カテゴリ:  キッズスペース( 19 )


c0293787_16133035.jpg


リビングダイニングの横にあるわが家の和室。

夫は長男なので、
将来お仏壇を引き継ぎ、仏間として使うことを想定して、
和室は玄関に近いところに作ってもらいました。
押し入れは仏壇が入る大きさを確保しています。

引き戸を全開にすると、
リビングダイニングと和室が一体になるような間取りになっていて、
今はフリースペースとして活用しています。


c0293787_16130802.jpg


雨の日は部屋干しスペースとして。

本当はリビングから見えるところに洗濯物を干したくないけど、
わが家は乾燥機や除湿器がなく…
脱衣所やサービスデッキより和室で干したほうが乾きが早いと気づいてからは、
見た目よりも乾きの早さを優先。
ここでの部屋干しが定着してしまいました。


c0293787_16131902.jpg


週末はキッズコーナーになります。

押し入れの片側は次女の学用品&オモチャコーナー。

次女はリビングで遊ぶことがほとんどだけど、
甥っ子や姪っ子たちは、
わが家にやってくるなり押し入れのふすまを開けて、
和室にオモチャを広げて遊び始めます。


c0293787_16132571.jpg


ときどき和室の引き戸を締め切って遊んでいることも。
締め切ると、いつもちびっこたちは大喜びです。笑。


c0293787_16131391.jpg


和室があってヨカッタ!!と一番感じる瞬間は、
お昼寝をするとき。

風通しがよく、
特に夏は他の部屋よりも涼しいので、
庭仕事のあとにここでゴロンと寝転がるのが至福のひととき。
ちょっと贅沢な癒しの空間になっています。

以上、わが家の和室の活用法のまとめでした^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_15312163.jpg


長い長い夏休みが始まりました!!

休みに入ると、時間がたっぷりあるからと、
ついついやるべきを後回しにしがち…。

新学期の前に「しまった!」と慌てないようにするためにも
モチベーションが高い夏休みの始めのうちに
やるべきことを一気に済ませるようにしています。

今回はわが家が夏休みに入ってすぐにやっていることを3つまとめました。


c0293787_15311418.jpg


1.キッズコーナーのリセット

持ち帰った作品は写真を撮ってから
本人とわたしが気にいった作品は飾り、それ以外の作品は処分しています。

同時に使い終わったノートやドリルやプリントなど、
今後使わない教材を整理して二学期に持ち越さないようにしています。


c0293787_15311842.jpg


2.学用品の点検と保管

学用品はすぐに中身をチェック。
足りないモノ、買い換えるモノをリストアップします。

引き続き使う学用品は、掃除(洗濯)をしてから保管。
わが家では長男は自室、長女は2階の押し入れ、次女は1階の押し入れと
子どもごとにまとめて別々の場所で保管しています。

次女の場合は、見えるところに置いておくと、
悪気なくこちらの予想もしていないことをしでかしてくれるので、
外から見えない白い箱に入れて避難。
何が入っているか分かるようにフセンでラベリングしています。
先日は長男が学校からもらってきた高校ガイドブックをダイニングテーブルに置きっぱなしにしていたら、
見事にビリビリにしてくれました…。泣。

新学期が始まったら、箱から学用品を取り出して学校に持っていくだけ。
先取りで準備しておくことで、気持ちの余裕も生まれます。


c0293787_15310505.jpg


3.夏休みの予定表作り

家族5人それぞれのスケジュールをお互いが共有できるように
夏休みの予定をまとめたスケジュール表を作り
目につきやすい場所に貼ります。

子どもたちの予定は午前と午後に分け、
弁当の有無も分かるようにしました。

スケジュール表を作ってみて分かったのは、
部活、補充学習、体育祭の準備、学校行事、高校説明会と、
受験生である長男の予定が意外と多く、フリーの時間が少ないこと。
うかうかしていると山のように出ている課題を進めていけないと自覚したよう。
受験生は大変だけど、精一杯やってほしいです。

やりたいことを一気に済ませて、ちょっと一安心。
有意義で楽しい夏休みにしていきたいです!
そして、わたしは苦手な弁当作りをが、がんばります…^ ^


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_16452582.jpg


この4月で中3になった長男の学習用品の収納の見直しをしました。

長男の要望は、
スペースが狭くなってもかまわないから、
勉強している最中に椅子から動くことなくモノが取れるように
机の上に学習用品をまとめたい。

そこで、もともと置いていたファイルケースの横にレターケースを移動させ、
小物収納ボックスを追加することにしました。


c0293787_16453601.jpg


10段の引き出しにはプリントを教科ごとに分けて収納。
残りの1段にはノートのストックが入っています。

学校から持ち帰った宿題や小テスト用のプリントはひとまずここに入れて、
定期テストのときに復習しているそうです。

今は机の上に置いていますが、
レターケースは、長男の部屋で使っている
無印良品のスチールユニットシェフルにピッタリと収まります。

▼レターケースはこちらで購入しました▼
【レターケーススリム L-10SR ライトグレー】


c0293787_16453205.jpg


見直し前は、ファイルケースのみだったところ。

ファイルケースには中学校の教科書やノートや副教材をしまっています。
この写真ではスカスカの状態ですが、
通学バッグのなかにある教科書とノートを戻すといっぱいに。
ファイルケース×5で幅が約55センチ。
学校で使う中3の教材だけでもかなりのボリュームです。

ファイルケースの下には小物収納ボックスを追加。
ホームセンターでカットした木材をコの字型にして、
下に無印良品のポリプロピレン小物収納ボックス6段と3段をひとつずつ入れました。

木材の幅は、今後教材が増えることも想定して、
もうひとつファイルケースが置くことができる幅にしています。


 


小物収納ボックスは、棚板を組み替えれば縦横どちらでも使うことができ、
中に可動式の仕切りがついています。
ここには細々とした文房具を収納します。

c0293787_18142267.jpg


ファイルケースは、長男の部屋では取り出しやすさ重視で反対向きに使っていますが、
正面はこのようになっています。

お値段のわりに作りがとてもしっかりしていて、
重たい本をたくさん入れても安定感があります。

▼ファイルケースはこちらで購入しました▼
【ステイト ファイルケースワイド】



c0293787_16454175.jpg


ファイルケースと小物収納ボックス。
メジャーで測ってみると、奥行きが一緒ではないものの数ミリの違いだと分かり、
一緒に組み合わせることに。

A4のファイルケースはどれも同じくらいの奥行きだと思っていましたが、
無印良品のスタンドファイルボックスやニトリのファイルスタンドは奥行きが2センチ以上深いことに気がつきました。


ピッタリとはいかなくても、
そこそこきれいに組み合わせることができて自己満足。
使い勝手もよくなったようでヨカッタです^^。



  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_13325227.jpg


和室のキッズコーナーには、小さな悩みがあります。


c0293787_13333605.jpg


それは、冬の夜は和室が室内干しのスペースになり、
照明のスイッチがつけにくくなること。
毎晩、洗濯物をよけてスイッチをつけるのがプチストレスになっていました。

和室のスイッチの場所は、もっと使い勝手のよさを考えてつけるべきだったと、
家造りの残念ポイントのひとつになっています。


c0293787_13365190.jpg


そこで、押し入れに人感センサーライトをとりつけてみることにしました!!


c0293787_13374940.jpg


近ごろの人感センサーライトは、
バリエーションが本当に豊富ですね~。

 ・コンセント不要
 ・工具を使わなくても取り付けができる
 ・電池式ではなくUSB充電式

上の条件をもとに細長くてコンパクトなセンサーライトを選びました。
スチールラックの幅にピッタリでした^^。

▼コチラの商品を購入しました▼
【Lifbetter 10-LED人感センサーライト 】


c0293787_13452845.jpg


もとは両面テープでマグネットを壁に貼り付け、
そこに本体を磁力でつけるタイプのライトですが…


c0293787_13462322.jpg


本体にマグネットを貼り付けて、
スチールラックに磁石でくっつくようにしました。
これなら、どこも傷つけることもなく、
充電するときも簡単に取り外しができます。

スイッチで常時点灯と人感センサーを切り替えることができ、
わが家は人感センサーのみで使っています。
充電は15分ほどで完了。
使い始めて2週間ほどになりますが、まだ充電は1回もしていないです。

明るさも十分で、
和室の照明をつけなくてもモノの場所が分かるようになったのですが…


c0293787_13541748.jpg


ライトの色が青白かった~。

わが家の照明はすべて電球色なので、
このライトの青白い光がすごく目立つし、怖い…。
長女と次女は「おばけがでそう~」と喜んでいました。笑。

商品の説明に電球色と書いてあったのでそのまま信じてしまったのですが、
確認してみると、何件かのレビューで青白い光と書いてありました。

マグネットを本体に貼り付けたあとに気づいたので、
交換や返品もできず。
しまった~、もっと確認するべきだったとちょっと後悔。

夜が明ける前、和室の前を通るたびに青白い光がパッとつき、
毎回ビクッ!!と反応してしまう自分が悲しいです…。

とはいえ、とても使い勝手のいいセンサーライトなので、
いろんな使い方ができそう。
もうしばらくここで様子を見ながら、
もっといい使い方がないかを検討しようと思います。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]



c0293787_14561743.jpg


長女のベッドを購入しました。

小5の長女が自分の部屋で1人で寝たいと言いだし、
ベッドの購入を検討するようになってから約半年。

▼関連の記事はコチラ▼
【寝室のベッドファブリックも秋仕様に】

長女の希望がはっきりしているのでリサーチはしやすかったものの、
値段やデザインや素材など希望の条件に合うものがなかなか見つからず…
決めるまでにすいぶんと時間がかかってしまいました。

スペース的にも金額も大きな買い物。
長女に喜んでもらいたいと探し続け、
ようやくお互いに納得のいくモノを見つけました!!



c0293787_15011433.jpg


購入したベッドはコチラ。
ベルメゾンのフレンチアイアンベット(選べるマットレス付き)です。

実物を確認してから購入するのが理想だけど、
白のアイアンのベッドは展示品が少ないうえに、
あってもデザインが気にいらなかったり、手の届かない値段だったので、
思い切って通販で注文することに。

イメージと違っていたらどうしようと不安もありましたが…
イメージ通りの商品でホッとしました。

ベットは配送料+1000円で組立も依頼。
2階の長女の部屋まで運んでくれるうえに、
段ボールなどの大きな梱包材を持ち帰ってくれるのはありがたい~。


c0293787_15045690.jpg



カバーは、ベルメゾンのレースとフリルがかわいいワッフル布団カバー3点セット

わたしには今までご縁のなかった女の子らしさ満載の姫ベッド。
いろんな意味ですごい。笑。
かわいらしいオーラに圧倒されてしまいそうでした。

自分の娘なのに、
服もインテリアも好みが全然違うから不思議です。


c0293787_14552836.jpg


春はこんな感じだった長女の部屋が…


c0293787_15080104.jpg


現在はこのように。
ベッドの存在感が半端ない。笑。

昨日からここで寝るようになった長女に
始めてひとりで寝た感想を聞いてみると、
「広くて、すごく快適だった!!」
朝までぐっすり眠ったそうです。

長女がいない分、スペースが広くなったのに、
心配で何度も目覚めてしまったわたし。
わたしが子離れしないといけないかも~。

待望のベッドに長女はご満悦。
大切に使って欲しいなぁと思います。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


c0293787_14391283.jpg


夏休みに入ったので、
和室の次女コーナーをリセットしました。


c0293787_14394622.jpg


次女のオモチャや学用品をしまっている和室の押し入れ。

学校や児童館から持ち帰ってきた作品は、壁に飾りました。

壁に飾った作品を見て、
「これ、(次女の名前)がつくった~!!」
嬉しそうに話してくれる次女。

壁が少しずつ子どもの作品で埋まっていくのは楽しく、
成長も感じることができます^^。



c0293787_14395843.jpg


夏休みの間、家で保管する学用品は、
持ち帰ったときに、中身をすぐに点検。

新学期直前になって慌てることがないように、
記憶が確かなうちに足りないモノを補充したり、買い替えるようにしています。

新学期に持っていく学用品はまとめてバンカーズボックスのなかへ。

次女は見えるところに置いておくと、
何をしでかしてくれるか分からないので、
保管が必要なモノは外から見ても分からない箱に避難。
遊ぶことの多い鍵盤ハーモニカだけ、見えるところに置いています。

絵の具セットを購入したばかりのころ、
使い方が分からない次女は、絵の具をソファの上に出して夢中になって遊んでいました。
家で洗濯できるソファカバーでほんとヨカッタ…。


特別支援学級に通う次女も、
3年生から習字が始まり、絵の具とリコーダーを使うようになったので、
持ち帰る学用品がずいぶんと増えました。

①と③の箱のなかに
どれだけの学用品が入っているのがメモしてみました。

① 絵の具セット
  習字道具
  給食セット(エプロン・三角巾・マスク)
  歯みがきセット(歯ブラシ・コップ)
  音楽用の手提げバッグ(リコーダー・音楽の副教材)
  給食で使う介助箸と持ち手付きのコップ
  ぞうきん

③ お道具箱(のり・はさみ・色鉛筆など)
  体育セット(体操服・赤白帽子・スポーツタオル)
  上靴

こうして書きだしてみると、けっこうな量。
学年が上がるにつれて、さらに増えていくんだろうなぁ。汗。

ちなみに…
②は、遠足用のシートや雨具やお下がりの体操服など
あまり使うことのない学用品。
④は、児童館用のおやつとおやつ袋。
⑤は、文房具のストックを入れています。
 

c0293787_14401500.jpg


IKEAで買ったワゴン。
学校のあるときは、ランドセルラックとして使っていますが、
夏休み中は、児童館に持っていくモノと夏休みの宿題の置き場所として使うつもりです。

▼関連の記事はコチラ▼
【IKEAのワゴンで子どものランドセル収納】

上段には、児童館用のリュック。
中段には、黄帽子、ハンカチとはなかみ。
下段には、夏休みの宿題と、
夏休み中に使うモノだけにしています。

次女もすんなりと受け入れてくれたので、
休み中はこのやり方でいけそうです。



c0293787_15500365.jpg


子ども達にとって楽しい夏休み。

わが家は、夏休み初日から
長女の野外教育活動や母の三回忌など行事が続いたうえ、
子どもたち3人がそれぞれ生活リズムが違うこともあり、
いつも以上にバタバタしていました。

日曜日は毎年恒例の流しそうめん。
今年も長男と友達が集まって庭で流しそうめんをやりました。

去年からは事前準備から後片付けまですべて長男たちにお任せ。
今回はこんなポスターまで作っていました。笑。
いつの間にこんなことができるようになったのだろう~?

流しそうめんは大盛り上がり!!
中2男子たちがワイワイ騒いでいるなか、
ちゃっかり長女と次女もそうめんを食べているのを見て、
中2男子のやさしさに感謝しつつ、娘のたくましさを感じたのでした…。笑。

さぁ、夏休みは始まったばかり。
今年の夏休みを満喫したいと思います!!


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


c0293787_14220585.jpg


先日、IKEAで購入したワゴン。

部品がひとつ足りないために、
中途半端な状態で部屋の片隅に追いやられていましたが、
今週の始めに部品が届き、
ようやく組み立てることができました~!!

キッチンワゴン「RÅSKOG」は、
IKEAの人気商品のひとつで、
キャスターがついているスチール製のコンパクトなワゴンです。

色は、ダークグレー、ターコイズ、ベージュの3色展開。
どの色も魅力的で迷いましたが、
インテリアになじみそうなベージュを選びました。

わが家では、次女のランドセルラックとして使います。


c0293787_14544074.jpg


今までは、押し入れのキッズスペースにある
ユニットシェルフの中段をランドセル置き場にしていました。


c0293787_14560817.jpg


ところが、帰宅後の次女は、

 ・(写真右側の)玄関の扉からリビングダイニングへ
   ↓
 ・ダイニングテーブルの上にランドセルや帽子を置く
   ↓
 ・(キッチンの奥の扉から)トイレに行く

という流れが完全にできあがってしまい、
キッズスペースにランドセルを置くことはほとんどなし。
わたしがランドセル置き場にしぶしぶ置いていました。

ダイニングテーブルからキッズスペースまで、
たった5~6歩の距離。
でも、次女の動線からはずれてしまうので、
お片づけのハードルを高くしていたのかもしれません。


c0293787_16272620.jpg


そこで、次女の動線上に収納を設けようと、
玄関にワゴンを置いてみることにしました。



c0293787_14434000.jpg


上段がランドセル、
中段と下段に帽子やアウターなど、
学校に持って行くモノをいれます。

ランドセルを横向きにしてもワゴンのなかに
ちゃんと入るのですが、
あえて縦向きに置いてあるのは、
ちゃんと理由がありまして…。

左手しか使えない次女でも、
この高さ、この向きにランドセルを置けば、
一人でランドセルを背負うことができるのです~。
枠があるので、ランドセルが落ちないのもポイント。

軽くて柔らかいリュックであれば、一人でできるものの、
ランドセルとなると次女には難しく、介助が必要でしたが、
このやり方ならできることに気がつきました!!

介助なしで一人でランドセルを背負えることは、
次女にとっても、すごく嬉しかったみたいです。

「できたよ~!!」

と言いながら、
ランドセルを背負ったり、下ろしたりを、
何度も繰り返し披露していました^^。


c0293787_17065145.jpg


次女の場合、
児童館で宿題をやり終えて帰ってくることがほとんどだし、
時間割チェックの必要がないので、
平日は、ワゴンは玄関に置きっぱなしになりそう。

来客のときや休日は、キッズコーナーに置く予定。
キャスターがついているので、移動もラクです。

しばらくこのやり方で様子を見てみようと思います。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


c0293787_17552526.jpg


和室の次女コーナーをリセットしました。


c0293787_17561406.jpg


昨年度、次女が学校や児童館で作った作品は、
キッズコーナーの壁に飾っていました。

作品を持ち帰るたびに、
壁がどんどん作品で埋まっていくのは、
なかなか楽しかったのですが、
新年度になったのでリセットすることに。

今は、終了式の前に持ち帰った絵を1枚だけ飾っています。

それ以外の作品は、
次女には取っておく・取っておかないの判断が難しいので、
わたしが取っておきたいと思うモノのみ、
2階の押し入れにある思い出ボックスに入れました。

子どもの成長とともに、
思い出ボックスもいっぱいになってきたので、
こちらも整理しなければ…。


c0293787_17564740.jpg


次女の学用品は、
無印良品のパイン材ユニットシェルフにしまっています。

折りたたむことができるバンカーズボックスのなかは、

 ① ランドセル 学校用の着替えとおしりふき
 ② 新学期に学校へ持って行く学用品(ピアニカやお道具箱など)

長期の休みの間に保管したいモノを収納。

次女が気がつかないうちに取り出して、
油性ペンでらくがきしたり、はさみで切ったり、
のりでベタベタにされたり、どこかへ持っていくことがないように、(←すべて経験済み)
手の届かないところへ、外から見ても中身が分からない箱にいれています。

学用品は、持ち帰ったときに、すぐに中身を点検。
新学期が始まるときに慌てることがないように、
足りないモノの補充やメンテナンスは、
早めに終わらせておきたいと思いつつ、
今回の休みは、予定がビッシリで余裕がなく、
つい最近、ようやくすべてのメンテナンスが終わりました~。

ちなみに…特別支援クラスの次女は新3年生になりますが、
今のところ使っている教科書は、1年生の国語と算数、音楽のみ。
新年度も引き続き、同じ教科書とノートを使います。

毎日の時間割チェックはもちろん、
年度末の学校教材の整理の必要もないという点ではとってもラクです。笑。

▼関連の記事はコチラ▼
【キッズスペースの学用品の収納】

無印良品のラタンバスケットには、

 ③ 児童館用のおやつとおやつ袋
 ④ 文房具のストック

長期の休み以外でも使うモノを収納しています。



c0293787_17570373.jpg


あとは、新学期が始まるタイミングで、
箱のなかから学用品を出していくだけ。
準備万端です!!

そして、次女の学校の準備と、帰宅後のお片づけがよりスムーズになるために、
新学期が始まったら、ひとつ試してみたいことが…。
こちらについては、もう少ししたら記事にしたいと思います^^。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


c0293787_08561856.jpg


庭の桜の木が次々と花を咲かせ、見頃を迎えています。
桜の花を見ていると、心が軽やかになり、どこかワクワク。


c0293787_22420886.jpg


さて、長女の部屋の学習用椅子を替えました。

▼関連記事はコチラ▼
【子ども部屋のインテリア・くつろぎスペース 】
【子ども部屋にウォールステッカー】

c0293787_09444962.jpg


以前使っていたのはバランスチェア。
長女にきれいな姿勢で勉強してほしいと、
入学のときに、学習机とあわせて購入したモノです。
椅子本体に専用のピンクのカバーを掛けていました。

始めは、きれいな姿勢で学習し、何も問題なく使えていましたが、
学年が上がり、学習時間が長くなるにつれて、
この椅子に座っていると疲れると言い出すようになってきました。
時間が長くなるほど、膝を曲げた状態がつらくなってくるみたいです。

話し合いの結果、
長女希望の「背もたれとキャスターがある白い椅子」に買い換えることに。


c0293787_22413299.jpg

半年ほど前から、椅子を探し始め、
ようやく長女が選んだのがコチラ。

先日行ったIKEAで購入した「GREGOR 回転チェア」です。
フローリングの傷防止のため、「KOLON フロアプロテクター」も一緒に購入しました。

c0293787_22414213.jpg


20分ほどの組み立てで完成。
座面のクッションカバーは洗濯可、
アームは後から外すこともできます。


c0293787_22420027.jpg


設置するとこんな感じに。

椅子に座った長女は、満面の笑みでクルクル回っていました。笑。


c0293787_22415105.jpg


椅子が変わっただけで、お部屋の雰囲気もずいぶんと変わりました。
ちょっとお姉さんっぽくなったかな?
今度の椅子は、長く愛用してくれることを期待しています。



 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。

[PR]
c0293787_09292062.jpg


絵本は、和室の押し入れの次女コーナー、
パイン材のオープン棚に収納しています。


c0293787_14202588.jpg


我が家にある絵本はこれがすべて。

子どもが小さかったころは、
読みたいときにすぐに手を伸ばせるようにしたいと、
何倍もの絵本を持っていました。

でも、長男も長女も大きくなるにつれて、
夜寝る前に「えほんをよんで」と持ってくることも、手に取ることも減り…
読まなくなったモノを少しずつ手放していきました。

わが家での役目を終えた絵本は、
少しでも地域の子どもたちの役に立てればいいなと、
子どもが通う小学校と図書館に寄付しています。

今ある絵本は、次女がよく手に取るモノばかり。
3兄妹が繰り返し読んできたものも多く、
破れてテープで補修しているところもチラホラ。
かなり年季が入っています。笑。
c0293787_14192295.jpg

絵本の収納に役立っているのが、無印良品のアクリル仕切りスタンド

わたしの本の収納と同じ方法で、
絵本の仕切りとして使っています。

▼関連記事はコチラ▼
【収納のゴールデンゾーンをもっと使いやすくする】


c0293787_14200830.jpg


ひとつの仕切りに入る絵本は6~9冊ほど。

仕切りスタンドを横に倒して、底面を棚の背面につけることで、
仕切りと棚板の段差がなくなり、
絵本がひっかかることがなく、戻すことができます。

また、絵本を取り出したあとも、バタンと倒れることがなく、
片手しか使えない次女でも、
取り出しやすく、片づけやすいです^^。



 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]