余裕をもって過ごすために 夏休みの始めにやっている3つのこと


c0293787_15312163.jpg


長い長い夏休みが始まりました!!

休みに入ると、時間がたっぷりあるからと、
ついついやるべきを後回しにしがち…。

新学期の前に「しまった!」と慌てないようにするためにも
モチベーションが高い夏休みの始めのうちに
やるべきことを一気に済ませるようにしています。

今回はわが家が夏休みに入ってすぐにやっていることを3つまとめました。


c0293787_15311418.jpg


1.キッズコーナーのリセット

持ち帰った作品は写真を撮ってから
本人とわたしが気にいった作品は飾り、それ以外の作品は処分しています。

同時に使い終わったノートやドリルやプリントなど、
今後使わない教材を整理して二学期に持ち越さないようにしています。


c0293787_15311842.jpg


2.学用品の点検と保管

学用品はすぐに中身をチェック。
足りないモノ、買い換えるモノをリストアップします。

引き続き使う学用品は、掃除(洗濯)をしてから保管。
わが家では長男は自室、長女は2階の押し入れ、次女は1階の押し入れと
子どもごとにまとめて別々の場所で保管しています。

次女の場合は、見えるところに置いておくと、
悪気なくこちらの予想もしていないことをしでかしてくれるので、
外から見えない白い箱に入れて避難。
何が入っているか分かるようにフセンでラベリングしています。
先日は長男が学校からもらってきた高校ガイドブックをダイニングテーブルに置きっぱなしにしていたら、
見事にビリビリにしてくれました…。泣。

新学期が始まったら、箱から学用品を取り出して学校に持っていくだけ。
先取りで準備しておくことで、気持ちの余裕も生まれます。


c0293787_15310505.jpg


3.夏休みの予定表作り

家族5人それぞれのスケジュールをお互いが共有できるように
夏休みの予定をまとめたスケジュール表を作り
目につきやすい場所に貼ります。

子どもたちの予定は午前と午後に分け、
弁当の有無も分かるようにしました。

スケジュール表を作ってみて分かったのは、
部活、補充学習、体育祭の準備、学校行事、高校説明会と、
受験生である長男の予定が意外と多く、フリーの時間が少ないこと。
うかうかしていると山のように出ている課題を進めていけないと自覚したよう。
受験生は大変だけど、精一杯やってほしいです。

やりたいことを一気に済ませて、ちょっと一安心。
有意義で楽しい夏休みにしていきたいです!
そして、わたしは苦手な弁当作りをが、がんばります…^ ^


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
by ohisamacafe339 | 2017-07-22 22:18 |   キッズスペース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://apricot339.exblog.jp/tb/26833491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。