家にある持ち物は過不足なく、
本当に必要なモノだけにしていきたいと思っていますが、
あえてたくさん持っているものがあります。
それは「ハサミ」。

園芸はさみや裁ちバサミやなど専用のモノを除いて、
文房具としてのハサミを数えてみると全部で8本ありました。

夫と3人の子どもの部屋に1本ずつ。
わたしのバッグにあるスティック型が1本。
残りの3本はすべて同じハサミで、家のあちこちに置いています。


c0293787_13364808.jpg


一番よく使うのが、キッチンにあるハサミ。

リビングやダイニングに収納のないわが家では、
キッチンの造り付け収納にある引き出しに使う頻度の高い文房具をまとめています。


c0293787_10385381.jpg


郵便物や学校からのお便りはここの引き出しに一時保管しているので、
開封したり、申込用紙を切るとるときにも便利です。


c0293787_10382918.jpg


シューズクロークは、
靴やおでかけグッズやガーデニング用品のほかに、
ゴミの一時保管場所として使っています。


c0293787_10382454.jpg


段ボールや雑誌などの資源ゴミをしばるときに使う
ビニールテープとハサミをセットにして収納しています。


c0293787_10384454.jpg


洗濯機の上にあるファイルボックスには、
洗濯洗剤などの日用消耗品のストックをしまっています。


c0293787_10381951.jpg


中にフックをつけてハサミをつり下げています。

ファイルボックスにハサミをそのまま入れると紛れ込んでしまうので、
ワンアクションで取り出せるようにしました。
小さなフックだけどずり落ちることもありません。

しまう場所が遠かったり、生活動線上から外れると、
戻すのがめんどうになり適当なところに放置しがち…。

モノがひとつ増えると管理の手間もひとつ増えるけど、
わが家の場合、ハサミに関しては数が増えても、
サッと取り出せて、使ったついでに戻せるところにおいたほうが、
暮らしの快適さにつながっていると思います^^


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]


c0293787_13365722.jpg


わが家の収納に欠かせない道具・ラベルライター。

家事の合間に使えるように、
キッチンの造り付け収納の引き出しにしまっています。


c0293787_13370963.jpg


引き出しのなかに、
本体、アダプター、カートリッジ、説明書をまとめて収納。

無印良品の「ポリプロピレンケース・引出式・浅型」が
高さも奥行きもピッタリの大きさでした。

ラベルライターのテプラは購入から17年。
一度も壊れることもなく、今も現役で使っています。

テープカートリッジは、
透明ラベル12ミリ幅の黒文字と白文字がわが家の定番。
主張しすぎず、すっきりと見えるので、
収納のラベリングはどちらかを使うことが多いです。


c0293787_13370387.jpg


ラベリングは、ついつい後回しにしがち。
使いたいときにすぐに作業に取りかかれるように
アダプタは常に本体にさしっぱなし。

引き出しから本体を出すことなく、写真の状態で使っています。
戻すのもラクチンです^^


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

念願の新築一戸建てのマイホームが完成して3年。

日当たりと風通しが良く、
家事動線がスムーズになり、
暮らしの快適度はかなりアップしました。

でも、よくよく考えたつもりなのに、
実際に住んでみると、
「こんなはずではなかったのに…」
と想定外のこともチラホラ。

今回は家づくりの間取り・設備面の失敗ポイントを紹介します。


c0293787_14005734.jpg


1.トイレのドアの鍵がかからない

わが家の室内ドアはすべて吊り戸。
上枠でドアをつり下げているので、床の段差がありません。

空間がすっきりと見えるうえに、
身体の障がいのある次女が段差でつまずく心配もないのですが…
重たいドアを支えているのが上だけだからか?ずれやすいのが難点。


c0293787_14001856.jpg


一番気になるのがトイレのドア。

わが家は西からの風が強く、
トイレの窓を開けっ放しにしていると、
風の力でドアがずれて、鍵がかからなくなることも…。

そのつどドアの上部にある金具をドライバーで調整するのが、
ちょっとめんどくさいです。


c0293787_13594516.jpg


2.日当たりが悪くなった洗濯干し場

脱衣所の隣に洗濯物を干すためのサービスデッキを作ってもらいました。

洗濯動線が短く、家事の負担がぐ~んと軽くなり、
大満足していたのですが…


c0293787_13593925.jpg


目の前にあるクスノキの成長が予想以上に早く、
日当たりが悪くなってきました。

庭師さんに剪定をお願いしてみたものの、
大きくなりすぎて、重機を使わないと無理だと断られてしまい…。
このまま見守るしかないかも。

ただ、風通しはいいので、春から秋の間は乾きます。
冬はもっと日当たりのいいリビング側のウッドデッキで干しています。



c0293787_13595614.jpg


3.和室の照明スイッチの場所

スイッチやコンセントの位置は、
上棟のあとに電気屋さんと打ち合わせをしながら決めていきました。

図面上ではなく、実際の現場を見ながらだったので、
イメージはつかみやすかったはずなのに、
「なんでこんなところにつけてしまったんだろう」
とあとになって後悔したところも。


c0293787_16025597.jpg


一番使いにくさを感じているのが、和室の照明スイッチ。

リビングのドアから3歩ほどの距離しかないのに、
生活動線から外れているから、
スイッチまで行くのが面倒に感じてしまう。
リビングの照明と一緒にしておけばよかったと後悔しています。

毎日何度も使うからこそ、
もっと想像力を働かせて検討すべきでした…。

とはいえ、全体でみてみると、
今の暮らしは快適でより豊かになりました。
お家を建ててよかったと満足しているし、
工務店さんと設計士さんには感謝しています。

想定外のこともあるけど、
それもまた暮らしのおもしろさかなと思っています^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_16560964.jpg


久しぶりの更新になります。
更新ない間も訪問してくださったみなさま、
ありがとうございます。

先週から今週にかけて、
修学旅行や校外学習や運動会、秋のお祭りなど…
長女と次女の行事が続き、バタバタでした。

元気いっぱいに過ごした長女と次女に対して、
親のわたしは、年だから?体力がないから?
なかなか疲れが取れなくて、
子どもよりも早く寝てしまう日が多かったです。

京都・奈良の修学旅行に行ってきた長女。
何が楽しかったか聞いたら、
「おこづかいをぜんぶ使ったこと!!」
1円も残らず使い切ったことを自慢していました。笑。

思わず呆れてしまいましたが、
おじいちゃんとおばあちゃんだけでなく、
小さないとこたちのお土産も買ってきたことを知り、
ちょっとホッとしました~。

市内の特別支援学級の運動会に参加した次女。
小学校の運動会では萎縮して、完全に固まっていたので、
今回も同じだろうと思っていたら、
すんなりと受け入れてくれ、笑顔で競技に参加。
これにはわたしも担任の先生もビックリでした。

「固まっているところを撮ってもしょうがないし~」
とカメラもビデオも家に置いていったことを激しく後悔…。
かわりに次女の姿をしっかりと目に焼き付けておきました。

運動会の帰り道に
「きょう たのしかったよ」
話してくれて、思わずニッコリ。
楽しい思い出になってよかったです^^


c0293787_14001317.jpg


行事ラッシュが落ち着き、
乱れがちだった家の中をリセットしました。
きれいになると、気持ちが晴れやかになります。

そして、お友達のヨガ教室でガチガチの体をほぐしてきました。
気持ちよい汗をかいて、体がポカポカに。
ざわざわしていた心も消化されたような気がします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^


[PR]
c0293787_11033051.jpg


暑くもなく寒くもなく、
すっかり秋らしい気候になりましたね。
家の中も少しずつ夏から秋仕様へと変えています。


c0293787_11040180.jpg


夏の間、ちりり~ん、ちりり~んと
きれいな音色を楽しませてくれた風鈴。

風鈴をつけていた画鋲と一緒にしまいました。
画鋲は、ピン跡が残りにくい「ニンジャピン」を使っています。


c0293787_11035311.jpg


1階にある扇風機も順に片づけています。

パーツはできるだけ外して水洗い。
水洗いできない本体は、
マイクロファイバークロスで水拭きしました。

購入してから3年目になるリビングの扇風機は、
今年の6月に首振りの故障で修理しました。
修理代金は、修理センターの送料を含めて4,500円ほどでした。
買い換えよりも安かったので、このときは修理を選びました。


ところが、また首振りの動きがぎこちなくなり、
カスタマーセンターに問い合わせ。
修理保証の期間内のため、無償修理できると言われ、
再度、修理センターに送りました。

来年もちゃんと使えるように、きちんと直って帰ってきてほしいです~。


c0293787_14024121.jpg


夏物を片づけた今のリビング。


c0293787_14024608.jpg


挿し木から育てているウンベラータは、
今年6月に植え替えたときは高さ30センチだったのに、
高さ70センチになり、
ダイニングからリビングに移動しました。

すくすくと成長する姿を見るのは楽しいですね^^
これからの寒い季節を無事に乗りこえてほしいです。



 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

防災用品の見直しをしました。

防災月間の9月のやることリストに、
「防災用品の見直し」を書いたはずなのに、なかなか実行できず…。
10月になり、ようやく見直しをしました~。

防災用品は大きく3つに分けられるそうです。
 
 ①いつも持ち歩くモノ 
 ②非常時に持ち出すモノ 
 ③自宅に備蓄するモノ

今回は、「①いつも持ち歩くモノ」の見直しをしました。

災害はいつどこで起こるか分からないけど、
あれもこれもとモノが増えると重たくなってしまうので、
負担なく持ち歩ける量で、
できるだけ普段も使えそうなモノを意識しています。


c0293787_14124944.jpg


(写真左上から時計回りに)
 ・娘の薬
 ・現金(小銭を含む)
 ・ホイッスル
 ・小型LEDライト
 ・油性ペン
 ・スティック型はさみ
 ・ビニール袋

 ・電話番号の一覧(写真なし)
 ・生理用ナプキン(写真なし)

青字が今回見直しをしたモノ。

現金は、5千円札×1から千円札×5に変更し、
100円玉と10円玉を足しました。

LEDライトは、以前はボタン電池対応のモノを使っていました。
でも、ボタン電池を常備しておらず、電池が切れたまま放置しがちだったので、
いつも家に常備してある単四乾電池に対応しているライトに変えました。

電話番号の一覧は、紙に印刷して手帳にはさみました。
スマホの電話帳はクラウド上に保存されているけど、
災害時は、スマホの電池が切れたり、壊れる可能性もゼロではないので…。


c0293787_14124465.jpg


これらはすべてバッグインバッグに入れています。

「やろう」と思っていても行動に移せなくて、
ずっとモヤモヤしていましたが、
漠然とした不安がちょっと解消されたような気がします^^

この流れで非常用持ち出し袋も見直しをしていこうと思います!!


最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ


[PR]
 
c0293787_11040692.jpg


カラッとした晴天が多く、
日中でも過ごしやすくなりましたね。

時間を作っては庭に出て、
植物のお手入れや木の剪定や草むしり。

汗をダラダラ流しながら動いていた夏に比べると、
体力の消耗が少なく、作業がしやすいです^^。

この週末は、芝生エリアのお手入れをしました。


c0293787_11034827.jpg


小径の上、今年の8月下旬に芝・TM9を植えたところは、
雑草取りと落ち葉の掃き掃除。

目地のところによく雑草が生えてくるので、
週に2~3回ほど雑草取りをしています。

夏の暑い時期に植えたからなのか?
去年の5月に植えた芝に比べると
伸びるペースはゆっくりですが、
ちゃんと根づいてくれたようです。
目地が見えないくらい青々した芝生になる日が楽しみ☆


c0293787_11033667.jpg


写真の左下、去年の5月に芝を植えた小径の下のエリアは、
芝刈りをして、肥料をまきました。

こちらのお手入れは、
芝刈りが月2回、肥料は2ヶ月に1回。
芝が密に生えているおかげで、
雑草取りは月に1〜2回ほどですんでいます。

芝刈りは充電式芝生バリカンを使っています。
バリカンは小型で軽く、扱いやすいのですが、
刈れる範囲が狭いので時間がかかるうえ、
かがんだ姿勢の作業が腰にくる…。

今年植えたエリアの芝刈りが必要になる来年には、
もっと大きく立ったままできる芝刈り機を導入しようと思っています。

ほかのところは雑草がいっぱいだけど、
芝生エリアだけはこまめにお手入れをして、
そこそこきれいな状態をキープしています。

青々と広がる芝生を見ることは、
ほかのところもがんばってきれいにしよう~!!
というモチベーションにもつながっています^^


最後まで読んでいただきありがとうございます!!
ランキングに参加しています。更新の励みになりますので、応援のクリックをいただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ


[PR]

c0293787_23164395.jpg


トップの写真は、3年前の引き渡し直後の玄関。

このときは何もかもピカピカで…
たった3年しか経っていないのに懐かしく感じてしまいます。


c0293787_14293059.jpg


そして、今年8月の玄関。

この写真ではちょっと分かりにくいのですが、
鍵の周りと、引き手の凹んでいるところの塗装がはげてきて、
目立つようになってきました。

先日、わが家の食洗機の扉の修理をしてくれたキッチン屋さんは、
建具屋さんもやっていることもあり、
ついでに玄関ドアについて相談してみました。

自分たちで塗料を購入するつもりでいたのですが、
「工務店に頼めば塗料を分けてもらえるよ」
と教えていただき、早速工務店に連絡!
同じ塗料を少し分けてもらいました。


c0293787_14301245.jpg


塗料を少量塗ったあとに、ウエスで拭き取るを繰り返した結果、
完全に隠れたわけではないけど、
すいぶん目立たなくなりました~!!

せっかく塗料を分けていただいたので、
玄関ドアもこまめにメンテナンスしていきたいと思います^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]

c0293787_14294424.jpg


タオルがかかっているところには
食洗機が組み込まれています。

食洗機はスウェーデンの家電メーカーASKO社のオールドアタイプ。
キッチン本体と同じホワイトアッシュ材の化粧扉は、
工務店のキッチン屋さんにつけてもらいました。

幅が60センチととっても大きな食洗機は
機能性はもちろんのこと、
キッチン本体と同じ素材の扉で、
統一感があるところも気にいっています。


c0293787_14301739.jpg


9月中旬のある日。
夕ご飯の準備をしていると、
足元から「ゴトッ!!」と大きな音が聞こえました。

見てみると、食洗機の扉が取れている~!!
正確には、扉の外側についている化粧扉の一部が外れてしまいました。

早速キッチン屋さんに見てもらうと、
接着面が少なかったことと扉の無垢材の収縮が原因で外れたことがわかり、
化粧扉をすべて外して、持ち帰り修理することになりました。


c0293787_14293868.jpg


扉を修理中の食洗機。

食洗機のメーカーによっては、
化粧扉を取ると配線がむき出しになり、食洗機が使えなくなるそうですが、
ASKOはステンレスの板で配線を隠してあるので、
化粧扉がなくても使うことができました。

キッチン屋さんに木材で仮の取っ手をつけてもらい、
自分で余っていたフックを貼ってはがせる両面テープで取り付けて、
簡易タオル掛けに。
とりあえず感がはんぱないです。笑。

手を拭くたびにタオルが落ちていたけど、
ここにタオルがないと落ち着かなくて…
短期間と分かっていたので何とかこれでしのぎました^^。


c0293787_14294424.jpg


修理に出してから10日後。
化粧扉が戻ってきました!!

うん、やっぱりこの姿がいい。笑。


c0293787_14295196.jpg


今まではキッチン本体と統一感を出すために、
引き出しと同じ高さに溝がありましたが、
溝にホワイトアッシュの角材を足して、
接着面を増やしました。

ここだけ色が白いので今は目立つけど、
1年ぐらい経つと目立たなくなってくるそうです。
早くなじんでくれるといいな。

扉が外れたときはビックリでしたが、
久しぶりにキッチン屋さんと話ができて楽しかったし、
同じように使えるようになってよかったです^^


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]
c0293787_13364069.jpg


鍋敷きは、ワラの釜敷きを使っています。
とっても軽いので、コンロ下の引き出しにフックをつけて、
掛けて収納しています。

ただ、この釜敷きだと、
小さいポットや大きなフライパンは置くことができません。

もうひとつ鍋敷きが欲しいと、
アンテナを巡らせていたものの、
なかなか「これだっ!」と思えるモノが見つからず…
ずっとふきんで代用していました。笑。 


c0293787_13363160.jpg


そして、ようやく見つけたのがコチラ。
猪俣美術建具店の「組子鍋敷き」です。
 
 ・軽い 
 ・無垢のテーブルを傷つけない
 ・どんな大きさの鍋でも安定して置ける
 ・インテリアになじむデザイン

求めていた条件にピッタリ!!

障子や襖に使われてきた「組子(くみこ)」細工を鍋敷きにしたもので、
釘や接着剤を一切使わずに仕上げているのだそう。

▼こちらで購入しました▼
【日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto】

c0293787_13363532.jpg


テーブルの上に置きっぱなしになっていても、
イライラするどころか、
うっとり眺めてしまうほどきれい。

この鍋敷きの上に置くだけで、
見慣れたはずの鍋がワンランク上の鍋に見えるから不思議。笑。
すごく精度の高い技術で作られているモノなんだろうと思います。


c0293787_13362519.jpg


普段はご飯用の土鍋の下に置いています。

それなりのお値段なので何ヶ月も迷ったけど、
思い切って購入して大満足!

美しい鍋敷きを使えることに幸せだと感じ、
キッチンに立つのが楽しい今日このごろです^^。


 
ランキングに参加しています。
いつも応援のクリックをありがとうございます。更新の励みになっています。


[PR]