カテゴリ:  打ち合わせ 仕様選定( 15 )

工務店より新しいお家の照明プランと見積書が届きました。

施主支給の照明以外に希望は2つ。

 ・LEDにしてほしい
 ・シンプルで空間になじむモノ


あとは設計士さんと工務店にすべておまかせ。

工務店が使っている照明器具の種類は多くないし,
完成見学会で実物の確認をしているので,
提案してもらった照明プランは変更することもなくそのまま採用。
あっさりと決めてしまいました。笑。

c0293787_1642214.png

1階・2階のほとんどがオーデリックのダウンライト。
玄関ポーチもダウンライトで,こちらのダウンライトの防雨仕様になります。

c0293787_1661531.png

キッチン・洗面所・階段にはオーデリックのスポットライト。

c0293787_169591.png

2カ所あるウッドデッキには防雨仕様のスポットライト。

照明プランと言っても,照明機器はこれぐらいで至ってシンプル。笑。

以前のお家では調光機能やセンサーライトを付けていました。
調光機能は,つけるか消すかのどちらでほとんど使うことがなく,
センサーライトは途中で壊れてしまったけど,その後不便に感じることもなく…。
わが家のライフスタイルでは必要ないかも~となしにしてみました。

c0293787_1616251.png

施主支給の照明は2つ。
ダイニングテーブルの上には,スタンダードトレードのオリジナル01ペンダントランプのホワイト。

c0293787_16222540.jpg

1階のトイレには,以前のお家のトイレで使っていたこちらの照明を。
10年以上前のモノで会社も型番も今では分からず…。

思い入れがあった以前のお家。
すべて壊してしまうのではなく,どこかで面影を残したいという思いがあり,
夫婦ともに気に入っていたこの照明を新しいお家でも使うことにしました。
トイレの鏡も,以前のお家の洗面所で使ったいたモノを付けてもらうことになっています。 

船舶照明みたいでつけるといい感じだったので,
新しいお家でどんな表情を見せてくれるのか楽しみです!!

ただ,天井付けの照明はシンプルにしたので,
スタンドライトやフロアーライトでもう少し空間に表情を出したいところ。
種類が豊富なIKEAにリサーチしに行きたいなぁと思っています☆

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
今日は気持ちのいいお天気でしたね!!

今年のGWは家を建て替え中ということもあり,おでかけはなし。
家族みんなでお家で庭仕事に勤しんでいました。

田舎にあるわが家,土地には恵まれていますが,それだけ面倒もみなくてはいけません。
特にこの時期の植物の勢いは素晴らしく…
手を掛けないとあっという間に荒れ放題に。泣。

木や植物の手入れをしたり,草むしりをしたり,落ち葉を拾い集めたり。
晩秋のイメージが強い落ち葉ですが,常緑樹の葉が入れ替わる今の時期も落ち葉はすごいです!!
拾ったそばから,落ち葉がどんどん降ってきます。
 


地味で,体力的に大変な部分もありますが,
植物や土に触れていると心が安らぎ,結構好きな作業だったりもします。

結婚する前は,庭仕事をしている自分の姿すら想像していなかったのに,
この土地に嫁にきて十数年,人って変わるものですね。笑。

c0293787_21573344.jpg


さて,そんなわが家の新居の間取りについて。

今の母屋の動線が悪いこともあり,水周りについてはたくさんの要望をお願いしました。
そのひとつが 庭からお風呂に直行できること

庭仕事をすると汗や土や植物で身体も服もベタベタになります。
できるだけ家に入ったらすぐにシャワーを浴びたい。
しかも,できるだけ家を汚さないようにしたい。

そこで,設計士さんが提案してくれたのが上のプラン。
サービスデッキ → 脱衣所 → お風呂
と短い動線でお風呂に行けるようになっています。

間取りにはありませんが,サービスデッキの手前には立水栓をつけてもらいます。
立水栓で手や長靴を洗ったり,畑で採れた野菜の下洗いをするつもり。

c0293787_2262070.jpg

黒い枠のところがサービスデッキ。

c0293787_22131460.jpg

そして,現在。
ここができるのは工程の終盤かな?

仮住まいを始めて約半年。
今の生活ではなかなか思うようにくつろぐことができなくて,最近は疲れを感じるように。
そんなときは,新しいお家を見に行ったり,インテリア雑誌を見てあれこれ妄想してみたりと,ちょっと現実逃避。笑。

予定通り進めば,完成まであと2ヶ月。
ここを使える日が待ち遠しいです!!

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
キッチンの仕様がすべて決まりました。

 キッチンの仕様の記事はコチラ → 【仕様打ち合わせ4 キッチン設備(換気扇・コンロ・水栓)】

c0293787_843162.png

ワークトップはステンレスにしました。白い人工大理石にも惹かれましたが,手入れのしやすさと扱いやすさでステンレスに。
シンクは,エクレアキッチンのステンレスアンダーシンクS102

今使っているキッチンは,ワークトップとシンクの間にある水切りカゴを置くための溝に水垢が溜まりやすいことから、
少しでも掃除がしやすくシンプルな形状を最優先して,こちらを選びました。

c0293787_8491156.png

シンクのイメージはこんな感じ。 画像をお借りしています。 

c0293787_8502846.png

工務店のギャラリーでも採用しているこちらのシンク。
シャープなデザインで,ナノコーティングしてあるので扱いやすそう。
最初はこちらを希望したのですが,シンクの値段がかなり高いことと,前者のシンクと生産工場が違うため輸送費だけで6万円アップすることから断念しました。

c0293787_854244.png

保留になっていたキッチンの壁は,INAXのモザイクタイル・ニュアンス
写真では分かりにくいのですが,真っ白ではなくて,あたたかみのある白です。

タイルは,ショールームでタイルサンプルを何種類かレンタルして検討。
空間のアクセントというよりは,飽きのこなさそうなベーシックなものをセレクトしました。

c0293787_934330.png

さんざん悩んだ食洗機は,ASKOのD5554に。

 食洗機の記事はコチラ → 【食洗機選びに悩む3 ミーレとASKO】

ミーレ派の夫と意見が分かれましたが,一番食洗機を使う私の意見を採用。笑。
ASKOの疑問点については,ASKOを取扱している代理店に問い合わせをして疑問を解消。
みなさんのコメントや,ASKOのユーザーさんのブログも参考にさせていただきました。ありがとうございました。

仕様を決めるまではあれこれ悩みましたが,限られた条件のなか、どれを優先していくのか確認していく作業はとても楽しかったです。
実際にこれらを組み合わせたときにどんな感じになるのか…ワクワクします!!

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
一度はミーレに決定した食洗機選び。
価格が大幅にアップしたために,もう一度検討しなおすことにしました。

   食洗機選びの過去の記事はコチラ→ 【食洗機選びに悩む1】【食洗機選びに悩む2 ミーレとパナソニック】

今回の記事は長文になってしまいました。
食洗機に興味のない方はスルーしてくださいね。

c0293787_1622988.png

そんなときに,たまたま知ったのがASKOの食洗機。
ASKO社はスウェーデンの家電メーカーで,数年ほど前から日本でも食洗機を販売。
ミーレを検討していたけど,ASKOに変更する人が増えているそうです。

現在販売されている食洗機は,D5554とD5534の2種類のみ。
どちらも60センチ幅のオールドアタイプ。

ASKOの食洗機の特徴は,

 ・自動洗浄されるので,フィルター掃除が年に4~6回しかする必要がない
 ・洗浄スプレーも含めてオールステンレス
 ・上段・下段バスケットを個別に洗浄できる(D5554)
 ・消費水量が9.9リットルと世界最高クラス(D5554)
 ・日本の食器に対応したバスケット(D5554)


特に,フィルター掃除の手間が少ないことと日本仕様のバスケットに魅力を感じ,ミーレよりもASKOに惹かれるようになりました。
ASKOの食洗機の実物を見たいと思ったとき,ミーレの代理店のショールームの隅っこにASKOの食洗機が置いてあったことを思い出しました。
問い合わせてみると,ASKOの食洗機も展示してあるとのこと。
同じフロアで,ミーレとASKOを一緒に見て比べれるのはありがたい!!
早速ショールームへ。

c0293787_16585764.jpg

左がミーレの一つ前のモデルG5500SCi,右がASKOのD5554。
どちらも容量が大きい!!バスケットもスムーズに引き出すことができます。

この代理店は長くミーレを取扱していましたが,数年前にミーレの食洗機を取り扱えなくなった時期があったときからASKOを取り扱うようになったのだそう。
少し前までは9割以上のお客さんがミーレを購入していましたが,ここ最近はASKOが4割ほどだとか。
ミーレとASKOどちらも扱っているけど,オススメは断然ミーレ!!と言っていました。
ミーレをオススメする理由を尋ねると,

 ・日本に上陸して20年以上の実績
 ・バリエーションが豊富
 ・これ以上改良するところがないくらい完成されていて,故障も少ない


あとは実物を見ながら,説明してくれました。

c0293787_17154046.jpg

ミーレはキッチン本体と食洗機に全く隙間がでないようにパッキンが工夫されています。ASKOはほんの少しだけど隙間がありました。
取り付けてしまうと分からないのですが,食洗機本体を支える脚はミーレが4本なのに対し,ASKOは3本。
細かい部分を見ると、ミーレとASKOは違うと言っていました。

c0293787_17192278.jpg

給水パイプにも違いが。
ミーレは写真の白いパイプの下にもう一つパイプがあって二重になって,素材も丈夫なモノだそう。ASKOはプラスチックのがむき出しになっています。
ミーレのほうが耐久性がありそうですね。

ASKOの強みである乾燥について質問すると、
食器は乾燥しているけどバスケットには水滴が付いているので,バスケットを引き出したときに水滴が垂れてしまうそうです。バスケットの水滴はミーレのほうが少ないのだとか。
その後,私の友達の友達からもASKOは乾かないと聞きましたが,ASKOのユーザーさんのブログから設定の工夫で乾くことが分かりました。

ASKOの話をもっと詳しく聞きたかったけど,ミーレ押しの話ばかりになってしまいミーレがオススメなのはよく分かりました…。
最後に,チラッとASKOの乾燥以外の食洗機の機能はどうか?と聞いてみると,それは全く問題なく,きれいになるよと言ってもらえてちょっと安心。

c0293787_1733398.jpg

ミーレがいいことは分かったけど金額が上がってしまったし,ASKOの機能も魅力。
ASKOも見積もりを出してもらって比べることに。
ミーレのオールドアタイプのG5670SCiと,ASKOのD5554。定価はミーレが50000円高いです。

工務店の見積もりの結果は…

 ASKOのほうがかなり安い!!

ミーレの見積もり金額の半額とまではいかないけど,この金額!?って疑ってしまうほど。
あまりにも金額に開きがあったのでビックリ。
ミーレの一番安いモデルよりもASKOの上位モデルが安い結果に。
後日,ASKOの見積もり金額は工務店の計算ミスだったことが分かりましたが,こちらのミスなのでそのままの金額でいいですと言ってくださいました。これってすごくラッキーですよね☆

私はASKOにしようと言っているのですが,夫は高くてもミーレが安心だと主張。
ミーレとASKOを両方使っている人は少ないから、その意見は参考にすべきだろう。
毎日使うモノ,高い買い物だからこそ,「安心」を優先したいと言っています。
でも,ASKOでも通常使う分には全然問題ないし,その差額を他のところに回すこともできます。
お互いに主張は譲らず平行線のままが続いています。

後日追加です。
結局ASKOの食洗機に決めました。以下の記事にASKOの食洗機の使用レポをまとめました。
少しでも参考にしていただければ幸いです。

 
【ASKOの食洗機 使用レポ1】 【ASKOの食洗機 使用レポ2】


 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
食洗機を見るためショールームに行きました。

 前回の記事はコチラ → 【食洗機選びに悩む1】

c0293787_234491.png

最初は,ビルドイン食洗機国内シェア№1のパナソニックへ。
45センチ幅でも浅型と深型,さらに写真の60センチ幅もあることを知りました。
できるだけ容量の大きいものがいいことから,60センチをチェック。
45センチ幅より大きい分,食器は入りそうだけど鍋まではどうだろう?

c0293787_23134130.jpg

こちらは現在わが家で使っているビルドイン乾燥機。
20年もので,まだまだ現役です。
45センチ幅ですが、こちらのほうがたくさん入るような気がしました。
引き出し式では、容量が足りないという印象。

c0293787_23222839.jpg

続いて,ミーレの代理店のショールームへ。
ミーレの60センチ幅を一目見た感想は,

「でかっ!!」

始めは,洗濯機ではないかと思うくらいの大きさに圧倒。
存在感がありすぎで,こんな大きいものをキッチンに置いて大丈夫?って思ってしまいました。笑。

でも,今使っている乾燥機で7人分の食器が入りきらないこともあるので,
食器と鍋を一緒に洗おうと思うと,やはりこれくらいの大きさは必要かもしれません。

パナソニックと比べると食器洗いの時間は長いけど,
消費電力や使用水量が少ないのでランニングコストが押さえれることや
予洗いせずにそのまま入れてもきれいに洗浄できることは魅力。
実物を見て,ミーレをつけたいという思いが強くなりました。

工務店に見積もりをお願いして金額を比較すると,ミーレはパナソニックの2.5倍以上。
ミーレは定価が高い上に,値引率も悪い。

でも,高くてもつけたい!!
そこでガスオーブンを諦めて,その予算を食洗機に回すことで調整。
一度はミーレで決定しました。

ところが,今年7月にミーレの食洗機がモデルチェンジ。
見積もりは今年4月にモデルチェンジする前の型(5570SCiV)で出してもらっていて,現在は完売のため取扱がないことが分かりました。
しかも,価格も大幅に上がり,5570SCiVの後継モデルの5670SCiVは定価が58800円もアップ。
機能が増えたとはいえ,この価格アップは痛すぎる…。

まだ,工事着工まで時間に余裕もあったので,食洗機を検討しなおすことに。
そこで,ASKOの食洗機が有力候補として急浮上してきました。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_1345950.jpg

家造り,仕様と設備の確定が進み,保留になっているのは食洗機だけになりました。
食洗機はどれにしようか悩み中。

食洗機の話は長くなりそうですので,数回にわけて記事にさせていただきます。

そもそもなぜ食洗機をつけたいのかというと…

 食器洗いが嫌いだから

この一言に尽きます。笑。

毎日3食・7人分の食器を洗うのには時間がかかります。
我が家の場合,使った食器をシンクまで運ぶのは各個人がやっていますが,
食器を洗うことから、乾燥機に入れて,シンクとワークトップの掃除までは私1人で。
毎日約1時間を食器洗いの時間に費やしています。
24時間のうちの1時間って大きいと思いませんか?1年だと365時間にもなるんです。

また,私が食器洗いをしているときに空しさを感じることが多いのも,食器洗いを嫌いにさせているかもしれません。
我が家はリビングとキッチンが離れていて,キッチンからはリビングが見えません。
私が食器洗いをしているときに,団らんしている家族の笑い声が聞こえてきますが,会話に入ることも様子を知ることもできなくって,寂しいのですよね~。

たまには食器洗いを手伝ってくれるように家族に頼んでみても,誰も手伝ってくれず。
他のことであれば手伝ってくれる夫や義母も,食器洗いだけは嫌なようです。
長男と長女は逃げていくし,次女は手伝うというよりは水遊びになってしまって手間を増やしているだけだし。笑。

 食洗機を導入したら自由に使える時間が増えて,一緒に団らんできる
 食洗機に入れるだけだったら家族も手伝うようになる
 

実現したら,すっごくいいですよね~。
新しい家を建てる話が出たときから,食洗機は絶対に付けると決めていました。

食洗機を付けるなら漠然とミーレがいいな~と思っていました。
でも,今の食洗機事情が分からないので,使っているお友達から話を聞いてみることに。

パナソニックを使っている人からは,

 予洗いをしないと落ちないので手洗いで済ませてしまい,乾燥機能だけを使っている
 45センチ幅のモノだと食器しか入らないので,鍋は洗っている
 使っているうちに食洗機が臭うようになってきた


食洗機に不満を持っている人が多かったです。

ミーレを使っている人からは,

 食器も鍋もたくさん入れることができる
 カレーの鍋をそのまま入れてもきれいになっている
 ガラスは手で洗うよりもピカピカ
 プラスチックは乾きにくいので使わなくなった
 3食分を1回で済ませることができるが,食器の数は増えた


肯定的な意見が多く,食洗機を導入してヨカッタとミーレをオススメされました。

単純にパナソニックとミーレで比較すると,ミーレのほうが良さそう。
ミーレを第一候補に,ショールームで確かめることにしました。
次回へ続きます。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
工務店との打ち合わせ。
メールや電話でのやりとりを繰り返しながら,少しずつ仕様を決定していっています。

c0293787_132254.png

我が家の洗面台は造作でお願いしました。
手洗い器は,KAKUDAIの角形洗面器(DU-0452600000)。容量12リットル。サイズ600×380×150。

我が家の洗面台カウンターの奥行きは460とちょっと狭め。
この奥行きと水栓機器の関係で,選べる手洗い器がかなり限定されてしまいました。
その中から一番容量の大きいモノを選びました。

c0293787_13204440.png

洗面台の水栓,こちらも同じくKAKUDAIの混合栓(184-002)
夫が朝の身支度をするときに洗面所で髪の毛を濡らすので,水栓はシャワーヘッドが伸びるモノを希望。
でも、シャワーヘッドが伸びるタイプの水栓って種類が少ない上に、ごついデザインのモノが多く…。
その中から,価格とデザインのバランスが取れていると思うものを選びました。
もっとスッキリしたデザインのモノが好みなんですが…ここは機能性を優先。

c0293787_13301975.png

タオルバー,KAKUDAI(250-811)。幅が360。
タオルをたたまずそのまま掛けれる大きさで,なおかつ奥行き460に収まるモノをセレクト。
主張の少ない,ごくシンプルなタオル掛けです。

c0293787_1335062.png

色が保留になっていた床。INAXのサーモタイル ソフライムⅡ(SL-24N)の300角
白と迷いましたが,暖かみのあるこちらの色にしました。

タイルの確認のために,リクシルの名古屋ショールームに足を運びました。
リクシルの名古屋ショールームでは,タイルの見本がたくさん置いてあるばかりではなく,サンプルタイルのレンタルや,サンプルタイルを頂くことができるのですね!

サーモタイルのサンプルを数種持ち帰って,家でチェック。
カタログで見るのと実物では違うこともあるし,また同じタイルでも自然光と照明の下では見え方が違います。
サンプルを家で確認することで,イメージが湧きやすくなり,納得して選ぶことができました。
ショールームに行けない夫や子どもたちにも確認してもらえてヨカッタです。

 

ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。
 

[PR]
c0293787_16482452.jpg

仕様打ち合わせの続きです。
キッチンの設備を決めていきました。

 前回の記事はコチラ → 【仕様打ち合わせ3 キッチン】

c0293787_1650898.png

まずは換気扇。
工務店から提案されたのは,アリアフィーナのフェデリカの壁面取り付けタイプ
換気扇はキッチン本体をどこにするか関わらず,始めからアリアフィーナで見積もりが出されました。
私もアリアフィーナの換気扇が希望だったので,こちらが一番始めに決定!!
お手入れもしやすそうだし,シンプルでスタイリッシュなデザインも好みです。

c0293787_16582193.png

コンロはリンナイのドロップインコンロのステンレストップタイプ4口
魚焼きグリルも自動操作もないシンプルなコンロです。

私の周りでは,魚焼きグリルのついていないコンロを採用する人が増えています。なくても不便に感じないのだとか。むしろ,グリルの天板の洗う手間がなくなってラクだよ~って感想が。
試しに,私もグリルを使わない生活を実践!!プライパンや網焼きで対応できて,なくても大丈夫だということが分かりました。

魚焼きグリルがない分定価も安い。
すべてのバーナーにSiセンサーが付いていて,安全性は大丈夫。
天板操作なのでキャビネットを自由に使える。
自動操作のあるガスコンロもとても魅力的でしたが,シンプルイズベストということでこちらに決定!!

このコンロの弱点があるとすれば…

 ・通常のガスコンロと比べて火力が弱い
 ・ガスオープンが取り付けできない

火力が弱いと言っても,今のIHと同じぐらいもしくはそれよりも上。煮物が多く,炒め物が少ない我が家なら問題ないかな~?
ガスオーブンは憧れですが,今の私がオーブンを使う機会は年にどれだけあるだろう?って考えたら,高いお金を払ってもガスオーブンは使いこなせないだろうという結論に。

c0293787_17412879.png

水栓は,三菱レイヨン・クリンスイのアンダーシンクタイプ複合水栓 F914
浄水器一体型複合水栓で,グローエ社がクリンスイのために開発した水栓です。

今のお家は浄水器が付いていることもあり,浄水器は絶対外せないモノの一つでした。
なおかつ,掃除や手入れのラクな浄水器一体型を希望していました。
でも,浄水器一体型って種類も少ないし,デザインもイマイチ…。いろいろ探した結果,この水栓にたどり着きました。

浄水能力も申し分ないし,カートリッジの金額や交換時期も他の浄水器と同じぐらい。
しかも,グローエ社のデザインというのが何よりも魅力でした。

リクシルのキッチン用タッチレス水栓・ナビッシュの浄水器ビルドイン型と,見積もり金額が同じくらいだったので迷いましたが,
グローエを使ってみたいというミーハーな理由で,クリンスイに。笑。

残る設備は,食洗機。
食洗機は,ミーレかASKOか悩み中。
決まったら,記事で紹介させていただきますね。


 

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。
 

[PR]
c0293787_14503461.jpg

工務店との仕様打ち合わせ。キッチンについて話し合いしました。
キッチンの話は長くなりそうですので,何回かに分けて記事にさせていただきます。

間取りから,キッチンは2550のI型にすることに決定。
キッチン本体をどこにお願いするか検討しました。

希望は工務店のオリジナルキッチンですが,
今どきのシステムキッチンを見たかったこと,見積金額の比較をしたかったこともあり,ショールームを回ることに。

私がキッチンに求めた条件は3つ。

 ・掃除がしやすい
 ・シンプルなデザイン
 ・60センチ幅の海外製の食洗機を組み込めること


3つ目の条件を満たすメーカーって少ないのですね…。
できるとお返事をもらえたのはパナソニックだけでした。
たまたま担当してくれたスタッフの方が,過去に何件かミーレの食洗機の取り付けしたことがあるそうで,とても丁寧かつスムーズに対応していただけました。 

c0293787_1451353.png
 
また,数あるキッチンメーカーの中で一番好みのデザインだったのがパナソニックでした。
パナソニックのキッチンをデザインしたのは,プロダクトデザイナーの深澤直人さんなんだとか。
段差のない「スキマレスシンク」や,3口横並びの「トリプルワイド」も使いやすそうで,惹かれるものがありました。

ただ,食洗機を組み込むためには,上位クラスの「New Lクラス」になってしまうのだとか。
スタンダードモデルのSクラスに比べて,Lクラスは値引率も悪いそう。
キッチンは扉のグレードで金額が変わるそうで,一番安いグレードで見積もりを依頼しました。
結果,扉が無垢材のオリジナルキッチンよりもパナソニックのほうが高いことが判明!!
それならと,もともと希望していたオリジナルキッチンでお願いすることに。

でも,ショールーム巡りはすごく楽しかったです。
キッチンもすいぶんと進化していますね。
今後のキッチンの計画にとても参考になりました。

c0293787_14512476.png
 
こちらは工務店のギャラリーにあるキッチン。
オリジナルキッチンは設備機器も自由に選ぶことができます。
キッチンの設備については,次の記事で紹介させていただきますね。

 

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいただけると更新の励みになります。
 

[PR]
c0293787_23174494.jpg

連日,爽やかな秋晴れが続いていますね。
三連休の初日,起工式がありました。

工務店から起工式の話を聞いたものの,起工式って何だろう?
先に家造りを経験している友達で起工式をした人は一人もいなかったし,地鎮祭とも違うようだし。
よく分からないままに会場へ。

家造りに関わる業者さんたちと施主の顔合わせの会でした。
会場は紅白の垂れ幕で飾られ,業者さんは揃いの真っ赤な半纏。
それぞれ挨拶だけでなく宣誓もあり,独特の雰囲気に圧倒…。

でも,みなさんから「おめでとうございます」と言ってもらえた上に,素敵なお花までいただいて,
もうすぐ工事が始まるんだな~と実感。
家造りの話が浮上してから約1年3ヶ月。
ようやくここまでたどり着いたと感慨深いものがありました。

起工式が終わったあとは一緒に会食。
みなさん,とても気さくでおもしろい方ばかり。
工事を前に,どんな方と関わっていくのか知ることができてヨカッタです。

着工がますます楽しみになりました♪


最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックをいたただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
[PR]