片付けのスイッチは突然に



c0293787_10063791.jpg


昨日の嵐のような天気から一転、
今日は朝から気持ちのいい青空が広がっています。

大きな窓があるわが家のダイニング。
天気のいい日は、朝からポカポカと暖かくて、
窓から差し込む光と影がとてもきれいに感じます。

よく見ると、手前のダイニングチェアのすきまにハガキが挟まっているのを発見!!
ブログにアップしてから気がつきました。笑。

さて、年末が近づいてくると、
無性にやりたくなることのひとつが、モノの見直し。

普段から定期的にモノの見直しをしているつもりなのだけど、
毎年11月の後半ごろになると、
「大掃除の前にやらなくちゃ!!」
と、突然スイッチが入ります。笑。

今回は、本棚やクローゼットや押し入れを見直し。
リサイクルできそうなモノは、
流れで、すぐに宅配買取サービスを申し込みしました。



c0293787_11025705.jpg



本は、初版から時間が経っていないモノが含まれていたこともあり、
古本買取のバブーに申込みすることに。

こちらの会社は、商品5点から送料と返送料が無料、
15時までの申込みで、当日集荷してもらえます。
5点で送料が無料なのはありがたい~。

わが家の場合は、
金曜日の夜に集荷、日曜日の午後には査定結果の連絡がきました。

査定結果は、16点で2,283円。

あまり状態の良くない本も含まれていたにもかかわらず、
この査定結果はまあまあ良いほうではないでしょうか?
近所のお店に持ち込みするよりは、ずっと高く買取してもらえたのではないかと思います。



c0293787_11240510.jpg


服とバッグは、ブランド古着買取サービスZOZOTOWNに申込み。

ハイブランドのモノは含まれていませんが、
どれも状態が良かったし、査定や返送料は無料だったので、
試してみることにしました。

こちらは、申込みの2日後に集荷、
集荷日から12日後に査定結果の連絡がきました。

査定結果は、5点で2,330円。
定番品だけど、どれも購入してから3~5年経っているモノだったので、
この査定結果はかなり良いほうではないかと思いました。


そして、リサイクルができず、ゴミ袋には入らない大きいモノは、
市の環境センターに車で持って行きました。

今回は、

 ・壊れて、修理不可の石油ファンヒーター
 ・汚れがひどく、使う予定のないオープン棚の棚板
 ・割れてしまったポリプロピレンの収納ケース×2

合計4点を持ち込み。
毎年、この時期は混むことが多いと聞いていましたが、
雨が降っていたからか?
待つこともなく、スムーズに持ち込みができました。
ゴミを出すところは、屋外だけど、屋根があるので濡れることはありません。
重いモノを出すときは、作業員の方が手伝ってくれました。

こちらの自治体では、粗大ゴミを出すときは、
事前申込制の戸別収集で、1点につき800円だけど、
センターへ持ち込みだと、処理料金は10キロ200円。

今回は10キロ未満で200円だったので、
ずいぶんと安く済みました。

でも、役目を終えたとはいえ、どれもわが家で使っていたモノ。
車に積むとき、車から降ろすとき、作業員の方に運ばれていくとき。
やはり胸が痛みました…。

そして、モノを家に持ち込むことよりも手放すことのほうが、
お金や時間はもちろん、手間も、エネルギーもかかると改めて実感しました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
by ohisamacafe339 | 2015-12-12 15:06 |   モノの手放し方 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://apricot339.exblog.jp/tb/25050314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。