カテゴリ:  以前のお家のお片づけ ( 7 )

ようやく物置の片づけが完了しました!!

c0293787_954688.jpg

古い家具や農業用の道具が置かれていたこちらのスペース。

c0293787_9551798.jpg

からっぽになりました。

c0293787_9555891.jpg

半分ゴミ置き場と化していたこちらのスペース。

c0293787_9572751.jpg

こちらもからっぽになりました。

すべての作業を終えたのは,解体当日の朝。笑。
あまりのモノの多さに,タイムリミットまでに作業を終えることができるか?
ヒヤヒヤしましたが,最後の2週間の追い込みでがんばりました!!

手放したモノもたくさんありますが,たくさん引き取ってもらったおかげで作業がはかどりました。
古い織物・布団は,骨董好きのご近所さんに。
大量にあったむしろやわらは,専業農家の知り合いに。
古い農器具・缶でできた大きな米びつは,金属の回収業者に。

こちらが引き取り手がないだろうと思っていたモノ,たとえば,50年以上前にひいひいばあちゃんが使っていた古い布団でも,欲しいという方がいることに驚きでした。
どんなモノが需要があるのか分からないものです。
いろんなところにアンテナを張っておくことが大事だと感じました。


また,半年間の作業の中で,最後の追い込みの時期がこの季節だったのはラッキーでした。
気候にかなり後押しされたことを実感しています。

 ・ほど良い涼しさが,思考をクリアに。
 ・気候による体の負担が少なく,作業が長続きする。
 ・虫(特に蚊)が減ったので,作業に集中しやすい。
 ・疲れても,良質な睡眠が取りやすい。


夏だと,暑さで体力を消耗するので作業するにも時間がかかりました。
冬だと,寒くて体を動かす気持ちになれないし,特に義両親には冷えが体の負担になっていたでしょう。
大掃除の前のこの時期は,片付けに最適な季節!!ではないでしょうか?


物置の片付けを始めてから半年。
作業は順調だったわけではなく,体力的にも時間的にも大変でした。
片付けても,片付けても,出口の見えないトンネルにいるかのようで,どことなく家族の雰囲気もピリピリ。
何度か衝突もあり,精神的にキツかった!!

でも,タイムリミットに間に合うことができたし,やり遂げたって達成感も。
作業が終わった途端に,家族の雰囲気もとても和やかになりました。

家の建て替えの話が浮上する前は,
「わしが死んでから,この物置を片付けてくれ」
と話していて,片付ける気が全くなかった義父。

でも,義父が元気なうちにこの大仕事をやってもらえてヨカッタ。
私や夫でも大変だったので,義両親にとってこの仕事はもっと大変だったはず!!
今は感謝の気持ちでいっぱいです。
この日は,義父のご機嫌を取るために,大好物の卵料理をどっさりと作りました。笑。

そして,次は新しい部屋を快適にするための作業をしています。
ちょうど今は無印良品週間,グッズを買い足しました。
完成したら,またアップします!!

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_1094999.jpg

清々しい秋晴れのこの日,
普段からお世話になっているお寺さまにお清めをしていただき,
家の建てかえ工事が着工されました。

話が浮上してから約1年半。
すいぶんと長く感じましたが,いよいよか…とちょっと身が引き締まる思いです。

家の建て替えは家族みんなで話し合って決めた結論です。
でも,実は本当に離れを壊してまで,本当に家の建て替えをしてもいいのか?
と,ずっと自問自答していました。

築年数は120年ですが,私たちが住むことになったときにリフォームしたので内装はきれい。
また,ライフスタイルの変化に応じて,自分たちでDIYしながら手をかけてきました。
家族の歴史を見守り続けてくれた場所でもあり,家族の思いが詰まっている場所でもあります。
その場所を失ってしまうことに,すごく抵抗を感じながらここまでやってきました。

でも,もう後戻りはできません。
前に進むだけですね。

最後に,お世話になったこの場所をきれいに掃除することで,自分の気持ちを整理しました。
ここで過ごすことができて本当に幸せでした。
今までありがとうございました!!

c0293787_10303793.jpg

さて,工事の初日は,解体準備のための水道と電気の工事が行われました。
同時に,今まで使っていたスイッチプレートとコンセントプレートを電気屋さんに取り外していただきました。

c0293787_10552575.jpg


こちらのプレートは,とあるインテリアショップで購入し,リフォーム時に付けてもらったモノ。
陶器でできていて,レトロなデザインが気に入っていました。
ただ,陶器なので,ぶつけて割ってしまったモノもチラホラ…汗。 

最初は,新居でもこちらのプレートを付けてもらおうと思っていましたが,
インテリアショップが倒産し,追加購入ができないことから,再利用はなしに。
欲しいという人に譲ることにしました。

c0293787_10382053.jpg

コンセントプレートを外すと,ホコリと木くずがビッシリ!!
中には虫の死骸が入っていたところも!!
ホコリが溜まりやすい形状のため、もう少し放置しておいたら,トラッキング現象に繋がっていたかもしれない状態だったそう。

古いコンセントは内部にホコリが溜まって発熱したり,発火する危険があります。
コンセントにも寿命があり,点検の目安は10年なんだそうです。
寿命があると知ってビックリ。しかも,10年って意外と短いと思いませんか!?

特に,ホコリの多いところ,油蒸気の多いところ,抜き差しの頻度の高いところは要注意です。
スイッチやコンセントの交換は資格を持った人しかできないので,電気店や販売店に相談するといいそうです。
工賃は5000円,コンセント一個につき部品代500円が目安だそう。

インテリア性重視で選んだプレート,よかれと思って使っていましたが…
知らないって怖いですね。
今まで事故もなく,このお家で過ごせたことに感謝です。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
秋が深まり、朝晩めっきり寒くなってきましたね。

今週始めは、家族で引越作業をしました。
引越と言っても、同じ敷地内にある空き部屋に家具とモノを移動させるだけ。
新居に使わない家具は引き取ってもらったし、モノの見直しをしてモノの量も減ったからと、ヘルプを頼むこともなく、
1日あれば作業は終わると思っていたのが甘かった…。

慣れない家具の分解・移動・設置に大苦戦!!
体格もしっかりしてきて大いに活躍してくれた長男に対し、
以前引越ししたときに比べて、力仕事が続かず、明らかに体力が低下している私たち夫婦。
1日どころか、結局3日間・合計8時間かかり、無事に作業を終えることができました。

c0293787_0583174.jpg

こちらのリビングは

c0293787_058582.jpg

こんな感じに。

c0293787_0592219.jpg

別の角度から見たリビング。

c0293787_0595259.jpg

からっぽの空間に。

c0293787_101854.jpg

家具でいっぱいだったリビング。

c0293787_104724.jpg

モノがないとこんなにも広いんだなぁ~。
声が響いて、少し前までここで暮らしていたのに別の空間みたい。

いつも使わない筋肉を使い、フラフラになってしまった私たち夫婦。
引越ってすごいエネルギーを使う大変な作業です。

モノを減らしたはずなのに、まだこんなにもある・・・と、終盤はモノの多さにうんざり。
疲れてしまって、モノを無性に捨てたい衝動に駆られました。
引越の多い人に、少ないモノで暮らす達人が多いこと。
すごく分かるような気がします。

新居への引越は、今回よりも移動するモノも倍増!!
プロの手か、ヘルプをお願いしようと思っています。


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
昨日はママスタートクラブのママのお片付け講座の日でした。

11月のテーマは

「大掃除の前に ~モノの上手な手放し方~」

簡単なワークを交えながら,
モノが増えてしまう原因・モノが手放せない原因から上手なモノのつきあい方まで,
みなさんと一緒に考えていきました。

みなさんにも思い当たるところがあったようです。
たくさんの経験談で大いに盛り上がりました!!
今回もとても楽しくて,有意義な時間を過ごさせていただきました。
参加者のみなさん,ありがとうございました!!

偶然にも?! 13日から家の建て替え工事が始まる私にとって,今回のテーマはまさに旬のテーマでした。

この講座のテーマを決めたのは何ヶ月も前のことで,まだ工事の開始日は決まっていませんでした。
まさか,実作業と講座の準備を同時に進めることになるとは。
ある意味とってもラッキーな巡り合わせ。
実作業を進めながら,講座の内容をより落とし込むことができました。

c0293787_1947361.jpg


さて,昔から片づけに興味を持っていた私。
整理収納アドバイザーの勉強をしたことで,家の中にある自分のモノは一通り見直したつもりでした。

なので,物置を片づけることになったときに義両親に,

「ここには私たちの荷物は一つもない」 

と豪語。

物置に詰め込まれた義両親の荷物の山を前に,
「よくこんなにもモノをため込んだな~」
と呆れながら見ていました。

ところが,物置の片づけの最終段階に入り,義両親の記憶にないモノが奥から出てきました。
他のモノと比べて明らかに新しそうな電化製品や小家具。
義両親に呼ばて,確かめてみたものの見覚えがなかったので,
「私のモノではない」
と答えました。

ところが,しばらくして,ふと思い出しました。

あれは,私のモノだ!!

今のお家に引越してきたとき,
使わないことは分かっていたのに,壊れていなかったので手放すことができず,
「とりあえず物置に仕舞っておこう」
と物置に仕舞ったまま,ずっとそのままにしていたモノでした。

忘れていたどころか,見てもすぐに思い出せないとは…。
長い間,目にすることもなかったので,私の記憶からも消えてしまっていたようです。汗。

義両親には,今更自分のモノでしたなんて恥ずかしくって言えません。
もう使うこともないモノたちなので,こっそりと処分させていただきました。

思いっきり上から目線発言していたことを反省…。
かわいげのない嫁ですみません。

人のことを言う前に,まずは自分のモノから,ですね。

傲慢にならないように気をつけなくちゃ。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
三連休の中日は,仮住まいをする部屋の片付けをしました。

仮住まいをするのは,同じ敷地内にある長屋門の8畳間。
15年ほど前までは夫の弟の部屋として,現在は義父の喫煙部屋として使われていました。
弟が引越してから,ずっと弟が残していった家具やモノがそのまま放置されていました。

弟のモノなので,必要なモノは今のお家に持っていってもらうようにお願い。
先月末にようやく必要なモノだけ持ち帰ってくれて,あとはすべて捨てても構わないと許可をもらいました。

ところが,弟は捨ててもいいと言ってくれても,捨てないのが義両親です。笑。

「これは使えるかもしれない」

「これも捨てるにはもったいない」

使う目的も決まっていないのに,壊れていない家具はすべて義両親の部屋へ。

今,義両親の部屋は家具で埋め尽くされて,通るのがやっとの状態。
きっと家が完成して,この部屋が再び空くまではこの状態が続くと思います…。
夫は「この機会に処分しようと」さんざん文句を言っていましたが,聞く耳持たずでした。 

c0293787_1574085.jpg

作業途中の様子。ベッドは義父の部屋へ運ばれました。

c0293787_15201672.jpg

それでも,壊れた家具やカーペットや電化製品など,不要品の山がどっさり!!
不燃ゴミの袋に入りきらないモノはすべて車に積んで,市の環境センターへ持ち込みしました。
処理料金は10㎏につき200円。
今回は150㎏にもなり,3000円のお金がかかりました。
数年前まで,処理料金は10㎏150円でした。ゴミを出すにも,だんだんとお金がかかるようになり,これからも値上がりしていきそうですね。 

モノ以外にも,壁や天井には刺さったままの無数の画鋲が!!
中には画鋲の頭が取れて針だけの状態のものもあり,ひとつひとつ抜いていきました。
上ばかり見ていたので,首が筋肉痛になりそうでした…。

さらに,長年掃除されてきていない上に,義父の喫煙部屋になっていたので,埃もヤニの臭いもすごいことになっていました。

ほこりアレルギーの夫は,
「こんな部屋にはいられない」
と早々に退散。疲れが出たのか?その後,熱まで出してしまいました。トホホ。 

子どもたちは,
「くさい!! くさい!!」
と言って,部屋に入ることさえも嫌がって,手伝ってくれず…。

仕方がないので,私一人でがんばりました~!!

c0293787_15364971.jpg

作業後の様子。

c0293787_15365122.jpg

ブースター付きのテレビ以外はすべて部屋から出しました。

掃除機が壊れるのじゃないかと思うくらいの埃の量で,掃除機をかける時間よりも,ゴミがたまった掃除機を掃除している時間が長かったかも?
天井から壁や窓・床もすべて,何度も繰り返し拭き掃除。
雑巾は何枚真っ黒にしただろう~?

作業後は,臭いも気にならなくなり,空気がおいしいと感じるように。笑。
大変だった分,やり終えたときは爽快感でいっぱいでした。
部屋がきれいになると,気分が良くなりますね!!

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
お家の建て替え工事,11月13日から工事が始まることになりました。

今は解体する物置&離れと,仮住まいをする8畳の空き部屋の片付け&掃除をする日々…。
GWから始めているにも関わらず,モノが多すぎて,なかなか作業が進みません。
モノが多いと,こうも大変とは…。泣。

 夏頃の物置の様子はコチラ → 【物置の片付け】

c0293787_11593028.jpg

さて,築120年になる物置からは,ありとあらゆるモノが出てきます。

このだるまさんの貯金箱も,物置から見つけ出されたモノ。
いつ,誰が使っていたかは分からないのだそう。
こんな立派な眉毛のだるまさん,始めて見ました。笑。

すでにヒビが入っているにも関わらず,
例のごとく,義母が使うかもしれないと勝手に長男の机の上へ。

意外にも!? 気に入った様子の長男。
ちゃんと貯金箱として使っています。
遊びに来たお友達にこの貯金箱を見せて,反応を楽しんでいるようです。

c0293787_1293318.jpg

学校の宿題用のカードには,こんな落書きが。
特徴を掴んでいて,なかなかいい味を出していると思いませんか?

このところ,やるべきことが重なった上に,子どもたちも次々に体調を崩し,私もヘトヘトに。
親バカですが,こんな落書きで元気を少しもらいました☆

タイムリミットまであと2週間!!
最後の追い込み,頑張ります~。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_16251151.jpg

家を建て替えることが決まり(),新居の打ち合わせと平行して,片付け作業をしています。写真はGWごろの物置の様子。
物置は約20坪ほど。田舎ということもあり,大きい物置だと思います。
この物置,夫曰く「物置と言うよりもモノの墓場」。使わないけど捨てられない,ありとあらゆるモノが所狭しと押し込まれていました。義両親のものはもちろん,義父の祖父母のタンスや着物や古道具まで…。
物置に私たちのモノはないので,義両親を中心に片付けをすることに。

まずは,物置に入っているモノを軒下へ出していきました。
最初は資源ゴミとして出せそうな本や衣類から。家具の中から取り出して分別。ゴミ袋に入れたり,まとめて紐で縛っていきました。

「どうせ使っていないモノだから全部捨ててしまえばいい」という義父に対して,
「大事なモノが紛れ込んでいるかもしれないから,ひとつひとつ確認して」という義母。
モノをゴミ袋にポイポイいれていく義父の横で,義母は使えそうなモノを見つけると取り出して母屋へ持って行くので,母屋は物置から持ってきたモノがあちこちに置かれています。
c0293787_16505554.jpg

義母が次女のオモチャにと持ってきてくれたモノ。顔が壊れている「ういろうくん」と名前が付いているお人形。夫も見たことがないそうで,いつのオモチャなのか不明。次女は「こわい」と言って触ろうともせず。
義母も大事なモノの基準って一体…。汗。

c0293787_16555174.jpg

片付け始めてから2ヶ月が経った物置の様子。
中身が空になった家具と,袋に入らない大きなモノなどが残っています。写真で見る限りは,軒下にモノが溢れている状態に変わりはありませんが,物置の中はかなりモノが少なくなり,3分の1の量になりました。

作業が進むごとに,義父に変化が。始めは渋い顔をしてゴミを捨てに言っていましたが,最近ではゴミ出しに行くと「今日は○○袋,捨てた」と自慢げに報告してくれるようになりました。
可燃ゴミと不燃ゴミとプラスチックと金属類はゴミ袋150袋は越えたのではないでしょうか?
本や衣類はトラック1台分資源ゴミとして出し,農作業の道具や古い布団は近所の人が欲しいと言うので引き取ってもらいました。

順調に進んでいた作業ですが,梅雨開け後の猛暑で義父は夏バテし作業は中断。
あまり夏バテをしない義父ですが,慣れない作業の連続で疲れが溜まってしまったそう。
一度手を止めてしまったらモチベーションが下がってしまい,やる気が出てこないと,作業は中断したまま,モノは放置されています。

この物置の片付け作業,モノがとっても多いので,時間も体力も気力も必要とします。
私たちでも大変だと感じるので,義両親にとってはもっと大変だと感じているはず。
大変な作業はきっかけがないとなかなか一歩を踏み出せませんが,
やるなら気力も体力も充実している若いうち!!と思いました。

夏休み中には,作業を完了させなければいけません。
これからは暑さと時間との闘いです。

また作業が進んだら,こちらでも報告させていただきすね。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
訪問していいただき,ありがとうございます!
ランキングに参加しています。↑ぽちっと押してもらえるとうれしいです。

[PR]