チェストの上の和盆には,和服と和服用の小物が入っています。

c0293787_11401825.jpg

2カ所目は、ドレッサー。
引き出しには二人分の夏服と夏小物が入っています。
木製棚にあるかごは,パジャマ入れ。洗濯しないパジャマの一時置き場にしています。

3カ所目は、押し入れ。
無印良品の収納ケースの中に二人分のスキーウエアと小物があります。

c0293787_11442984.jpg

ワードローブの中。
右側の上段は夫の服,下段は私と夫の服がかけられています。
左側は、ワンピースや冬物のコートと喪服がかけられ、下にはバッグが積み重なっています。


まずは,すべての衣類を取り出し、空になった家具の中を掃除しました。
ワードローブのや引き出しの中のほこりを取って,固く絞ったぞうきんで水拭き。見た目以上にほこりや汚れが取れてサッパリしました。

衣類を,夏用のトップス・ボトムス,冬用のトップス・ボトムスとカテゴリーごとに山を作っていきます。
そこから,それぞれ必要なモノと不要なモノを分けていきます。

この分類する作業,今までは山の上から順に一枚ずつ手に取って,いるかいらないかを分けていました。
でもこのやり方だと,いるかいらないか判断できない服が出てきたときに,集中力が切れて,やる気をなくしまうことがありました。

そこで,今回は衣類の山の中から,今後も着たい服だけを直感で取り出すやり方に変えてみました。
着たい服だけを選ぶ作業は早いし、楽しい。テンポ良く進みました。でも、途中で手が止まってしました。
この時点で残った服は、おそらく着ない服。一つずつ手に取って,どうして残ってしまったのか?考えてみました。

 好きだったけど,生地が傷んできた

 体型が変わったため,似合わなくなった

 一年使わなかった

 手持ちの服と合わせられなかった


一つずつ,ちゃんと手に取らなかった理由がありました。
これらの服は,着ない服と判断。

c0293787_12265622.jpg

不要と判断した服の山。
私の衣類67点のうち,必要なモノ43点,不要なモノ24点の結果でした。


不要なモノの大物は,スキーウェアと結婚式用のワンピース。

スキーウェアは,第一子を出産してから一度も使っていません。
今年こそ行こう!毎年思うのに行けていません。
かなり前のデザイン,このスキーウェアを着たらスキー場で浮くだろうな~と思い、手放すことにしました。

結婚式のワンピースは,着る予定があったので取っておいたのですが,予定がなくなりまして…
いつ使うことになるか分からないモノを取っておいてもな~と思い手放すことにしました。
最近レンタルワンピース()というサービスがあることを知りました。種類もサイズも豊富で、選ぶのも楽しそう。結婚式に呼ばれることがあれば,このサービスを使ってみたいです。

予想以上に不要なモノが多い結果に愕然。
残すのは43点で大丈夫か?
ちょっと不安になってしまいました。

衣類整理は続きます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]