カテゴリ:  WED内覧会( 14 )

c0293787_23191279.jpg

新しいお家が完成してから早2ヶ月半。
ゆっくりペースで入居前のお家の様子をお届けしてきましたが,今回でラスト。
14回目の今日は外観を紹介させていただきます。

南側のメインの外壁は白のそとん壁,木部のダークブラウンがアクセントになっています。
屋根はシルバーのガリバニウム鋼板。
2カ所あるウッドデッキはイペ材で作ってもらいました。


c0293787_18303708.jpg


模型だとこんな感じ。

当たり前だけど,
「模型のとおりになったね~」
と夫婦で感激しておりました。笑。


c0293787_18354746.jpg


反対側は白のそとん壁と黒のガリバニウム鋼板のツートン。


c0293787_18372285.jpg


黒の外壁に木の緑が映えます。


c0293787_21334541.jpg


階段の下に当たるところには外から出入りできる物置があります。
玄関の裏側なので,ここはシンプルでお値打ちなドアに。


c0293787_21350964.jpg


ここには家の中には持ち込みたくない庭仕事の道具を入れます。


c0293787_18394473.jpg


反対側の模型はこんな感じ。
模型の2階の左側を見て,「あれっ?」と思われた方もいるかもしれません。

実は,わが家には2階の屋根の上に登るためのはしごがついています。
どう登るかというと…


c0293787_18465277.jpg


子ども部屋のWEB内覧会で少しだけご紹介したこの凹み。
凹みの横にある窓から1階の屋根の上に乗ることができます。

c0293787_18493422.jpg


外から見る窓とはしご。
屋根の勾配は10%と緩やかなので,屋根からはしごに行くことができます。


c0293787_18513878.jpg


「2階の屋根の上に登れるようにしてほしい」
そう工務店にお願いした夫。
屋上という形ではなく,あくまでも2階の屋根ということにこだわっていました。

そんな夫に対し,私は怖くて登る気にもなれないからと大反対!!
でも,夫がこれは絶対に譲れないという熱意に負けて,私が折れました。

この要望をお伝えしたとき,
設計士さんと現場監督さんは苦笑いしているように見えたのですが…
夫の要望を上手く汲み取り,外観のデザインを損なわないようにと考えてくださいました。

はしごは設計士さんデザインの特注品。
黒のガリバニウム鋼板から浮かないようにと黒で塗装してあります。

はしごと2階の屋根が90度に近いので屋根の上に乗るときがちょっと怖いと言いながらも,
夫と長男がときどき登っては,2階の屋根の上から見える風景を楽しんでいます。

このはしご,男性陣には特に好評で,
なかには家を建てるときに同じような要望を出したという人も!!
男の人ってそういうところにマイホームの夢を思い描くものなのかな~?
予想外の反応にこちらがビックリでした。

以上,外観の紹介でした。
WEB内覧会にお付き合いくださり,ありがとうございました!!


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_11310260.jpg


WEB内覧会13回目の今日は子ども部屋を紹介させていただきます。

2階廊下の手前から長男の部屋,長女の部屋,一番奥の窓が見えるところが将来の次女の部屋です。

c0293787_11400476.jpg


こちらは長男の部屋。大きさは6畳です。

2階はすべて同じ仕様になっています。
壁・天井はプラネットジャパン・フェザーフィールのホワイト,床は無垢杉フローリング。
窓はウォッシャブルタイプのロールスクリーンを色違いでつけています。
色は子どもたちに選んでもらいました。
長男はホワイト,長女はピンク,次女は淡い黄色をセレクト。

c0293787_11412551.jpg


反対側から見るとこんな感じ。

c0293787_11441941.jpg


窓からは木蓮が見えます。
春になり花が咲いたらきれいだろうなぁ。

c0293787_11452448.jpg


真ん中は長女の部屋。こちらも大きさは6畳。

窓から見えるクスノキがいい感じ。
でも,当の本人はなんにも感じていません。笑。

c0293787_11470806.jpg

反対側。
長女の部屋のエアコンは隠ぺい配管のため,工務店と提携している電気屋さんにつけてもらいました。
エアコンは以前のお家で使っていたモノ。
建て替え前にエアコンを使い続けることができるかどうか電気屋さんに相談したところ,
この機種であればギリギリいけるかな~とお返事をいただいたので,取り付けることにしました。
でも,新しい部屋につけると,エアコンの古さが目立ちます。笑。

扉の奥に少しだけ見えるのは押し入れ。
1畳ほどの大きさで,3人分の冷暖房器具や季節外の寝具,掃除用品を収納するつもりです。

c0293787_14075882.jpg


一番奥の部屋は,いずれ次女の部屋になる予定。
ただ,次女がいつごろから自分の部屋で過ごすようになるのか?
全く読めないので,間仕切りはなしにしてもらいました。
なので大きさは廊下分も含めて8畳ほどあります。

この部屋は今のところ使う予定はないですが,
日当たりがよく,冬の日中は一番過ごしやすそうなので,
上手く活用できたらいいな~と考えています。

c0293787_11582725.jpg

ドアの向こうは2階のトイレ。
右奥の凹みは,ちゃんと目的があってこの形になっています。
これについてはまた別の記事で。

以上,子ども部屋の紹介でした~。


 ランキングに参加しています。いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。 
[PR]

c0293787_11294414.jpg

WEB内覧会12回目の今日は階段を紹介させていただきます。

階段はクローゼットのすぐ横,1階の一番奥。
正面の大きな窓からはわが家のシンボルツリーを見ることができます。

c0293787_11415675.jpg

窓は上にもあります。
上の窓はチェーンの上げ下ろしで開閉できるようになっています。

c0293787_11461398.jpg

外から見るとこんな感じ。
シンボルツリーは屋根よりも高く,近くで見るとかなりの存在感。

新しいお家のプランをお願いしたときに,この木を家から眺めたいと要望を出したものの,
まさか階段で,しかもこんなに大きな窓で提案してくれるとは思いもよらず。
私たちの期待以上にうまく要望を形にしてくれて,
プロはやはりすごいな~と感動してしまいました。
部屋ではありませんが,お家のなかでもけっこう気に入っているところです。


c0293787_12023542.jpg

2階の手前には小さな窓が。
私の身長でギリギリ開閉できる高さです。

この窓を開けた瞬間,風がス~ッと通り抜けるのがよく分かります。
小さいけど大きな役割を果たしてくれています。

c0293787_12053678.jpg

階段も他の空間と同じ杉で作られています。
身体にマヒのある次女のために手すりをつけてもらいました。
階段を上がるときよりも下りるときのほうが心配なので,下りるときに利き手で手すりが使えるようにしてもらいました。
手すりがないほうが見た目はすっきりしますが,ここは見た目よりも安全最優先で。

c0293787_13425648.jpg

2階の廊下を少し進むと…

c0293787_13445645.jpg


緑がいっぱいの景色を楽しむことができます。
ここだけを切り取るとまるで森のよう。笑。
緑のある景色はいいですね。
二階にいくたびにここを見て癒されています。

以上,階段の紹介でした~。


 ランキングに参加しています。いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。 

[PR]
c0293787_15571968.jpg

WEB内覧会11回目の今日は家族のクローゼットの紹介をさせていただきます。

大きさ3畳のクローゼット。
ここに家族5人分の衣類を収納します。
通風のため,窓もつけてもらいました。

c0293787_1664840.jpg

クローゼットの位置は階段の手前。

寝室の中にクローゼットが一般的だと思いますが,
わが家はあえて切り離してもらいました。

理由のひとつは,大きな嫁入りタンスと別々にしたかったから。
今までは寝室しかタンスを置くところがなかったので,タンスを置いていましたが,
天井に届きそうなくらい背の高い家具がふたつもあると威圧感を感じるし,
地震対策をしていても,どことなく不安が残っていたのです…。

もうひとつは,洗濯動線を優先したかったから。
生活動線を見直したときに,
寝室にクローゼットがあるよりも,洗濯干し場の近くにあったほうがスムーズではないのか?
そして,それぞれの部屋にクローゼットを作るよりも,
家族みんなの分をひとつの空間にまとめたほうがもっとラクになれる!!と思ったのです。笑。

ウォークインクローゼットだと奥にモノをため込みそうなので,
本当はウォークスルーがよかったのですけどね…
排水の位置のこともあり,この間取りに落ち着きました。

あとは,ここにちゃんとあの大きなタンスが入るのか?
通路や開口部の幅や高さはもちろん,
タンスを分解して,実際に運ぶ状態での大きさを計測。
しつこいくらい何度も確認をしました。
間取りの開き戸になっていますが,干渉しそうだったので引き戸に変更してもらいました。 

子どもが大きくなり,自分の部屋に服を置きたいという日がいずれやってくると思うけど,
それまではここにまとめて収納するつもり。
そのときには自分の服は自分で管理できるようになってほしいです!!

以上,クローゼットの紹介でした~。


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_15422130.jpg

WEB内覧会10回目の今日はお風呂の紹介をさせていただきます。

お風呂はクリナップのアクリアバスにしました。
1616型の1坪タイプです。

造作やハーフユニットにすることもできましたが,
保温性の高さやお手入れのしやすさや水漏れの心配が少ないこと,
そしてコストがかなり押さえれることからユニットバスに。

でも,ユニットバスはたくさんありすぎて,どの会社にしようか悩みました…。
最終的には,どこを選んでも今までのお風呂よりは機能がいいのは間違いないという結論に至り,
一番値引率が高かったクリナップを選びました。

c0293787_1557367.jpg

浴槽はスリースタイル浴槽。
子どもたちと一緒に入れるようにとできるだけ大きいものに。
パネルと浴槽の色は夫の好みのモノトーンにしました。

少しでも掃除がしやすいようにと,照明はオプションでダウンライトに変更。
鏡はつけず,シャンプーを置く棚もひとつに減らしました。
ただ,身体に障がいのある次女のためにサポートバーはつけました。
床は濡れても滑りにくくなっているそうですが,バーがあるとより安心です。

クリナップの特徴のひとつである常夏シャワーもついています。
常夏シャワーは1分間で一気に床へ噴出する温水シャワーで,そのお湯が床を、そしてその蒸気が浴室をあたためるというもの。
やはり冬はあたたかいお風呂に入りたい!!
浴室暖房よりもずっとランニングコストは安く済むのも嬉しいポイントです。

c0293787_176725.jpg

あと,わが家のお風呂の特徴になるのかな?
開口部が3面あります。

夫がお風呂から外の景色を見たいということで窓を2つにしてもらいました。
実際はというと,夫がお風呂に浸かるのはほとんど夜。
外の景色は見えないのですよね~。笑。

でも,開口部が3面あるからなのか?
浴室の乾きはすごく早いような気がします。

以上,お風呂の紹介でした~。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_1357266.jpg

WEB内覧会9回目の今日は脱衣所とサービスデッキの紹介をさせていただきます。

洗面所の後ろの扉の奥が脱衣所です。

c0293787_146989.jpg

大きさは約1.5畳。

少しでも家事動線を短くし,家事の効率性をあげたかったことから,
ここにはバス・洗濯用品に加えて掃除用品を収納するスペースを確保。
かなり贅沢なスペースとなっています。

脱衣所も洗面所と同じく,
壁・天井はプラネットジャパン・フェザーフィールのホワイト
床はINAXのサーモタイル ソフライムⅡ(SL-24N)の300角

上のバーは,洗濯ハンガーを掛けたり,洗濯物の一時置き場に使います。
冬の暖房器具と除湿器を置くためのコンセントもつけてもらいました。

c0293787_14404966.jpg

脱衣所から見た洗面所。

c0293787_14555213.jpg

脱衣所の隣には洗濯物を干すためのサービスデッキがあります。

c0293787_14584590.jpg

サービスデッキは約2畳。
5人分の洗濯物を干すには十分すぎるほどの広さです。
軒下なので,雨の日でも干すことができます。

c0293787_1563967.jpg

外から見るとこんな感じになっています。
サービスデッキは凹んだ部分にあるので道路からは見えません。
わが家にはまだ小さいけど娘もいるし,防犯の面からも洗濯物が丸見えにならないのは助かります。

サービスデッキの右側には立水栓があります。
庭仕事でベタベタになった手を洗ってから,サービスデッキ→脱衣所→お風呂に行くことで,
泥汚れを少しでも家に持ち込ませないようにしました。
もちろん子どもが泥んこになったときにも大活躍しています。笑。

以上,脱衣所とサービスデッキの紹介でした~。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_6543579.jpg

WEB内覧会8回目の今日は洗面所の紹介をさせていただきます。

洗面所は脱衣所とはあえて別のスペースにしてもらいました。
脱衣所とサービスデッキへの通路も兼ねています。

壁・天井はプラネットジャパン・フェザーフィールのホワイト
床は子どもたちが水でベタベタになるだろうとフローロングからタイルに変更。
INAXのサーモタイル ソフライムⅡ(SL-24N)の300角にしました。
床が濡れても滑りにくく,冬でもひんやりとしにくいタイルなのだそう。
表面は少しデコボコしていて,ザラリとした感触です。

c0293787_737293.jpg

工務店オリジナルの造作による洗面カウンター。
正面は鏡張りなので,実際の空間以上に明るいし広く感じます。

洗面ボウルはセラトレーディングのVB51338L 洗面器
水栓はKAKUDAIの混合栓(184-002)

夫が朝,洗面所で髪の毛を濡らしたいことから,水栓はシャワーヘッドで伸びるモノに。
こうして見ると,水栓はごついですね。
私はもっと線の細い水栓が好みだけど,
夫がここはどうしても譲れないというので私が折れる結果に。
でも,ここで髪の毛を濡らされたら,洗面カウンターがベタベタになりそうだと,
洗面ボウルは横幅が800とできるだけ広いモノにさせていただきました。笑。

洗面カウンターの下は,最初のプランでは扉付きの収納になっていましたが,
通路の幅が狭いのでモノが取り出しにくいことと,少しでも広く見せたいことからオープンに。

その分,洗面所の横にニッチ状の収納スペースを作ってもらいました。
立ったまますぐにモノが取り出せるようにオープン収納にしましたが,
洗面所に入るときには見えないようになっているので,
ほどよく生活感も隠せるかな~と思っています。

以上,洗面所の紹介でした~。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_14573035.jpg

WEB内覧会7回目の今日はキッチンの設備の紹介をさせていただきます。

キッチンの設備は,特にこだわったところのひとつ。
毎日使うところなので機能性や使いやすさを考慮しつつも,
毎日見るところだからこそデザイン性も重視したい。
でも,どちらも兼ね備えているモノは高いのですよね…。
どのようにバランスを取るかさんざん悩みました。
100%でないけど,悩んだ分満足度の高いキッチンにできたと思っています。

c0293787_1562120.jpg

換気扇はアリアフィーナのフェデリカの壁面取り付けタイプ。
工務店が提案してくれたモノをそのまま採用しました。

キッチン設置のときに違うモノを取り付けられていたので,ちょっと焦りましたが,
希望していたものに無事に替えてもらえてホッとしました。

フィルターがないので,お手入れもラクになりそうです。

c0293787_15122977.jpg

コンロはリンナイのドロップインコンロのステンレストップタイプ4口。
魚焼きグリルも自動操作もありません。
グリルはありませんが,ちゃんと焼き魚は食べています~。そのレポはまた後日。     

わが家は鍋でご飯を炊いているので,
ご飯の自動操縦機能はとっても魅力でしたが,
たまたまガスのショールームの料理教室で自動操縦が使えないというトラブルを見てしまいまして…
私には複雑な機能はとても使いこなせないだろうとアナログなコンロに。
私の作る料理であれば,これで十分足ります。笑。

c0293787_15324324.jpg

パッと見は分かりませんが,
キッチン本体には食洗機も入っています。

c0293787_15281045.jpg

食洗機はASKOのD5554。
幅が60センチのオールドアタイプの食洗機です。

今までは7人分の食器の手洗いが負担に感じていたので,
食洗機だけは何がなんでもつけたい!!と譲らなかったところ。
コンロやシンクで減額調整することで,希望していた外国製の食洗機を採用しました。

オールドアタイプで面材がキッチンと同じホワイトアッシュだからか?
始めて来たお友達はここに食洗機があるとは気がつきません。
ドアを開けるとすご~くビックリしてくれるので,その反応に喜んでいる私です。笑。

c0293787_15262674.jpg

シンクは,エクレアキッチンのステンレスアンダーシンクS102。
少しでも掃除がしやすいことを優先。
洗剤ラックも水切りプレートもついていないシンプルな形状なモノを選びました。

c0293787_16212946.jpg

水栓は,三菱レイヨン・クリンスイのアンダーシンクタイプ複合水栓 F914 。
浄水器一体型複合水栓で,グローエ社がクリンスイのために開発した水栓です。

今までのお家は浄水器がついていたので,浄水器は必須条件でしたが,
浄水器と混合水栓が分かれていると掃除が面倒ということで一体型にしました。

こうして書いていると,ほとんどの設備は掃除のしやすさを優先していますね。
きれい好きでも,マメに掃除するタイプでもありません。
ズボラで雑なので,今よりも少しでも掃除や家事がラクになるキッチンを目指しました~。

以上,キッチンの設備の紹介でした。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_130647.jpg

WEB内覧会6回目の今日はキッチンを紹介させていただきます。

キッチンはダイニングの奥にあります。

c0293787_1355577.jpg

ダイニングから近づいてみるとこんな感じ。

c0293787_1332082.jpg

キッチンの大きさは4畳。
キッチンの一番奥に冷蔵庫置き場,キッチンの後ろが収納になっています。

c0293787_13123375.jpg

キッチン本体は2550のⅠ型。
工務店のオリジナルで,建具屋さんが作ってくれました。

面材はホワイトアッシュのクリア塗装。
主張の少ない材なので,フローリングの杉やダイニングテーブルのオークともなじんでいます。
壁は工務店が提案してくれた白のモザイクタイルをそのまま採用しました。

キッチンは半分対面?と言えばいいのかな?
シンクとワークトップの前は,リビングダイニングが見えつつも手元は隠れるように。
コンロの前と横は,少しでも油汚れの掃除がラクになるようにと壁にしてもらいました。

c0293787_13254973.jpg

キッチンの窓からは大きなクスノキが見えます。
窓は庇のすぐ下の位置にあるため直射日光が入ることはありません。
南向きだけど他の部屋よりも気温が安定しているので食材を保管するには良さそうです。

c0293787_133017100.jpg

キッチンの後ろは,キッチン本体と同じ高さのカウンターと床から天井までの収納棚。
カウンターは,ダイニングからは見えないので使いやすさを優先してオープンに。
収納棚は,ダイニングからよ~く見えるので,さっと隠せるように引き戸を付けました。笑。

c0293787_13324359.jpg

どちらも棚は可動式。
家電が使えるようにとコンセントを付けてもらっています。

長くなってしまうので,キッチンの設備については次回紹介させていただきますね。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_6364370.jpg

WEB内覧会5回目の今日は和室の紹介をさせていただきます。

和室はダイニングのすぐ隣にあります。
大きさは4.5畳。

c0293787_6384453.jpg

壁・天井はプラネットジャパン・フェザーフィールのホワイト,畳は縁なしのモノにしました。
窓はリビングと同じ障子です。

c0293787_642225.jpg

ふすまで間仕切ることもできます。
普段は狭くなるので間仕切ることはありませんが,
誰かが病気になったときの隔離部屋にしようかな~と思っています。笑。

c0293787_6464452.jpg

緑のふすまの奥には押し入れがあります。

c0293787_6472140.jpg

約1.5畳分の押し入れ。
あえて仕切り棚はなしにしてもらっています。

ここは,母屋にある仏壇をいずれここに置くことになるかもしれないので,
設計士のKさんに仏壇を計測してもらい,
ちゃんと収まるスペースを確保してもらいました。
夫はこの地域の大本家の長男でして…仏壇のお世話は必須なんです。

仏壇を置くとなると,和室はもっと大きいほうがいいのかもしれませんが,
いつ置くことになるのか?
本当に母屋の仏壇を置くことになるのか?
今は全く分からないのすよね…。
なので,月命日ができる大きさであればいいとこの大きさに。

しばらくの間押し入れは,収納スペースとして活用するつもりです!!

以上,和室の紹介でした~。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]