小学4年生の次女の学用品の数と収納


c0293787_13355937.jpg


春休み前、学校で使っているモノをたくさん持ち帰った子どもたち。

学用品の整理をしたついでに、
新小学4年生になる次女の学用品がどれくらいあるのか?
数を数えてみました。

次女は身体と知的に障がいがあり特別支援学級に通っているので、
通常学級の長女が4年生のときよりも持ち物は多いです。



【毎日もしくは毎週持っていくもの】

 ■体操服セット(体操服上下・赤白帽子・防寒用のジャージ上下・スポーツタオル)
 ■上靴(矯正靴のため体育館シューズと兼用)
 ■ランドセル(筆箱・下敷き・教科書・ノート・連絡袋・連絡帳・プリント用ファイル)
 ■黄帽子
 ■給食当番セット(白衣・白帽子・マスク)
 ■歯みがきセット(歯ブラシ・コップ)
 ■クリップ付きポケット(ハンカチ・はなかみ)



c0293787_13361995.jpg


【長期休み以外は学校で保管するもの】

 ■お道具箱(クレヨン・色鉛筆・はさみ・のり・セロテープ・鉛筆削り・折り紙・算数セットの一部)
 ■リコーダー
 ■絵の具セット
 ■習字道具
 ■鍵盤ハーモニカ
 ■置き傘



c0293787_13363154.jpg


【特別支援学級で使うモノ 次女のサポートに使うモノ】

 ■持ち手付き給食用コップ
 ■介助はし
 ■上靴洗い用のブラシ
 ■音楽の授業用バッグ

次女の特別支援学級では、金曜日の午後に生活単元の授業があるときは、
上靴と給食用のエプロンを洗い、教室に干しています。
母としては週末の洗い物が少なく済むのでとても助かっています。笑。

音楽のバッグは、1階の教室から4階の音楽室まで、
片手しか使えない次女が手すりを持って階段の上り下りができるように
バッグに教科書や楽器を入れ、肩にかけて使っています。

さらに、季節外の学用品に
■遠足用リュックとレジャーシート
■水泳セット(水着・水泳帽・プール用サンダル・タオル・ゴーグル)

春休み中に家で保管している学用品は、
■を1セットとしてカウントすると合計19セットありました。

子ども1人でも結構な量!!
これらが兄弟の人数分あるかと思うとゾッとします。笑。


c0293787_13365926.jpg


次女の学用品は、バンカーズボックス2つのなかに入れて…


c0293787_13372216.jpg

和室の次女コーナーにあるパイン材の棚の一番上の段に置いています。

次女が勝手に触って、汚したり、なくしてしまうことがあるし、
好奇心旺盛な甥っ子がいろいろ触りまくるので。笑。
あえて外からは分からないような箱に入れ、手の届かないところへ。

学用品の多くは長期の休みのときしか持ち帰りませんが、
かなりの量なので、保管するためにはまとまったスペースが必要になります。

ここは持ち帰り学用品を置くスペースとして、
長期の休み以外のときは常に空けておくようにすることで、
持ち帰ったときもスムーズにしまうことができています。


  
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
by ohisamacafe339 | 2017-04-01 16:12 |   その他の暮らしの道具 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://apricot339.exblog.jp/tb/26548113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。