カテゴリ:  家事の小さな工夫( 40 )

c0293787_16144170.jpg


週末は穏やかな晴天でした。
ここ最近のなかでは暖かく、風がなかったこともあり、
なかなかできていなかった窓掃除を進めました。


c0293787_16143654.jpg


わが家のすべり出し窓についている網戸は、
簡単に取り外しができ、とっても軽いです。

屋内側についているためそれほど汚れていません。
外したら、はたきでホコリを落として、
シャワーで汚れを洗い流して、サービスデッキヘ。

網戸を干している間に窓の掃除に取りかかりました。


c0293787_16150465.jpg


窓ガラスは、
水をたっぷり含ませたメラミンスポンジで汚れを取り除いたあと、
スクイジーで水気を切り、
乾いたマイクロファイバーのふきんで拭き上げ。

窓のレールは、
(余っている)おしりふきで汚れを大まかに取り除いたあと、
アルカリウォッシュ水をスプレー。
浮いた汚れをウェスで拭き取りました。

簡単なやり方なので、
小さな窓は片面3分ほど、大きな窓でも10分弱と、
ひとつの作業時間は短いのですが、
わが家は窓がとっても多く3時間ほどかかりました。

窓多いと日当たりと風通しがよく、
恩恵もたくさんいただいているのだけど、
大掃除の時期になると掃除の負担が大きいなぁと感じてしまいます。

ちなみに、冬休みに入った子どもたちに手伝ってもらおうと声をかけたところ、

もうすぐ大きなテストが控えている受験生の長男には、
「テスト勉強したいから」
と断られてしまい、

冬休みは予定なしで暇そうな長女には、
「友達の家に行ってくる~!」
と軽やかに逃げられてしまい、

残った次女にお手伝いしてもらうことに。
メラミンスポンジで窓をなでてもらいました。
窓だけでなく床もベタベタにしてくれましたが…
次女なりにがんばって取り組んでいたと思います^^

作業が一気にはかどったこともあり、
窓掃除は、長男と長女の部屋を残すのみ。
(もちろん部屋の主に掃除してもらいます)

窓がピカピカになると、
部屋が明るくなって気持ちがいいです!

今日はクリスマスですね。
今から長女と一緒にケーキの準備をしようと思います^^

 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]

c0293787_10375865.jpg


11月に入り、細々と大掃除を始めています。

ここ数年は大掃除を11月からスタートし、
休日に少しずつ進めています。

大掃除は年末にやるものだと思い込んでいたころは、
数日で全部をやろうとして中途半端に終わってしまうことが多かったけど、
スタートを早めて、1度にやることを減らしてからは、
まんべんなく掃除ができるようになってきました^^


c0293787_10380277.jpg


わが家の大掃除に欠かせないのがチェックリスト。

一覧になっていることで、
掃除をしたところがすぐに分かり、モレやダブりを防げるし、
家族の割り振りもしやすいです。


c0293787_10374595.jpg


この日は2階をいつもよりも丁寧に掃除しました。

2階は子ども部屋とトイレのみなので、
あまり2階に上がることもなく、普段の掃除は長男と長女にまかせっきり。

久しぶりに2階を掃除すると…


c0293787_10374145.jpg


トイレの網戸の隙間からアリ🐜の卵を発見!
あまりの多さに、思わず大声で叫んでしまいました~。

どうも外からの1ミリにも満たない隙間から入りこんだよう。
目線よりも高いところで、
長男も長女もまったく気づかなかったみたいです…。

窓掃除をちゃっちゃと終わらせるつもりが、
1時間以上かけてアリの卵と格闘していました。

まさかこんな食べ物も何もないところにアリの卵があるなんて、
ちょっとショックでしたが、
気がついただけヨカッタことにしておきます。

早いもので明日から12月ですね!
家族に協力してもらいながら、少しずつ掃除を進めていこうと思います^^


 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]

先日、石油ファンヒータの余ったコードを
フックにひっかけていることを記事にしました。


収納スペースのないところでも、
フックがあればつり下げができるようになるので、
ファンヒーター以外にも、家のあちこちで活躍しています。

収納の隠れた名脇役ともいえるフック。
わが家のフックを使った収納についてまとめてみました。


c0293787_14032797.jpg


フックの中でもたくさん使っているのが、3Mの「コマンドフック」シリーズ。

 ・近くのホームセンターやドラッグストアで買える
 ・しっかりくっついて、キレイにはがせる
 ・種類が豊富


賃貸アパートに住んでいたときからずっと愛用していて、
思いついたときにすぐに試せるように常にストックを持っています^^

テレビの裏には透明タイプのフックをつけて、
羊毛ホコリ取りをつり下げています。


c0293787_14032383.jpg


ダイニングテーブルの隅には掃除用ブラシを。

すぐに使えるところにつり下げているので、
掃除したいときにサッと手に取ることができます。


c0293787_14033910.jpg


ファイルボックスの中には、花器と一緒にボトル用ブラシを。

小さなアイテムはつり下げておけば、
深さのあるファイルボックスのなかで紛れ込んでしまうこともありません。


c0293787_14033380.jpg


コンロ下の引き出しには、
鍋やフライパンと一緒に鍋敷きを収納しています。


c0293787_14034301.jpg


コマンドフックの次に使っているのが、
無印良品の「横ブレしにくいS字フック」シリーズ。

しっかりとした作りで、
名前通り本当に横ブレしなくて使いやすいです!!

クローゼットでは、ユニットシェルフにS字フックでベルトを収納。
服を着替えるときに一緒に取ることができ、
かけるだけで戻すのが簡単です。



c0293787_14034756.jpg


脱衣所にはバーに大きなS字フックを並べ、
左側は一度着たけど洗濯をするほどではないパンツやデニムの一時置き場として、
右側は掃除用品をつり下げています。

フックがあるとサッと引っかけることができてとても便利です。

以上、フックの活用法のまとめでした^^


 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]
c0293787_15323476.jpg


寒くなってきたので、
石油ファンヒーターを出しました。

からまったり、床に広がってごちゃごちゃに見えがちな電源コードは、
すっきり見えるように工夫をしています。


c0293787_15323949.jpg


ファンヒーターの裏側にフックをつけ、
余ったコードをひっかけました。


c0293787_15324428.jpg


以前、結束バンドでコードを束ねていたときは、
床についてしまい掃除のじゃまになるのが悩みの種でしたが、

この方法に変えてから、
コードが床につかないので掃除がラクになっただけでなく、
コードの長さを調整しやすくなりました。


c0293787_15322942.jpg


正面から見るとすっきり。

フックひとつの工夫で、見た目と掃除のストレスが解消されました^^


 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]
c0293787_15144436.jpg


料理は好きではないけど、
家族に喜んでもらえるようなおいしいご飯を作りたい。
そのために、わたしでもラクに続けられるやり方を模索しています。

ひとえに料理といっても、
洗う、切る、味付け、加熱、盛りつけなど様々な工程があります。

そのなかで嫌いな作業を減らせば、料理がちょっと楽しくなるはず。
わたしの嫌いな作業は何だろうと考えたとき、
肉を切って手がベタベタになることだと気がつきました。


c0293787_15144957.jpg


そこで、肉を切るときに手袋をはめてみることに。
掃除用に使っていた手にぴったりとフィットするタイプの使い捨て手袋を試してみました。

手がベタベタしないし、爪の中にくずが入らない。
これから肉を切るのも嫌じゃないかも!!


c0293787_15145263.jpg


このやり方なら続けられそうだったので、
キッチンにも使い捨て手袋を置くことにしました。

手袋はいろいろ試しているところですが、
今まで買った手袋の箱は、無印良品のラタン材のかごにピッタリでした。


c0293787_21183248.jpg


そして、肉を1回切っただけで手袋を捨ててしまうのはもったいないと、
週末に肉をまとめて切り、下味をつけて冷凍するように。
まとめて切っておくと、平日は本当にラク!!
今ではすっかり味付け冷凍ストックが習慣化しました。

嫌いな作業を減らしたことで、
イライラも減り、暮らしが回しやすくなりました。


 
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]

片付けをする前は、
部屋のあちこちにインテリア雑貨を飾っていたものの、
数が多すぎて掃除が行き届かず、
気がつくとホコリが…
なんてことがしょっちゅう。笑。

たくさん飾っているのに、
インテリアがしっくりこなくて、
小さなモヤモヤを抱えていました。

暮らしの見直しをした結果、
たくさんあった雑貨を手放し、
本当に好きなモノだけに厳選。

飾るものを減らすことで、
そこそこきれいな状態をキープでき、
インテリアと掃除のバランスが取れてきたと思えるようになりました。

今回は掃除の手間を少なく、インテリアを楽しむためのマイルールを3つ紹介します。


c0293787_21034335.jpg


1 壁や天井に飾る

壁に飾れば、床掃除のじゃまになりません。
床にあるものが少ないと掃除がラクになるだけでなく、
掃除したいときにサッと動くことができます。

また、壁に掛けたり、天井に吊るすことで、
空間に変化と立体感が生まれます。


c0293787_16463844.jpg


2.模様替えはファブリックで楽しむ

家具を移動させるのは大変だし、
雑貨が増えると掃除の手間も増えてしまいます。

でも、クッションカバーやブランケットなどのファブリックスなら
気軽に短時間で模様替えができるし、
面積が大きいのでイメージも変わり、新鮮さもアップします。


c0293787_16464305.jpg


3.飾る場所を絞る

飾り棚はキッチンカウンターの上の1ヶ所だけ。
飾る場所を絞ったら、
不思議と飾るアイテムも花器中心と絞られてきました。

飾るのはここだけと決めてしまうと、
手入れするのもここだけでいいと安心感があります。

そして、花器の水をかえるときに棚の上を「ついで掃除」することで
きれいな状態を維持しやすくなりました。


暮らしの見直しをしていくなかで、
収納やインテリアには順番があることを知りました。

①整理 ②収納 ③片付け ④掃除 ⑤インテリア

こちらが正しい順番なんだそうです。

以前のわが家のインテリアがしっくりこなかったのは、
片付けや掃除の前にインテリアに走っていたからだとすごく納得!

片づけができるようになり、掃除のやり方も定着してきた今は、
飾る雑貨はずいぶんと減ったのに、
インテリアの満足度は高くなり、心地いいと感じるようになりました^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_14434584.jpg


昨日壊れてしまった愛用のメガネ。
修理不能のため、レンズは再利用してフレームだけ新たに購入。
そして、予備でもうひとつメガネを買い足しました。

大きな臨時出費はとっても痛い…。
でも、ようやく見えるようになり、メガネのありがたみを感じています。

さて、週末になると寝具などの大物を洗濯しています。

いつもは洗濯機を回すだけなのですが、
暑くなってからは汗の黄ばみが気になり、
つけ置き洗いをすることが増えてきました。


c0293787_21033701.jpg


今回は長男の寝具3点。
まくらカバー、ベッドパッド一体型ボックスシーツ、ガーゼケットを洗いました。

お風呂の浴槽に50度のお湯を3分の1ほどためて、
酸素系漂白剤を大さじ4~5杯溶かします。
そこへシーツを入れて、フタをして、2時間つけ置き。
その後洗濯機に入れて、脱水→2回すすぎ→脱水してから干しました。

酸素系漂白剤の分量は汚れ具合によって変えていて、
いつも適当なのですが。笑。
主成分の過炭酸ナトリウムの効果が発揮されるのが40~50度だそうで、
お湯の温度は守るようにしています^^

今回の漂白剤は「オキシクリーン・日本版」を使いましたが、
よりコスパがよく、過炭酸ナトリウム100%の「
オカモト やさしい 酸素系漂白剤」も試しているところ。
汚れ落ちなどの効果に関してはどちらも変わらないというのがわたしの実感です。

定期的にシーツは洗濯機で洗濯しているはずなのに、
つけ置きしたあとのお湯はかなり濁っていて…
洗濯機では取り切れなかった汚れが取れたのがよく分かります!!

サッパリきれいになって気持ちがいい。
楽しくって、最近は週末ごとにつけ置きをしています。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

わが家の収納の隠れた名脇役ともいえるのが「コの字ラック」。

いろいろな商品が売られていますが、わが家は手作り派です。
ホームセンターで1カット30円で木材をカットしてもらい、
ボンドで貼り合わせるだけ。
上にモノをのせるときは1センチ以上厚みのある板を使っています。

手頃な値段でスペースにピッタリ作ることができるので、
どの場所でも大活躍!!

そんなわが家のコの字ラックの活用方法を4つまとめてみました。


c0293787_13071446.jpg


コの字棚の一番の魅力は、収納力がアップすること。

長男の部屋ではラックをつけることで、
教科書とノートが入っているファイルボックスの下に
文房具を収納する引出を加えることができました。


c0293787_13073636.jpg


シューズクロークの棚には、
季節外の靴をケースに入れてしまっています。

高い位置にあるので、ケースごと積み重ねると、
一番下にある靴を取りだすときに、上に積んである靴が落ちてしまうことも…。

コの字ラックを設置してからは、下の靴が取り出しやすくなりました。


c0293787_13114129.jpg


脱衣所では洗濯機の排水ホースの上にラックをかぶせて、
引き出しを積み重ねました。
ホースの目隠しと同時に収納力もアップ!!

引き出しに洗濯用品と子どもの下着を収納して、便利になりました。


c0293787_20420097.jpg


リビングのソファの裏にもコの字棚を使っています。
ここは収納力アップではなく、別の目的で活用。


c0293787_13110154.jpg


リビングの引き戸とソファがぶつからないように、
ソファの裏に引き戸よりも少し奥行きのあるコの字棚を置いて、
ストッパー代わりに使っています。

これがないとソファが後ろにずれて、
引き戸が開かなくなってしまう…。笑。

あと、ソファと壁の間にモノを入らない役目を果たしていて、
見えないけれど、なかなかいい仕事をしてくれています。

以上、コの字ラックの活用法のまとめでした^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
c0293787_14583043.jpg


新居を建てるとき、
キッチンにどうしても取り入れたかったのが白のタイルの壁。

シンクやワークトップは掃除のしやすさを重視しましたが、
ここは掃除のしやすさよりも見た目を優先しました。

とはいえ、掃除が好きではないわたし。
きれいな状態をキープできる自信はありませんでした。

でも、自分で選んだタイルの壁が汚れるのはもっとイヤだったので、
汚れているいないにかかわらず、
一日1回、夕食の片付けのついでに掃除をすることに。


c0293787_15013289.jpg


毎日続けていくためにはシンプルなやり方にしようと、
普段はマイクロファイバーのふきんで水拭きのみ。

拭くだけなら数分ですむし、
軽い汚れであれば水拭きで十分きれいになります。

ふきんはプラスマイナスゼロの「食器・テーブル・シンク周り用のふきん5枚入」のベージュ。
吸収力がよく、乾きが早いところ、キッチンで浮かないシックな色が気に入っています。


炒めものや揚げ物の油汚れが気になるときは、
キッチンペーパーで汚れをぬぐい取り、
セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして、
ふきんで拭いています。


c0293787_14584433.jpg


毎日同じタイミングで同じことを繰り返していくうちに、
何も考えなくても流れで掃除ができるように。

「つかれてやりたくないなぁ」
と思う日もあるけど、
「数分のことだからやってしまおう」
とやる気がなくても淡々と手を動かせるようになりました。

入居してもうすぐ3年。
隅々までピカピカとはいかなくても、
ほどほどにきれいをキープできています。

掃除を続けていくことで、
暮らしのモチベーションが上がるだけでなく、
自分の自信につながると感じているこのごろです。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_16090866.jpg


この週末は、芝生の芝刈りと肥料をまきました。
バラバラだった芝生の高さがそろい、見た目スッキリ。
きれいになりました。

芝生は、葉が緑色になる4月から11月までの間、
2か月に1回肥料をまいています。

わが家が使っているのは、細粒タイプの緩効性肥料。

去年、試しに小さなサイズを使ってみたところ、
においもほとんどなく、粒が小さいのでパラパラとまきやすい。
芝生の緑が濃く、鮮やかになり、効果を実感したので、
今年は5キロ入りを購入しました。

▼こちらを使っています▼
【ゴルフ場も太鼓判!バロネス 芝生の肥料 5kg入り 緩効性化成肥料 細粒タイプ 】


c0293787_16091321.jpg


5キロの肥料が届いたときは、
その大きさと重さにウッときましたが。笑。

開封したついでに、
5キロ全部を1回分ずつビニール袋に小分けしました。

肥料をまく時期によって、与える量が違うので、
小分けした袋の大きさはバラバラです。

小分けしておくことで、
毎回スケールを取り出して、
説明書を見ながら量る手間もなくなり、
肥料をまきたいときに、すぐに作業にとりかかれます。


c0293787_16091738.jpg


ビニール袋には、
マスキングテープに油性ペンで
肥料を与える時期と量を書いてあります。

さらに、スケジュール帳のマンスリーのToDoリストに
「芝生の施肥(○○グラム)」
と書いて、時期がきたら分かるようにしました。

次に肥料をまくのは7月。

今は気候もよく、庭仕事へのモチベーションが高いから、
芝生のお手入れもスムーズにできているけど、
きっと7月は暑くて、蚊も増えて、
庭に出るのがおっくうになっているのではないかと。笑。

でも、袋を出してまくだけと分かっていれば、
重い腰も上がり、予定通りお手入れもできるかな?

青々した芝生を見るのは大好きなので、
お手入れが維持できるようにしていきたいです^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]